チートデイで太った原因のいくつかを紹介します

スポンサーリンク

チートデイを行って太ったと感じてしまっている方に向けて、今回は原因を紹介してみます。筆者もそのような体験が何回かあったので、その視点からも解説が可能です。太ったと感じた方はぜひとも次回から失敗しないように参考にして下さい。失敗パターンも複数あるので、自分がどんなことに当てはまっているかなど1つ1つ読んでみて実際に正しかったかどうかの判断にもお使い下さい。特に初めての方であればちょっとした勘違いもあるので、まずはその点について解説してみたいと思います。

実はいくつも原因はあります

実はいくつも原因はあります

チートデイで太った原因はこれかも

・単純に太ったと勘違いている
チートデイ翌日なり2日後なり3日後なりに、体重は元より落ちるのがチートデイの特徴でもありますが、特に初めての方が翌日に体重が増加したからといってかなり焦っているのを見かけます。食べればその分体重が増えたり、水分を蓄えることはあるので気にしないようにしてください。それで余計マイナス思考になっているとストレスホルモンが増えてガンガン体脂肪も増えていくという悪循環になります。最大1週間で様子見してみる必要があります。そして、次のチートデイのスケジュールを組み立てるようにしましょう。

・減量直後にチートデイを設けた
きつい減量明けにはやはりチートデイを設けることもあると思います。筆者ももちろんチートデイを減量明けに行いますが、体はそれで元の体重に戻ろうとホメオスタシスという恒常性機能が働きます。減量直後でも、しばらくは様子見してチートデイをするようにしてみたり、減量食をしばらく続けるようにしましょう。ちょっとやそっとのアンダーカロリー程度では筋肉もさほど減ることも無いのでご安心ください。筆者はこれが原因で太ったという思いをすることが数回ありました。少し維持期を設けるつもりで頑張ってみましょう。

・チートデイの間隔が短すぎた
1週間なり2週間なりのチートデイの間隔が他のサイトでは説明されています。しかし、それはあくまでも基準であり、あなたがそれに該当するかは分かりません。運動をしていたり、していなかったり、日ごろの運動強度によってもチートデイの間隔というものは変わってきます。もし、太ったと感じたならばそれはチートデイの間隔が短すぎます。自分の体と鏡をにらめっこする習慣をつけてみたり、チートデイを行ってどのように体重や体脂肪などが変化したのかといつも以上に観察してみましょう。それで自分にとって適切なチートデイが決まります。

・減量中盤で栄養配分を間違えた
たまに減量途中で、腹筋を割れるくらいの意識がある方でチートデイを行っている方が居ますが、その際栄養配分を間違ってしまっている可能性があります。序盤なら脂質ありのチートデイでも良いのですが、激しい減量を行っているせいでチートデイと体の恒常性が余計なお世話なぐらいに機能してしまっている可能性があります。筆者がこのタイミングでおすすめするのは、脂質はなるべくなしの炭水化物とたんぱく質オンリーのチートデイをおすすめしております。脂質でドカンと血糖値を上げるのは減量完了から維持が済んでからです。

・中途半端にやってしまった
チートデイというのは基礎代謝を元に戻したり、減量中であっても向上させたりという機能を持たせておりますが、チートデイで中途半端に食べてしまったという可能性もあります。そうなってしまっては意味が無いので、しっかり太ると思わずに食べるようにしましょう。段階に応じてチートデイの内容は変える必要がありますが、たまにカロリーを控えすぎてしまったために太ったということがあります。また、次に関するメンタル面での説明も読む必要があるので、そちらを一緒に参考にしてみてください。

・太ると思ってチートデイを実行した
チートデイを実行して太るだろうなとマイナスな考えになっていないでしょうか。むしろ太っても取り戻してやる上にどうでもいいくらいの気分で行うと良いです。太ると思って食べていると本当に今のように太ったという結果が待っているので、チートデイ当日は内容さえ決めてしまえば遠慮なく食べるようにしてください。たまに検索されている方で不安に思ったりしている方も多いのですが、案外気楽に適当にとやっている人のほうが成功しやすかったりもします。これだけはしっかりと覚えて置くようにしてください。

・2日連続続けてしまった
これは当然でもありますが、チートデイで太った方でこれに該当していれば2日連続はやめるようにしましょう。1日で食べたいものを食べきるくらいの勢いにして下さい。何事もメリハリが必要です。メリハリボディを目指すならば食べる食べないにもメリハリを持たせるようにしてください。また、チートデイ翌日の炭水化物の欲求に耐えられない方も居るので、そういったことで食べてしまいやすい方はかなりチートデイの間隔をあけたほうが良いです。もしくは行わないほうが良いです。

・そもそも運動を行っていない
残念な現実ですが、あんまり運動を行っていない方にはチートデイを行うと、太ったという体験をしやすいです。もしくは、それに加えてチートデイの間隔が短すぎるということです。通常運動を行っていればもちろん消費カロリーも増えるので、チートデイで摂取した糖質などもガンガン消費されますが、運動を行っていないとそれが長引いてしまいます。結果的に太ったように見えたり、実際に太るので運動を行っていないのであれば、なるべく行うようにしてください。行いたくないのであれば、チートデイの間隔を思いっきり伸ばすように心がけてください。

・マメにチートデイを行いすぎてる
これは筆者もそうでしたが、マメにチートデイを行いすぎるのも良くないです。1週間なり、2週間なりと決めて行っていると体もそれに徐々に適応してきて、ここで太ってやると意気込む準備をし始めます。そうなってしまっては意味が無いので、1週間と決めていたところを10日にしてみたり、5日にしてみたりと体にフェイントをかましてやることが必要です。5日でチートデイは行ったけど次は14日でと色々刺激を変えてあげることも必要です。ちょっと筋トレに似ている部分もあります。明日チートデイだーと思って食材を買い込んでいても案外我慢できる日がありませんか。そういったとき、1日ずらしたりというような工夫も行ってみましょう。

・停滞期じゃないのに食べた
これは本気で痩せるために行っているチートデイ限定の話ではありますが、減量中で停滞期でもないのに食べてしまったということが原因として挙げられます。確実性を求める方は停滞期に入ってから2週間程度様子見して、100gも体重が減らないなと感じればそのタイミングがチートデイのときです。それだけに判断は難しいですが、確実性を求める方ならばこのようなタイプのチートデイを行ってみるようにしましょう。そうではないと太ったという今のような体験をしてしまうだけになります。

チートデイで太ったのは間違った情報を仕入れているからでもある

さて、色々解説してきましたが、チートデイで太ったと思っている方は、何かしらのサイトを参考にして導入した方だと思います。しかしながら、それは単なる一例でしかなくあなたにとって合っているかどうかなどはそのサイトを書いた人にもわかりません。また、万人に適する手法でもないので、チートデイをこれからも楽しみたいのであれば、色々と体の変化に向き合っていく必要もあります。色々なやり方があり、色々な工夫を行いながら楽しむのがチートデイです。太ったと感じたならば、色々工夫して行ってみましょう。

最近のコメント

ちなみにこんな人が書きました

それっぽいポーズしてみました

それっぽいポーズしてみました

ここまでお読みいただき、ありがとうございます。チートデイについて興味をもたれた方や実際に太ったと感じた方のお役に立てればと思いこんな筆者が書いてみました。ここまで偉そうに書いているあなたはどんな体型をしてるんだいと突っ込みを入れたい方も居ると思うので、大した体型ではありませんがこんな人が解説してるよということで説明しております。次のチートデイこそは快適に成功させてみてください。


スポンサーリンク

シェアする

フォローする

関連コンテンツ+広告
関連コンテンツ+広告