チートデイにおすすめなメニューを紹介!

スポンサーリンク

チートデイというと、どんなものを食べればいいのか分からないという方や、実際にどんなメニューが成功しやすいのかといった疑問を持つと思います。そんな方に向けて今回はおすすめのメニューをまとめてみました。栄養素別に色々と紹介しておりますので、これはいいなと思ったらチートデイにメニューを取り入れてみましょう。また、チートデイにも様々な目的があるので、それによっておすすめも変わってきます。

おすすめはこれだ!

おすすめはこれだ!

チートデイのおすすめメニュー(高炭水化物・低脂質・低たんぱく質編)

まず、大半の方のチートデイでは、炭水化物をたくさん食べるチートデイを行っている方が多いです。また、こちらのおすすめメニューでは、糖質制限を行っている方ならば比較的成功もしやすいです。

・餅
日本のおいしい食べ物でもある餅です。大体の食べ方をしても脂質が入らずにひたすら高炭水化物で低脂質な比較的成功しやすいチートデイを行うことが出来ます。このタイプのチートデイを行う方は、とにかくたくさん食べるように心がけてください。餅と組み合わせるならぜんざいや、時期によっては雑煮など色々アレンジして食べてみましょう。いずれにしてもおすすめです。筆者は餡子がたくさん入ったよもぎ餅をこれでもかというくらい食べていたことがあります。

・おにぎり
ここで、注意しておきたいのはツナマヨなどの組み合わせは成功させたいならばなしにしましょう。完全になしにするというわけではなく、食べたとしてもほんの少量くらいです。その代わりに昆布や明太子といったようなおいしい組み合わせもあるのでチートデイにはおすすめのメニューです。筆者は、一度完全にほぼ炭水化物のメニューばかりでチートデイを過ごしたことがありますが、翌日は思った以上にむくみが発生せず、本当の意味でチートデイができたなと感じました。

・うどん、蕎麦、そうめん
何より、毎週チートデイを行っている方にはメニューの1つとして取り入れてみることをおすすめします。時期によってはかなり安売りされていて、毎週のようなチートデイでも、経済的にあまりダメージを与えずに過ごすことが出来ます。うどんならば、ちょっと天かすなどを入れておきたいところですが、成功させたい方は、なるべく入れないようにしましょう。肉類をいずれにしても入れるのは良いですが、脂質の類だけはしっかりと把握して食べる必要があります。

・バナナ
バナナは栄養豊富でチートデイにも向きます。完全に体作りを目指している方によっては、チートデイの1つとしてバナナばかりを食べている人も居ます。カーボアップにも近いですが、これまたおすすめなメニューです。栄養素だけしっかりと気をつければ、これから紹介するホットケーキを作ればそれらとおいしく組み合わせてチートデイを過ごすことが出来ます。筆者も好んでチートデイには取り入れているメニューで、カリウムも豊富に含むため、翌日にむくみあがった体になってしまうことも避けることが出来ます。

・イモ類
ここにバターを乗せたいところですが、チートデイでなるべくダイエット志向の方はそれらはなしで塩コショウのみで食べるようにしましょう。もしくは前もって干し芋などにしておく方法もあります。ちょっとパサついているので筆者は多く食べるのは難しいかなと思いますが、人によってはいくらでも食べることが出来ると思うのでこういったチートデイもありです。

・ジャム
これは恐らく上級者向けの体を最後に仕上げる方に向けておすすめするチートデイの1つです。ひたすらジャムを食べ続けてみたり、飲み物に溶かしてみたりと色々アレンジする方が多いです。万人におすすめというわけではありませんが、低脂質なことから、こういった食べ物も良いです。ボディビルダーならコンテスト前にジャムを食べている方も多いようです。ほんの一握りの方にはこれだけでも最高の食べものになるかもしれません。

・ホットケーキ
これはバターをつけたり、油を敷いたり、牛乳を混ぜたり、卵を混ぜないことが前提になりますが、高炭水化物をひたすら目指すのであればホットケーキもおすすめです。栄養素については、成分表記を見てみると、特に業務用のであれば意外と優秀な栄養素であることに気づけます。ここにバナナを混ぜてみたり、ケーキシロップをかけてみたりでそれなりに工夫して食べることが出来ます。また、バナナやジャムを混ぜてパウンドケーキっぽく仕上げる方法もあります。脂質は入れないので、もちもち食感になりますが、それはそれでありです。

