帰省は親にお金を渡すのがマナー?食費だけでも渡すべき!?

スポンサーリンク

帰省するときにお金を親に渡すのがマナーということを目にした方も居ると思います。果たして自分の実家の親がそうなのか、義実家はどうなのかについて判断する方法や、実際に渡すのがマナーであるのかについて紹介してみたいと思います。特に初めての帰省などで色々と悩んでしまうかもしれません。世間の皆はどうしているのかというようなことも書いてみたいと思います。問題がなんだかお金というデリケートな部分だけに他人に聞きづらかったりもしますよね。さて、それでは本題です。

ズバリ解決しましょう!

ズバリ解決しましょう!

帰省は親にお金を渡すのはマナーではないが、食費だけは形だけでも

一般的に帰省して、親にお金を渡すのはマナーではありません。親によっては、お金を子供から貰うのは気が引けるという方が大半ですので、世間を見渡してもあまりお金を渡す方は少ない方です。ただ、渡すのがマナーである家庭も少なからずはあります。そこで、無難さだけを見るならば、お世話になったので食費だけでも形上はまずは様子見して出すようにしましょう。出す意志はあるという表明にはなります。受け取ってくれる親も居れば、そんなことをしないで欲しいという親も居ます。特に自分の親や義実家についてそのような風習があるのかと確認する方法があるので、これまでの生活を思い出しながら読んでみて下さい。

実家や義実家にお金を渡すかどうかの判断方法について

まずは実家についてですが、自分の親がこれまでに帰省した時にどうしていたかを思い出しましょう。その時にお金を包んでいたかどうかなどで、渡していたならば、基本的に親は必要であるという考え方です。もし、そうではなければ渡さなくて良いです。結果として、そのような教育を子供に行ってきたわけなのでこのあたりは臨機応変に判断するようにしましょう。義実家の場合ですが、これはパートナーの話を実家の時の解説の要領で、帰省時にお金を渡していたかどうかを聞きましょう。このあたりは家庭によってマナーが異なるので難しい問題ですが、そうしていたならばやはりそうすべきです。もし、これらでも思い出せなかったり、判断できかねるのであれば、食費を渡してみて様子見するようにしましょう。

多くの場合は帰省時に親にお金を渡すことは無い

世の中を見渡してみるとやはり、帰省したときに親にお金を渡すというのは少ないようです。自分のところはさておき、一般的にどのようにしているかというと世の中はそんな感じです。帰省にお金がかかるケースがたくさんなので、やはり親としても気が引けます。現に筆者は親としての立場であるので、仮に息子や娘が帰省時にお金を渡してきたら返すどころかお小遣いを無理してでもあげるくらいです。親としてのプライドもあったり、そもそも子供からお金を貰うなんて頼りない親だとも個人的に思っております。また、下手をすると親戚の子供にお金をあげなければならないこともあるので、余計な出費だったりもします。

帰省時に渡すとしたらお金はいくらが相場か

さて、帰省するときに親がお金を渡していた場合のパターンです。相場としては泊まるならば1日あたり5000円~1万円というケースが多く見られました。渡すパターンでも、形だけの場合があって、お小遣いをもらってむしろプラスになったというパターンもあります。また、お小遣いとして1万~2万円程度渡すというケースもあります。渡さないのは何だかなと思う方は、そういった心ばかりのお礼という形で渡してみましょう。

親にお金を渡すかどうかより、お土産を渡す方が心がこもっているかも

子供としても何か渡したいし、お世話になるお礼などの意味合いをこめたいのならばちょっとしたお菓子の詰め合わせなどが喜ばれます。何かしたいのであれば、こういった形の方がなんだかもらった側も心がこもっているなと思って嬉しくなると思います。帰省する前の空港で買ってみたり、高島屋でプレゼント用のものを準備してみたりしましょう。特に初めての実家への帰省ならば、何か手土産などを持っていくと遠慮はしてしまうものの、気持ちとしては十分伝わります。何より、他人ならまだしも、家族であればお金より心ではないかと思います。これが義理の関係であったとしてもです。ともあれ、家庭によって親にお金を渡すのが常識であるという場合もあるので、自分たちの実家や義実家の考え方を優先してください。


スポンサーリンク

シェアする

フォローする

関連コンテンツ+広告
関連コンテンツ+広告