チートデイを2日連続でやってみた【真似厳禁】

スポンサーリンク

チートデイというものを行っている方でたまにやってみたくなるのは2日連続のチートデイです。その結果どうなったかを正直に書いていきたいと思います。また、今回書く内容は、ダイエット中の方であれば基本的には真似厳禁です。体作りに興味があって、どのように変化が起こっていくかなどを知りたいというのもあったり、もっと正直なことを書くと炭水化物を食べたい衝動に筆者はやられてしまいました。そんなわけで、やってみた結果をご覧ください。

どうなったか!?

どうなったか!?

チートデイを2日連続でやってみたらどうなったか

さて、1日目のチートデイは好きなものを食べるというスタイルで筆者は行っていました。しかし、チートデイを行うダイエッターの方が悩むのが2日目もおいしいものを食べたいという精神との勝負です。筆者はとりあえず、いつものように減量食に戻していましたが、途中で味気なさ過ぎて何もかも嫌という感情が出てきて、とっさに家にある前日のチートデイの残りを集めてみました。しかし、2日連続のチートデイとなると昨日までおいしく食べていた炭水化物の類もあんまりおいしいと感動はしなくもなってきます。こんなものかなと思いました。そういうわけで、+2500kcalくらい摂取したところで2日連続のチートデイは終了しました。問題は体つきや体重の変化です。

チートデイで食べたもの【HOT!!】

2日連続のチートデイを終えて増えた体重はなんと5kgです。やっぱり2日連続は危ないのではないかとダイエットをする方は思ってしまうかもしれませんが、筆者は体重が1日のチートデイによって5kg増えるので、このあたりは誤差の範囲です。そうなると、痩せづらいのかとなって、しばらく筋トレをしながら様子見をしていました。元の体重より下がるということはありませんでしたが、結果的に普通に戻りました。たまには2日連続のチートデイも悪くはないのかなとは思います。ちなみに筆者は意図的に2日連続のチートデイをやることはあります。ただ、これはたまたまの結果であったということで、今後の注意点を書いてみたいと思います。

2日連続でチートデイを行うメリットとデメリット

ダイエットにおいては確かにチートデイを2日連続で行えば失敗かもしれません。しかしながら、チートデイを2日連続で行うメリットもあります。それは、運動をしている人に恩恵が大きいものですが、まずは筋トレの使用重量が少し上がったり、回数がいつもどおりのフォームで行っても増えます。結果的に、高強度トレーニングを実現することが出来るので一概にこれが悪いと言い切れることでもありません。ちょっと視点をずらしてカーボアップという視点で見て、運動のパフォーマンスと一緒に考えてみると2日連続程度では誤差の範囲です。

ダイエットを行う人にとっては2日連続でチートデイを行うメリットは少ないです。いわば自分から停滞期を脱出するために使っているはずなのに、結果的にまた停滞期の期間が延びてしまったというような感じになってしまうからです。恐らく少し減りづらい体重も増えているかもしれません。また、体も1日程度のチートデイよりかなりむくんでしまうので、運動を特に行わない人であれば2日連続のチートデイは失敗したと見て良いです。

メリットデメリットを総合的に見た結果はこうなりましたが、何も筆者は2日連続のチートデイをやめましょうと言っている訳ではありません。実際に体作りをする人も意図的に連日のチートデイを行ったり、普通どおりの生活をしている人でも飲み会が重なったりしてしまったり、実家への帰省シーズンとなれば2日連続は避けて通れない道でもあります。

もし、そうなった時はストレス解消でもしなさいと体や天の声が届いているのだなと思って、チートデイを行ってみましょう。ただし、何かしら理由をつけて食べてみるというのは無しにしてください。

結果的に2日連続で行うのなら年2~3回なら良いと思います

何もチートデイを2日連続で行ったからといってチートデイ失敗ではありません。メンタル的に上向きに保つためであったり、食事というのは人間に必要なものの1つです。筆者もそれなりに毎日ストイックな生活をしているねとは言われるものの、こうやって日常的なストレス発散はしたいです。もちろん連続で続けてしまえば太ってしまう可能性だってありますが、ダイエットなり運動なりは続けることが必要です。ちょっとズラした考え方をすると旅行でも目的地まで一直線より、たまには寄り道しながら休憩してみたりというのが楽しかったりもします。あなたも今のダイエットや運動などを楽しめているでしょうか。

本当にたまになら筆者は行っても良いと思います。それでもシックスパックくらいの体は作れております。


スポンサーリンク

シェアする

フォローする

関連コンテンツ+広告
関連コンテンツ+広告