・どら焼き
和菓子の類は比較的、脂質が含まれていない食べ物が多いです。カステラなどは卵黄も使っているので食べる量によっては要注意ですが、そのあたりをチートデイで気にしたくなければどら焼きなども良いです。メーカーによっては脂質がたくさん含まれているケースもあるので、それはチートデイ前に調べておくようにしましょう。大半は少なく仕上がっておりますが、たまにふんわりと仕上げるために何らかの脂肪分を取り入れているケースもあります。無難に行きたいならば選ばないほうが良いかもしれません。

・寿司
チートデイに寿司は非常に立派なPFCバランスです。マグロやイカの類は積極的に運動をする方であれば食べるようにしましょう。炭水化物もそれなりに多く、脂質も少なめに仕上がっております。デザートや揚げ物の類に手を伸ばしたいところですが、高炭水化物を目指しているのであったり、ダイエット目的のメニューにするのであればそこはぐっとこらえておきましょう。

チートデイのおすすめメニュー(高たんぱく質・中脂質・低炭水化物編)

実はこういったPFCバランスのチートデイもおすすめです。何より、失敗がかなり少ないのが特徴です。週1で取り入れてもダイエットの方法によっては、原料食を多く食べるといったようなメニューにどれだけ考えても必然的になってくるかもしれません。また、ここでは炭水化物さえ気をつけておけば脂質はさほど考えなくとも大丈夫です。

・焼肉
とにかく失敗したくないチートデイを行いたい方に筆者が真っ先におすすめしている方法のチートデイです。ここでは脂質を気にする必要はほとんど無く、好きなだけ肉類をしっかりとお腹一杯食べるようにしましょう。意外とカロリー計算してみても摂れていないことが多いです。気をつけるべきことは、白米や糖質を含む飲み物類、タレなどには気をつけましょう。タレそのものは小皿に薄く1杯程度くらいなら許容範囲ですが、真面目に糖質制限をやっている人ほど、タレが甘すぎてびっくりするかもしれません。

・ササミ大盛り
チートデイの種類としてササミをとにかく食べる人も多いようです。1kg食べたとしても1000kcalくらいなのでチートデイにしてはあんまり食べていないかもしれません。ただ、お腹を膨らませることを意識するだけのチートデイには筆者もかなりおすすめできます。1回だけやったことがありますが、翌日体重が減るということを体験しました。場合によっては、チーズやマヨネーズもかけて良いですが、あくまでも場合によっての話です。基本は塩コショウや糖質制限をしていないのであればポン酢で食べてみましょう。

・チキンレッグ
チートデイにおすすめなのは焼肉同様にチキンレッグです。たくさん食べることが必要かもしれないので、結果的に焼肉に行ったほうが安いのではないかと思うかもしれませんが、時間がない方向けのチートデイでもあります。炭水化物もタレをつけない限りはほとんど含まれていないので、こういったチートデイを導入してみるのもおすすめです。

・ステーキ
どの部位でも特に筋トレをしている方ならばチートデイにはおすすめの食べ物です。クレアチンも豊富ですが、どちらかというと食べる量によっては焼肉食べ放題に行ったほうがマシなレベルなので、どうしても自宅などでチートデイを行いたい方向けのものかもしれません。

チートデイのおすすめというより食べたいもの(ジャンクフード)

とりあえず、ここではどちらかというとおすすめというよりは、食べたいものです。ダイエットの初めあたりのチートデイにはおすすめかもしれませんので、ささっと列挙しておきますと、アイス、牛丼、ケンタッキー、マクドナルド、ピザ、パスタ、チョコ、ケーキ、お菓子などです。いずれにしてもジャンクフードで、維持機を終えたチートデイをする方にとってもおすすめですが、そういった方は恐らくもう食べたいものは決まっているかもしれません。好きなだけ食べるチートデイを行う方は、思いついたものを食べるのが一番良いです。


スポンサーリンク

シェアする

フォローする

関連コンテンツ+広告
関連コンテンツ+広告