チートデイ翌日のむくみを解消する方法

スポンサーリンク

昨日はチートデイを楽しんだなという方に、今回はその翌日に結構な頻度で悩むむくみを解消する方法を紹介してみたいと思います。正直今あせっているころだろうと思います。翌日のむくみというのは基本的に、脂質も気にせず摂るスタイルで行うケースで多く見られます。「えっ、それ間違ってるの」と思うかもしれませんが、筆者もそのようなチートデイスタイルをとっているのでご安心ください。体脂肪かろうじて1桁台の筆者がお伝えしていきます。同じ悩みを抱える方に向けて、むくみをなるべく素早く解消する方法をお伝えしていきます。

チートデイを行った翌日のむくみをなんとかしたい方へ

チートデイを行った翌日のむくみをなんとかしたい方へ

チートデイ翌日のむくみの解消方法のいくつか

■カリウムが含まれる食べ物を食べる
チートデイ翌日から行うべきことは、やはり減量食に戻ることです。さらに、体はたくさん水分を蓄えているのでうまく排出する必要があります。そこで、必要なのはカリウムが含まれる食べ物です。キュウリだったり、ニラ、ほうれん草、納豆、ザーサイ、わかめなどが含まれております。これらをチートデイ翌日に積極的に摂取していくようにしましょう。また、トレーニングを行っていて、たんぱく質をとる必要がある方は、ササミ、スルメ、などが多く含まれている傾向にあります。気になる方や悩んでいる方は、これらを摂取していくように心がけておきましょう。

■筋トレをする
体作りを行っている方はやはり筋トレというのは避けて通れない道でもあります。運動しない方であれば、こちらは無視しても良いですが、どうせならばパワーが出る今のうちにスクワットか胸のトレーニングを行うことをおすすめします。特にチートデイ翌日といえば、体重がもちろん増えていてむくみが発生している状態です。それならば、自然に蓄えた「ダンベル」を活用する手を最大限に活用してみましょう。普段は摂らない炭水化物を摂取しているため、思ったより楽に行うことが出来ます。さらに、高回数で体に負荷を与えるとこの場合、体からガンガン糖質なども消費されて、翌日のむくみも解消されやすくなります。筆者のおすすめとしては、胸のトレーニングを行うか、脚のトレーニングを行うほうがやはりこれまで行ってきたものの中でむくみに対しては効果が強かったです。筆者は2日も行えば、むしろガス欠が起こっているのではないかというレベルで、普通の体に戻すことが出来ました。

■風呂にじっくりと入る
体に余分に蓄えてしまった水分ならば、お風呂で汗をかいて流すという方法もあります。サウナなどでリフレッシュしても良いかもしれません。筆者は筋トレとお風呂をセットにして楽しんでおります。熱過ぎるお湯ではなく、なるべくゆったりと入れる温度にして、ジワジワと汗をかいていきます。このときに水分を控える必要はありません。むしろガンガン摂取して、綺麗な水と体の中の水分を入れ替えるようにしましょう。ついでにカロリー消費も出来るのでそのようなところもメリットです。

■有酸素運動も取り入れてみる
まじめに体作りを行っている方であれば、なるべく有酸素運動を行わないように気をつけているかもしれませんが、チートデイ翌日というのは十分なくらいに体に糖質が補充されているので、それを早く消費するために筋トレに加えて有酸素運動を行ってみましょう。筆者も、翌日のむくみが気になる場合、愛犬の散歩などを無駄に長引かせたりしております。それで筋トレ中にむしろパワーが落ちたり、バルクダウンしてしまったみたいなこともないので、男性の方でも積極的に取り入れてしまいましょう。

チートデイの翌日はむくみを気にしない

もしかすると、今あなたはむくみに対してちょっと嫌だなと思っているかもしれません。さらには翌日になって「やってしまった」という感情でしょうか。いずれにせよ、マイナスな思考を抱えていると、実は体脂肪が増えてしまう原因にもなりますので、数日すれば戻るだろうという精神も必要です。また、どれだけ丁寧に行おうが、むくみが発生してしまうものは仕方がありません。それに、いつもどおりに控えていれば、体はすぐに元に戻ります。気にしすぎも余計にむくみを誘発させてしまう可能性が高いのでお気をつけください。また、いつもより基礎代謝は高めになっているはずなので、それに運動を組み合わせれば心配するほどでもないということがすぐに体感できます。

チートデイの翌日は断食はやめましょう

よく女性の方がこれは行ってしまいがちなのですが、翌日は断食なんてことを書いているので、何のためのチートデイを行ったんだと思います。もちろん、完全に不正解なわけではありませんが、なるべく低カロリーな食品を体に入れることが必要です。そういうのも、先ほど紹介した翌日の食事ではあえて、低カロリーなものを体に入れることによって、胃がその消化にカロリーを使うことになるので、ちょっとやそっとのカロリーを摂取してもむしろマイナスになる程度です。それでも気になるのであれば、チートデイ当日からこれらの食べ物は入れても良いかもしれません。仮に断食を行ったとして、また体が飢餓モードに入りやすくなります。そうなってしまっては、せっかく行ったチートデイも意味が無く、体重が戻りづらくなるという筆者の体験もあることから、翌日は無理せず通常の食事でも良いです。

ただ、例外がありまして、チートデイを行ったことによって翌日は食欲が無かったりするのであれば、それは胃が休もうとあなたに言っているので、断食でも良いと思います。


スポンサーリンク

シェアする

フォローする

関連コンテンツ+広告
関連コンテンツ+広告