業務スーパーのリッチチーズケーキはまずいのか実際に食べてみた

スポンサーリンク

業務スーパーで今話題沸騰中のリッチチーズケーキで、コスパが良くおいしいという言葉を頻繁に見かけます。そんな中、筆者のように疑い深い方はむしろまずいのではないかと検索してみる方も居るかもしれません。そんな方に向けて、実際に業務スーパーのリッチチーズケーキはどうだったのかということを素直に書いてみたいと思います。ちなみに、今回は製品そのものの批判をするわけではありません。だからといって、嘘を書くわけではなく、本当に正当な評価を書いてみたいと思います。

今回レビューするもの

今回レビューするもの

実際に業務スーパーのリッチチーズケーキはまずいのか

まずいなんて書かれてしまっては業務スーパーもちょっと黙ってはいれないと思うので、実際に筆者も買いに行ってみました。業務スーパーの汚名返上なるかということで、実際に自宅に返って、切ってみました。ちなみに、切り方そのものはどうするのだという話になるかと思いますが、斜めにカットすることでちょっと、チーズケーキっぽくなるようです。2切れならば丁度四角のような形にもカットすることが出来て、後から保存もしやすいです。パッケージごと切るような切り方については、筆者としてはおすすめできません。そういうのも、使っている包丁にもよるのですが、一般的な包丁ではカットしづらい上に怪我する原因にもなりかねません。一気に取り出してまな板の上でカットして、あとはラップに包んで冷凍しなおせば良いです。

また、解凍の仕方についてですが、シーズンによっては自宅に持ち帰っている途中で自然解凍しやすいのでそれで良いと思います。もしくは食べる前日に冷蔵庫に入れておいたり、そのまま自然解凍しても1時間程度でほとんど解凍できました。待てないよという方であれば、10秒ずつ様子見しながらレンジで温める方法も良いと思いました。

さて、実際にリッチチーズケーキを食べてみました。濃厚でやわらかいというTwitterやブロガーのレビューは本当にそのとおりでした。実際にまずいのかと聞かれるとそうではありません。むしろおいしいなという結果です。あえて難癖をつけてみるならば、味がかなり主張しすぎているため、ちょっと飽きやすいかなという感じです。パッケージに書いてあるまろやかな風味にじんわりな口どけというのはまさにその通りの表現です。価格的にも学生の方にも買いやすいような非常に優秀なスイーツです。もうちょっと詳しく書いてみると、お近くのスーパーでも販売されているような6Pのレアチーズケーキなるものがあるかと思います。あれが、もうちょっと濃厚になって、チーズケーキの要素が足されたというようなものです。想像しただけでもおいしいということがお分かりいただけるかと思います。

リッチチーズケーキに飽きたらアレンジしてみようか

ちょっとアレンジ

ちょっとアレンジ

前述のように1回で食べるとなると満足度が高すぎてむしろ飽きちゃうという方も居るのではないでしょうか。そこで、ちょっとアレンジをしてみましょう。筆者はブルーベリージャムを乗せてみました。その上にさらにクリームを乗せてみようかなと思って乗せてみましたが、これについてはむしろ乗せないほうが良かったなということで今回はジャムのみにしております。これは味にアクセントがついて良いです。

しかしながら、アレンジとしてはこのくらいでしょうか。そもそも業務スーパーのリッチチーズケーキの完成度が高すぎてそのままで楽しめる内容になっております。他にも焼いたり、する方法があるようなので興味がある方はお試しください。

業務スーパーのリッチチーズケーキのカロリーについて

気になるのはこちらのケーキのカロリーについてです。丸々1つそのまま食べるとカロリーは1325kcalです。

たんぱく質:31g
脂質:73g
炭水化物:134.5g

これはすべてを食べた場合のカロリーで、10分の1程度にカットすると、もちろん133kcal程度になって満足するくらい食べてもその倍くらいのカロリーです。他のケーキ系のお菓子ならば1つ200kcalは余裕で超えるので、むしろちょっと少なめな印象も受けます。だからといって食べすぎは要注意です。


スポンサーリンク

シェアする

フォローする

関連コンテンツ+広告
関連コンテンツ+広告