業務スーパーのレアチーズはアレンジがかなり必要

スポンサーリンク

業務スーパーのレアチーズという紙パックスイーツが販売されております。あまりこれといった味に触れている方が少ないので、実際に食べたらどのような感じなのかということを書いていきたいと思います。また、アレンジについてもちょっと書いていってみたいと思います。どちらかというと、今回の紹介の内容はまずいというわけではありませんが、人を選ぶ味になります。そんな味ですが、具体的にどんなものかということをなるべく分かりやすく伝えていきます。たまたまレアチーズの類が口に合わないだけじゃないのと思うかもしれませんが、筆者はこの手のものは大好きです。また、最終的においしい食べ方なども書いてあるので、参考にしてください。筆者のように労力を無駄にしないために、すべて率直な感想を書いております。

これをレビューします

これをレビューします

■あわせて読みたい&こんな記事が人気!
業務スーパーのおすすめランキング!これは当たり!【2017】
業務スーパーでリピート決定な当たりなものを紹介!

業務スーパーのレアチーズが人によってはまずいかもしれない理由

■あわせて読みたい
業務スーパーのまずいもの一覧

まず、率直な感想を書きます。レアチーズそのものを取り出して食べてみると、一瞬「ん?」と思うような味です。気のせいかもしれないので、もう一度食べてみると確かにレアチーズの味はします。ほんのりとした酸味にチーズの香りはまさにレアチーズです。ところが、ちょっと食感などを考えると食べる方によってはまずいという印象を受けるかもしれません。そういうのも、食感がどちらかというと杏仁豆腐のような感じです。それに無理矢理レアチーズの香料と酸味料をプラスしましたという感じに仕上がっております。

成分表記が・・・?

成分表記が・・・?

気のせいかもしれないので、裏の成分表示を見てみるとやはり、増粘多糖類や、デンプンなどを使っています。これは一般的な食品などに使われるとろみなどの材料ではありますが、それが全面的に押し出されたという感じです。一般的なレアチーズを作るときもこれらの材料は使われますのでその点についてはご安心ください。そう考えるとちょっとあっさりした感じのレアチーズで、よく6パックのものが販売されていますが、それがもうちょっとあっさりになったかなという感じです。そんなことから、ご年配の方やあまり脂っこいものが好きではないという場合の方にはとってもおいしいものになると思います。ただ、濃厚なレアチーズを考えて期待される方にはまずいというほどではありませんが、ちょっと残念かなと思うような仕上がりになっております。そんなことから、自分の好みに合っているかどうかを考えて購入するようにしましょう。筆者としてはちょっと口に合いませんでした。

業務スーパーのレアチーズのカロリーについて

さて、業務スーパーのレアチーズの気になるカロリーですが、1Lの紙パックすべてを食べたとなると1990kcalです。炭水化物は205g、たんぱく質は14g、食塩は1g、脂質は125gとなります。ただ、大食いではないとすべて食べることは出来ないので、1食当たりに換算すると多めに食べたとしても250kcalくらいでしょうか。写真くらいの量が大体そのくらいのカロリーとなっております。

業務スーパーのレアチーズをティラミスやタルトにアレンジして食べてみよう

業務スーパーのレアチーズがアレンジできるのであれば、なるべくアレンジして食べるようにしましょう。そういうのも、そのままではまずいけどアレンジしたらおいしいじゃんという方が多いからです。ティラミスの作り方については、裏にレシピが書いてありますが、コーヒーゼリーをまず敷いて、その上にレアチーズ、その上にココアをまぶすという感じで、簡単にティラミスにアレンジすることができます。場合によってはクッキーをコーヒーの層の上に乗せてみたりするとより一層美味しく食べることが出来ます。実は筆者もそのティラミスとやらを作成してみました。アレンジしておいしいというので食べてみたところ、やはりちょっと口に合いませんでした。一般的なコンビニスイーツで販売されているような濃厚なティラミスを想像するのはやめておきましょう。なにより、濃厚さが足りないのではないかと思います。ただ、あっさりしたティラミスが食べたいというのであればこういうものもありかなと思います。本来はマルカルポーネなりを使って作ったりするので、やはりそちらを使用したティラミスにはちょっと勝てません。

なんちゃってティラミス

なんちゃってティラミス

もうちょっと手軽にブルーベリーなどのジャムを足して食べてみようと思いました。器に盛って、ブルーベリージャムを乗っけての簡単アレンジですが、果たしてお味のほうはというと、甘い物好きであればおいしいのではないかという結果になりました。もう少しいい方法はないものか、うーんということで最後のアレンジにしてみます。

甘党にはGOOD!!

甘党にはGOOD!!

続いては、結構評判の高いレアチーズをタルトにして食べるというものですが、これは一般的に販売されているようなタルト記事に業務スーパーのレアチーズを電子レンジで溶かして流し込んで冷蔵庫に入れて完成というものです。もしくは、自宅にクッキーが余っている方はこれらをザクザクとつぶしてさらにバターを加えて混ぜて固めて、その上にレアチーズを流し込んで冷蔵庫でしばらく寝かせると完成です。実際にこれは写真は撮影していませんが、こうやって食べてみたところ何だかおいしく感じました。やっと当たりに出会えた感じがします。そこまで甘くないタルト生地が良いアクセントになり、レアチーズそのものの甘さともマッチングしてくれます。甘味がもうちょっとほしい方ならば何らかのフルーツソースをトッピングしてみましょう。


スポンサーリンク

シェアする

フォローする

関連コンテンツ+広告
関連コンテンツ+広告