チートデイに焼肉がかなりおすすめな理由を紹介

スポンサーリンク

チートデイに焼肉を食べようかなと思っている方について、今回は焼肉がチートデイにおすすめな理由を紹介してみたいと思います。これらのことを知ると、あなたは次から焼肉の魅力に取り付かれること間違いなしです。また、失敗したくないと思っている方も必見の内容です。チートデイでも色々なパターンがあるというのはご存知かと思いますが、焼肉ではそのパターンすべてが実現できるのです。筆者も積極的に取り入れているので、あなたがこれはいいなと思った要素をダイエットで取り入れてみてください。

これが男のチートデイ!

これが男のチートデイ!

チートデイに焼肉をおすすめする理由とは

■肉だけのチートデイという方法ならばむくみにくい
チートデイを行っている方の中でも、あまり失敗したくないなと思っている方ならば肉だけを食べるチートデイというのもありです。もちろんこれまで通り、タレや白米などの炭水化物は気にする必要はありますが、こういったチートデイというのも実は筆者個人のおすすめです。ダイエットであまり体重を増減させたくないけど、停滞期に入っていてこれらをうまく打破したいという場合に積極的に取り入れております。あまり脂質などは気にせず、バラやタンなど好きなものを食べるようにしてください。チートデイなので多少の羽目をはずしたいならば外すのも良いです。

■1食だけのチートデイスタイルの方にも
チートデイを行っている人の中には1食だけ好きな食べ物を取り入れるという方も居ます。そういった場合におすすめなのがやはり焼肉です。思ったよりカロリーも摂取していない他、大きく失敗することもないというのが特徴です。また、カロリーそのもので考えるチートデイを行っているならば、センマイやヒレ、レバーなどを中心に食べてみるというのも良いです。付け合せのサラダやキムチなども積極的に取り入れることによって大幅にカロリーが気になる方はダウンをさせることもできます。チートデイであまりカロリーを気にする必要もありませんが、念のためという方ならば良い方法です。

■脂質を気にする方のチートデイにも
チートデイには様々なスタイルがあります。その中でも脂質を気にするタイプの場合にも使えます。センマイなどを上手に取り入れて食べることで、脂質も大幅にカットすることが出来ます。もし、白米を食べて良いと自分の中で決めているならば、それと白米を一緒に食べてみたり、それだけずっと食べてみるというのも良いです。筆者も脂質を気にしようかなと思っているチートデイで焼肉を食べるときには他にもロースを気持ちだけ足してみたりと色々な方法で行っています。あとは先ほどの紹介のレバーなどでしょうか。エビやイカなどの海鮮ものも脂質が少なくておすすめです。

■ケトジェニックダイエット中のチートデイにも
ダイエットの最初の段階であったりする方などはケトジェニックダイエットを行っている方も多いです。ここまで本格的に行っている方ならば、もうすでに焼肉がぴったりであるという理由は説明するまでもないです。バラやカルビ、豚トロなど好きなものを食べるチートデイにしてしまいましょう。あまり脂質を気にしないのがケトジェニックでもあり、チートデイでもあります。普段どおりの食事にするにしても高脂肪のものばかり食べればチートデイのはずなのに、いつものダイエットメニューになったりもします。

■糖質制限中であれば翌日の誘惑がない
これまでに炭水化物こと糖質を制限するダイエットを行っている方も中にはいると思います。もしくは現代の主流のダイエットの1つです。そういった方の場合は炭水化物を食べるというチートデイにするのではなく、あくまでもたんぱく質の摂取量とカロリーを増やすというチートデイにしてみましょう。そうすることで、チートデイを終えた翌日の炭水化物を食べたくてたまらないというようなことも防ぐことが出来ます。そもそもこういうチートデイってありなのと思うかもしれませんが、ダイエットの進み具合ではむしろ筆者も行っているチートデイです。

■筋トレを行う方にはまさに無敵
筋トレを行う方にとってはたんぱく質というのはかなり意識しているかもしれません。時期が時期であればそれなりにボディメイクもしたいけど食べたいという葛藤ですが、やはりそういう方にとっておすすめなのが焼肉の肉オンリーのチートデイです。やはり牛肉を食べることによって、鶏肉を食べるより翌日のパワーというのは段違いです。筆者も筋トレを行っているのでこれをまさに実感しております。焼肉を食べた翌日はまったりとオフにしたいところですが、あえてダンベルやバーベルを持ってみましょう。思った以上に力を発揮することが出来ます。なおかつ体重や体脂肪も増えにくくパワーも発揮できて、結果的に高強度のトレーニングにつながるのでカロリー消費もいつも以上です。

■気が変われば通常のチートデイにすることも可能
これまで色々なタイプのチートデイに適すると書いてきましたが、特に焼肉なので色々な誘惑が多いです。白米に、飲み物、アイスなどのスイーツ、場所によっては揚げ物など、ダイエット生活で我慢してきたと思います。食べ物のカロリーや栄養素を気にしない日でもあるので、今日は色々と食べたいなという急激な気分の変化にも対応できます。やはり人間なので、チートデイということもあってか、そういった炭水化物や脂質のおいしさに反応してしまうこともあると思います。気が変わればそのようなチートデイだってOKです。

■改めて翌日炭水化物を摂取することだって出来る
やっぱり炭水化物を食べるべきだったろうかなと翌日思うかもしれません。特に糖質制限やケトジェニックダイエットを行っている方であればそういった思いをするかもしれません。そういったときに改めて翌日チートデイとして炭水化物を食べることも出来ます。もちろん、焼肉では色々と調整しておく必要がありますが、気分は2日連続チートデイとなって、色々お得な感じもあります。お財布事情はあんまり考えないようにしましょう。筆者はむしろそういった心の余裕を持たせているおかげか、「まぁいいか」となって結果的に半年間炭水化物を摂取することがありませんでした。中々良いメンタル面での運用でもあると思います。


スポンサーリンク

シェアする

フォローする

関連コンテンツ+広告
関連コンテンツ+広告