チートデイはケトジェニックダイエット中に行うべきか体験談付きで解説!

スポンサーリンク

ケトジェニックダイエットを行っている方に向けて今回は、チートデイを行っていいのかについて紹介してみたいと思います。糖質制限などに比べて脂質も常に多めで行うダイエットです。しかしながら、炭水化物は相変わらず制限するので食べたいと思います。筆写も実際にケトジェニックダイエットとチートデイを合わせて行ってみたのでその結果どうなったかを紹介してみたいと思います。また、最初から結論じみたことを書きますが、その理由についてささっと説明してみたいと思います。また、冒頭で筆者がどんなことをダイエットに取り入れたかというと週6回の筋トレとケトジェニックオンリーです。有酸素運動は行っておりません。また、チートデイには基本的に肯定的な意見なので、安心してお読みください。

さて、それでは本題です。

体験談付きで紹介♪

体験談付きで紹介♪

ケトジェニックダイエット中にチートデイは行うべきではなかった

ケトジェニックダイエットを行っている最中のチートデイについてですが、これはあまり体験からも必要ありませんでした。もちろん太っていいかなと思っているならば、毎週のようにチートデイを行っても良いと思いますが、筆写は実際に1週間に1回や2週間に1回なりのチートデイを行ってもどうしても体脂肪は減らないままだったり、長期スパンで見ると増えていたりとおかしな結果になりました。調べてみると、ケトジェニックダイエットというのは体脂肪がかなり多い人向けのダイエットになっており、一般的な方法では15%以下に減らすにはちょっと難しいかなとも言えるダイエットです。しかしながら、高カロリーを摂取していてもある程度は体脂肪は減っていくのでダイエット初期としてはかなり嬉しいものです。もし、ケトジェニックダイエットを行っている方はチートデイを成功させながら行うとしても1ヶ月に1回あるかないかくらいの頻度に抑えておきましょう。これが筆者としてのギリギリ体型を保てるか、それ以下にすることが出来るラインのものでした。

また、あれこれとケトジェニックダイエットとチートデイの関係を書いているサイトもいくつかありましたが、イマイチ信用できないなと思うようなものばかりでこれは自分の体で試すしかないと考えて行いましたが、結果は失敗のオンパレードでした。もし、これからケトジェニックダイエットを行っている方でもチートデイを行うのであれば多くても1ヶ月に1回程度にとどめておくようにしてください。比較的ストレスの少ないダイエット方法でもあるので、余計に炭水化物を摂取する日は少なくとも良いです。

ここまで失敗のオンパレードになったのにも理由があり、通常人間は糖分を利用して生きておりますが、これをケトン体(脂肪)を利用するために体のスイッチを変える必要があります。それには、高脂肪中たんぱくくらいの食事が必要になります。そして、しばらく経てば体はケトーシスと呼ばれる状態になります。しかしながら、チートデイによってそれをまた糖質の回路に一時的に切り替えようとするので、ケトジェニックダイエットとチートデイはちょっと相性がよろしくないかなと筆者は感じました。

チートデイを行いたいならばケトジェニックダイエットではなく・・・

やはりダイエットでストレスをあまり溜めずに緩やかに行いたいならばケトジェニックダイエットですが、チートデイも楽しみつつと考えれば現実は甘くないようです。そんなことから、低炭水化物、低脂肪、高たんぱくな減量最終段階で取り入れるようなダイエットに切り替えてチートデイを楽しんだほうが良いです。長期スパンで見ると、やはりこちらの方がダイエットの成果も筆者個人的には出しやすく、腹筋を割ることも出来ました。もしくは、ある程度までケトジェニックダイエットで体脂肪を落としきって先が見えないならば、こういったダイエットに切り替えることをおすすめします。それでも納得できないなという方はこういうチートデイをケトジェニックダイエットに取り入れてはいかがでしょうかということを紹介して終えてみたいと思います。

それでもチートデイをケトジェニックダイエットと一緒に行いたい方

あれこれと書かれたところで、ケトジェニックダイエットとチートデイを組み合わせたいと思う方も多いと思います。あくまでもダイエットなのでストレスが溜まっていないわけではないと思います。そこで、おすすめの食べ物やチートデイスタイルをここで紹介して終わりにしたいと思います。まずは、焼肉を食べるのがケトジェニックダイエット中のチートデイでは良いと思います。通常のカルビなどを食べていると、一般的に太ってしまうと思われがちですが、ケトジェニックダイエットでは案外それが大丈夫だったりもするので、安心して食べることが出来ます。ただし、米やアイスなどの炭水化物などは食べないようにしてください。次に、ゼロカロリーの食べ物でチートデイを行う方法です。多少の炭水化物は摂取してしまうことになりますが、今や0kcalのスイーツなどが存在するので、それを使ったチートデイもケトジェニックダイエット中には有効かなと思います。いずれにしても、ちょっと変わったタイプのチートデイになるので、ダイエットが目的の方はさっさと脂質も減らすダイエットに移ったほうが個人的には効率が良いかなと思いました。もちろん、ストレスを溜めにくいダイエットをすることも必要です。


スポンサーリンク

シェアする

フォローする

関連コンテンツ+広告
関連コンテンツ+広告