自分の実家への帰省がストレスな場合にやるべきこと

スポンサーリンク

帰省シーズンになれば、自分の実家に帰省することがある方も多いと思います。そんな時、ストレスが溜まって仕方がないならばあなたはやるべきことがあります。ストレスの理由ろして、帰るたびに父親や母親に心無い発言をされたり、ケンカになってしまったり、汚かったりなどストレスの要因は様々です。また、独身の方であれば、旦那や嫁などはまだかなど、時代遅れな発言をすることもあると思います。今回はあなたがやるかやらないかの判断に迫られているので、心してお読みください。納得のいかない部分もあると思います。しかし、筆者もそれを実践しております。

結構複雑な話題です

結構複雑な話題です

自分の実家なのに帰省がストレスなら帰らない

今回のあなたのやるべき対処法はかなり簡単です。ストレスになっているならば帰らないという選択肢です。驚いたり、ばかげていると思うかもしれません。これまでしっかりと育ててくれた親に対して失礼だと思ったりするかもしれませんが、これは一般的に毒親といわれています。いわば、過干渉でったり、その逆であったりして子供に毒のような影響を与える親のことです。また、その子供の特徴として親の期待にこたえないといけないと思っていたり、親子共に自分なしではいくることが難しいと思っていたり、親に絶対反抗することはできないと思っていたり、これまで書いたことをあなたが心の底から否定をしたくなったりなどです。また、そのような子供に限って、親に対して喜怒哀楽の感情表現を恐れたり、親からトラウマを与えつけられていたり、バカにされたり、幼少期には友人関係に干渉したり、完ぺき主義で居るように求められたりという子供時代を送っていた特長があります。また、そんな親から離れて、社会に出るとうまくなじめなかったり、なじめていたとしても無理やりだったりということもあります。

さて、これらの色々な親子関係が災いして今はストレスとなって現れております。もし、ここまでのどれかに当てはまって、心当たりがあるならば帰省は避けておいた方が良いです。帰らないと悲しむなんて思わないようにしてください。実際に親も悲しむと思いますが、それ以前に親は単にあなたに依存しているだけです。子離れできていない状況と親離れがうまく出来ていない状況が未だ、物理的に離れても続いている状況です。絶縁しろとまで言うわけではありませんが、それくらいの勢いで帰らないようにしてください。

これがあなたのやるべきことです。

実際として、その先に色々不安があると思いますし、そのような実家の親から離れるのがとても恐怖のように思えるかもしれません。頭では理解していても、うまく離れられないという方は結構多いです。年々親も考えを変えることが難しくなってくるので、諦めるしかありません。簡単なように書いていて、これは凄く難しいことでもあります。しかしながら、現状はこれが一番の対処法でもあります。帰省レベルですらストレスを感じている今の状況で、親を変えることは出来ません。それならば、あなたが変わるしかありません。凄く悲しいことかもしれませんが、あなたが大人になるチャンスと捕らえると少しは楽になるかもしれません。

このような一連の動作が行えている方は、比較的ストレスも少なく、社会でうまく過ごせている傾向にあります。筆者は、自分がここまで書いたことの行動を実践するために、不安になって色々な人へ実家への帰省に対する考え方や、ストレスが溜まる場合はどうしたらいいのかというようなことをやんわりと周囲に聞いていました。その中でも、ここまで書いた対処法を行っている方がほぼ100%でした。家庭事情を知らない人から聞くと、何て冷酷な人なんだろうと思うかもしれませんが、家庭事情は人それぞれです。

ネットでこちらと似たような解説記事はいくらでもあります。頭で分かっていても、やはり行動することが難しいと思います。言い換えてみると、自分の育ちなどを否定することにもなりかねないし、そこには体験したことがない人にとって得体の知れない恐怖があります。ただ、これはあなたの乗り越えるべき壁でもあります。そして、筆者も乗り越えてきた壁であります。自分の実家なのに帰省がストレスだと思っているならば、やることは単純ですが、あとはあなたの決意次第です。

つらい判断かもしれませんが、新たな一歩を踏み出しましょう。

自分の実家への帰省でストレスになっていることに気づいたら

さて、ここまで書いたことはちょっとつらい要素も含んでおりました。もしかすると、今年くらいはと帰省するかもしれません。それも良いです。しかしながら、あなたは今恐らく社会生活で生き辛さをどこか感じているのではないでしょうか。自分を否定される毎日だと、やる気などが段々減少してきます。そして、行く行くは精神疾患になったりすることもあるかもしれません。大げさだと思うかもしれませんが、実際に筆者は数年間精神疾患に苦しめられました。あなたが今そうかどうかは分かりませんが、明らかに予備軍に入っている状況でもあります。自分の実家で育ったことを考えて、たまたま検索結果で目にした記事に否定された気分になったかもしれません。しかし、長い目で見るとあなたがこの世の中をうまく行きぬいて行く第一歩でもあります。そうなんだと思えば、まずは少しでも行動してみるようにしてください。


スポンサーリンク

シェアする

フォローする

関連コンテンツ+広告
関連コンテンツ+広告