チートデイで苦しいときの対処法を教えます

スポンサーリンク

久々のチートデイでたくさん炭水化物を食べちゃうぞと張り切っていても、いざある程度まで食べると満腹感どころか苦しいという体験は、体作りを行っている方の中でもあるあるな出来事です。まだまだ他にも食べたいものがあるのにと思っている方は、これからどのように苦しいのを対処していくのか書いていくので必見です。既に苦しさを通り越して吐き気や嘔吐している場合は無理せず横になるか楽な体勢を取りながらお読みください。恐らく似たようなことで困っている方の今後のために書いておきます。

また、あなたが行うべき対応を重要度順に書いているので流れに沿ってお読みください。

チートデイの苦しさを解消しよう

チートデイの苦しさを解消しよう

チートデイで苦しい場合の対処法のいくつか

■まずは横になる
冒頭でも書いたとおり、チートデイで苦しい場合は横になりましょう。特に吐き気や嘔吐までしているとなっていればなおさらの話です。無理して動いてしまわないようにしましょう。そして、横になるのであれば、仰向けやうつ伏せではなく、右を向いて寝るようにしてください。これは胃の形に沿って食べ物が流れやすくなってくれます。消化も早くなるので苦しい場合に派とても便利です。反対に逆に向いて寝てしまうと更に苦しい感じが増してしまうので要注意です。恐らくこれは意識せずとも横になっていればこの体勢が楽ということに気づいていつの間にか取っているかもしれません。

■重曹をつっこんでみる
チートデイの苦しさの種類によっては、油物をたくさん食べたりしているケースもあると思います。そういったときの苦しさというのは尋常ではありません。そういったときにあなたが出来る対処法は重曹をつっこんでみることです。実際に胃薬などにも入っている成分でもあり、胃酸過多だったりという場合にも使えます。特に翌日まで苦しさが持ち越している場合にはこれを使うと神に出会ったかのような快適さが待ち受けております。ゲップが出るので飲む場合には少し注意しておく必要があります。

■キャベジンに頼る
色々とコスパの面で考えても優秀なのがキャベジンです。先ほど紹介していた重曹が入っているほか胃粘膜を保護・修復する成分が入っており、消化酵素も入っております。筆者も食べ過ぎたなという場合にはこれを使ってチートデイに対応しております。先日のチートデイではまさにこれにお世話になったところです。ただ、頼らないで良いようなコンディションでチートデイに挑むのが好ましいので、なるべくこの手のものに頼らないようにしてください。

■六君子湯に頼る
これはいわゆる胃に関する漢方ではありますが、これが有効な場合もあります。探していてあなたのご家庭でも見つかったならばチャンスなので今のうち飲んでおくようにしましょう。筆者はこれがかなり合っているみたいで、場合によってこれを選択することもあります。元々筆者は体が弱いタイプでトレーニングを始めましたが、過去に処方してもらったものがたくさんあまっているのでこういうときに活用しております。

■余裕があれば散歩する
横になるほどではないけど苦しいという場合にはちょっと散歩してみましょう。時間にして20分ちょっとでしょうか。筆者は毎日のルーティンで犬の散歩が日課なのですが、これを行わないとチートデイは1日中苦しいままで終わってしまうことがあります。また、普段からたんぱく質を摂取しているような方であったり、調味料にもこだわって制限をかけている方であれば、胃腸が疲れている状態です。さらに、腸内環境も悪くなっていることだろうと思います。事実筆者がそんな感じだからです。これが散歩することによってすっと楽になってお腹も食べる前に戻ったのではないかと勘違いするくらい戻ってくれます。そして、トイレではドバーっと出てくれます。ただ、無理は禁物です。それでも無理して歩こうと思えば苦しさは少しは解消しますが、実際に吐き気まで発展している場合は苦しいままです。実際に筆者が試したのでそうです。

■コーヒーを飲む
場合によってはコーヒーが有効なこともあります。特にチートデイではたくさん摂取するであろう炭水化物を分解する成分も入っております。食べて30分近くくらいの話であれば、コーヒーを飲んでみてください。また、このときはチートデイではありますが、ブラックにしてみることが必要になります。また、代謝の向上が見られるというのはチートデイを行う知識がある方であれば、これらのことは既にご存知かと思います。これによって少しでも食べ物の消費が進みやすくなるので、覚えておきましょう。単純に飲む気もしないし、苦しいという場合にはやめておきましょう。焼肉後のブラックコーヒーが美味しいときのような感じであれば1杯程度飲んでみましょう。

チートデイで二度と同じ苦しい思いをしたくないなら

何といってもチートデイで二度とこんな思いしたくはないと思います。思った以上にチートデイは計画的に行う必要があります。あまり満腹にならないように食べて1~2時間後にまた好きなものを食べるという繰り返しにしてみましょう。一気に食べたい気持ちは筆者も分かる上、実際に先日もこうやって行ってしまって後悔した覚えがあります。久々のチートデイだからといってちょっと羽目をはずしすぎてしまったようです。また、前夜からしっかりと胃腸の環境も整えておいて、睡眠もしっかりとっておく必要があります。食べるというのは想像以上に体力を使うものなので、しっかりと計画を立ててこの時間にアレを食べるコレを食べるくらいの計画を立てておきましょう。そうしていたときはむしろいつも以上のカロリーが摂取できるので特に胃腸が弱い方だったり、そろそろ食べるのがきつくなってきた年齢の方におすすめです。


スポンサーリンク

シェアする

フォローする

関連コンテンツ+広告
関連コンテンツ+広告