チートデイで吐きそうな場合の対処法

スポンサーリンク

チートデイを行っている方の中で、今日はいっぱい食べちゃうぞと思ってみるものの、食べ過ぎて吐きそうという体験をしていないでしょうか。そんな方に向けて今回はせっかくのチートデイなので、吐きそうな場合の対処法をお伝えしていきたいと思います。もうここですら読んでいられないという場合はさっさと本題の部分まで読み飛ばしてください。筆者も同じ経験が何度かありましたが、ここに書いてある方法で乗り切ってきました。まだまだ午前中だよという方は午後もおいしく食べるために色々試してみて下さい。

快適なチートデイにするために

快適なチートデイにするために

チートデイで吐きそう、嘔吐するかもしれないと思ったらこんな対処を

・まずは右向きで横になる
まず、こちらの記事をなるべく快適にお読みいただくにあたり、あなたから見て右向きになって横になりましょう。こうすることで、胃の内容物の消化が促されます。筆者も吐きそうだなと思ったら、すぐに横になるようにしております。ちょっと重要なのは、吐きそうであってもこのタイミングで寝てしまわないようにしてください。そういうのも、カロリーの消費が停滞してしまって、結局のところ胃の中のものが消費されにくくなります。ただ、どうしても眠気がという場合はこの限りではありません。とりあえず、本能的に行うべきことを脳が命令しているので逆らわないようにしましょう。逆に左を向いて寝てしまうのはやめておきましょう。食べ物が逆流してしまう可能性があります。

・余裕があれば重曹を飲んで
チートデイというと脂質もガンガン摂取しているかと思います。大半の方はこれらを控えている生活を送っているため、いきなりの摂取で体がビックリしている状態です。そういうときに重曹を使うことで、油の消化などを早めてくれたりします。そして、ちょっとしたタイミングで「ゲフッ」となったら、大体吐きそうな感じになっているのが、止まってきます。自宅にない方は、薬局などで購入するようにしてください。もし、動ける余裕があるならば、今から買いに行くことをおすすめします。そういうのはなぜか後述します。

・胃薬などを使う手もある
ご自宅にガスモチン、ナウゼリン、キャベジンなどの類があればそれを飲んでしまうというのも1つの手です。チートデイの吐きそうな感じのときに使うのは少々申し訳ない感じがしますが、そういうときにこそ使うものです。また、他にも胃薬はありますが、種類の選択を間違うと逆効果になってしまうこともあるため、大体食べすぎなどにはこのあたりのものが良いかなと思います。あくまでも筆者が体験した範囲であり、万人のパターンに適するわけではないということを頭に入れておいて下さい。あんまり効果を言い切るのも最近色々問題があるようです。

・ちょっと歩いてみましょう
チートデイで吐きそうなのに、そんな苦行を強いるのか思うかもしれません。ただ、動けるのであればさっさと動いてしまいましょう。無理は行わない範囲でということですが、筆者は愛犬の散歩が日課で食べ過ぎたなと思うときは歩いて消化を促すようにしております。この手法は意外にも有効で、早く行っておけばよかったなと思います。ただし、動けるという前提です。本格的に吐きそうな場合はこれらの行動を無理矢理行わないようにしてください。仮に無理に行ってしまうと、お腹が痛くなってしまったりしてしまうケースがあります。横になって、重曹も飲んで収まってきたかなという場合には有効です。

・ブラックコーヒーを飲む
砂糖を入れて一服したいところでありますが、今回はそれを我慢してチートデイ中ではありますが、ブラックコーヒーを飲みます。油系の食事をしたときに、コーヒーは何だかおいしく感じますが、それは体が求めている証拠でもあります。油の消化吸収を促す作用があります。もし、チートデイで吐きそうになった場合で、コーヒーがおいしく感じる方は1杯程度楽しんでおきましょう。水分の摂取も恐らくかなり行っていると思うので、これらをカフェインによって排出してくれる効果もあります。日常的にも便利です。

・炭酸水を飲む
サイダーなどを満腹のときに飲むとゲップが出て「あれ、一瞬でお腹が軽くなった?」という体験がある方も多いのではないでしょうか。ちょっと飲み物を飲む余裕があるときにはこの対処法もチートデイでは役立ちます。特に炭酸飲料であれば問いません。コーラやサイダーファンタなどあなたにとってガブガブのみ安いものをチートデイなので選んでください。これによって、胃の動きがかなり活発になって結構食べることができるようになります。カロリーを考えたチートデイにしている方はゼロカロリーコーラなども良さそうです。

・吐きそうなら吐く
これは最終手段ではありますが、吐きそうなら吐いてしまう手もあります。無理に吐かないようにしましょう。器官などがやられてしまうこともあります。指を突っ込むと衛生面上の問題があるので、スプーンで押してみたりという方法があります。他にも、食塩水500mlを一気飲みするという方法もあります。想像しただけでも更に吐きそうな感じがします。筆者はここまでの対処法で実際に利用したことはありませんが、そういう手もあります。念のため紹介しておきますが、あまりおすすめは出来ないやり方です。

・チートデイを中止する
体の疲労状態によったり、あまり前日に睡眠が取れていないことで実はチートデイで吐きそうになることはよくあります。そんな時、チートデイを中止するという選択肢も悪くはありません。中途半端に食べるといけないよと書いているところもありますし、筆者も実際に中途半端にやるなとは書いておりますが、こうなってしまってはさすがに中止するしかありません。もう食べたくないなと思っているのならば、今日はゆっくり休んで明日から元気に活動しましょう。筆者も残念ですが、チートデイで吐きそうになって、1回断念したことがあります。

チートデイで吐きそうにならないようにするためには

チートデイは計画的に食べるわけなので、結果的に食べすぎになります。しかし、それで吐きそうになって、1日中止になってしまうのもなんだか悔しいを思いをすると思います。少しでも胃の容量を確保したいところですが、食べる前にはキャベツを食べるようにしてください。そうすることで、食べ物の吸収を遅らせることが出来るほか、胃に優しいです。実際にこの習慣をつけることによって、胃が悪い方の調子が快方に向かったりすることもあります。また、大根を食べる余裕がある方は消化酵素が豊富なので、それを食べておくというのも1つの手です。


スポンサーリンク

シェアする

フォローする

関連コンテンツ+広告
関連コンテンツ+広告