サルモネラ菌の食中毒、原因と治療について

スポンサーリンク

サルモネラ菌というのは想像以上に厄介なものです。食中毒になったことがある方は、この名前を知っている方や、実際にこれにかかった方がかなり多いようです。さて、サルモネラ菌という食中毒になる原因、それについての治療を今回紹介しようと思います。まず症状についてですが、感染した後に12時間から48時間以内には下痢や、お腹の痛み、高温の熱になることがあるようでかなりの症状を出すようです。

原因はなんと・・・

原因はなんと・・・

サルモネラ菌はどうやって治療するか

菌というくらいなので、まずは抗生物質を使って治療、胃腸の調子を整えるお薬を使って経過を見ます。場合によっては効果がないことから、基本的には起こっている症状に対して治療が行われます。例えば吐き気が酷い場合は対応する点滴を行ったり、解熱剤を注射することも治療のひとつです。実際にサルモネラ菌を体からうまく排出するには自然に治療されることを待つしかないため、体質によっては1週間程度かかることもあります。症状がかなり重いと見られた場合は入院などをしなければいけなくなるので注意です。めったにこのようなことはありませんが、明らかに酷すぎる場合の治療は入院を覚悟しましょう。

原因はなんとずさんな食生活であることも

食事をする時、これは半生で食べて良いと勝手に判断してしまったり、衛生環境が悪いところで調理された肉や魚を介してサルモネラ菌に感染してしまいます。結果的にちょっと食事環境がずさんであることが原因と認識した方が良いです。しかしながら、これは防ぎようのない場合もあります。例えば集団感染などを起してしまった場合で、バーベキューなど誰がどのような環境でその食材を保存したのか分からないといったときは原因の特定が難しいです。このことから、あまり言いたくはありませんがちょっと食材の管理や普段の生活についてだらしないと思う方の食材には手をつけないようにしましょう。もし、そのような方が居る場合でバーベキューなどの場に行かなければならない場合は、しっかりと火を通して食べるようにしましょう。これらに該当しない方は、ペットを介して感染することもあるようです。例えばペットがトイレをしたときに後片付けをしますが、そのような時意図しないときに手に排泄物が付着していたり衣類についていたりします。そうなるとサルモネラ菌に感染してしまう原因となってしまうこともあるようです。また、感染した人から人にうつる場合もあります。例えば冒頭で述べたような吐しゃ物や、トイレの排泄物から感染しやすい上器用になります。そのような時は洗濯物であってもしっかりと分けて洗うなどを行う必要があります。

サルモネラ菌の原因を対策する方法は?

サルモネラ菌もわけがあって発生していますが、人から人にうつるのが原因だったり、あまり良くない衛生環境が問題だったりします。そのような場合は、しっかりとエタノールや次亜塩素酸ナトリウムで消毒するようにしましょう。エタノールはご存知だとは思いますが、次亜塩素酸ナトリウムは漂白剤のことです。例えばサルモネラ菌にかかったと思われる患者がスマホやパソコンのキーボードを使うとそこから感染する恐れもあるので、そのあたりはエタノールで消毒をすると原因を取り除けます。また、仮にトイレ以外での吐しゃ物や排泄物が床などに付着した場合は漂白剤で拭く事で感染してしまわないように原因を取り除くことが可能です。また、普段から調理器具をしっかりと洗う習慣が無い方ですでにサルモネラ菌にかかったことがある方は、しっかりと調理器具をエタノールや漂白剤で処理することで原因を取り除けます。また、物を洗ったスポンジなども消毒しておくことも必要です。これらの菌が流行っている夏や冬などの季節で刺身などの生ものを手で触った場合は、しっかりと手を洗うなどをすることが大事です。食品そのものにサルモネラ菌が発生していなくとも、手先についた一部の汁や肉片などによってサルモネラ菌が発生してしまう場合があります。

まとめるともっと清潔にしましょう

サルモネラ菌にかかっている方で仕方ない場合を除くと、ほとんどの原因が自分やその同居人の方が衛生状態を悪くしていることが原因です。先ほど述べたような対策方法と共に、しっかりと日常を清潔にすることを心がけるだけで簡単に防ぐことは可能です。まだ自力でトイレに行くことができないお子様が居る方やペットのトイレの様子をしっかりと見守ってあげる必要がある方は特にこれらのリスクがあるので要注意です。ペットの散歩であれば自宅に帰ってお風呂に入るなどの手段もかなり有効です。原因をしっかりと理解した上で対策してみてください。


スポンサーリンク

シェアする

フォローする

関連コンテンツ+広告
関連コンテンツ+広告