父の日のプレゼントの渡し方!タイミングや言葉などはどうする?

スポンサーリンク

父の日のプレゼントは既に決まって注文した方も多いと思います。そんなところで悩むのは渡し方だと思います。いざ、自分の父親に向かって渡すというと何だか照れくさかったり、そもそもどういうタイミングで渡せばいいんだと悩んだりしてしまいます。また、自分の父親だけではなく、旦那や、義父に渡さないといけない方などの渡し方についてなども悩むと思います。色々なパターンの渡し方がありますが、今回はそれについて書いてみたいと思います。まずは実の父親から紹介していきます。

父の日のプレゼントの渡し方はどうする?

父の日のプレゼントの渡し方はどうする?

父の日に自分のお父さんへプレゼントはどうやって渡す?

いたってノーマルに渡したいならば、特にタイミングも何も気にせず、あなたのペースで渡せば良いです。そんなときに、「いつもありがとう」という言葉を添えてみたり、「父の日のプレゼントだよ」と言葉をかけながら渡すだけでお父さんは一日ルンルン気分で過ごせると思います。しかし、それだけでは何だか味気ない渡し方でもあります。

プレゼントの種類にもよりますが、例えばおつまみ系や飲み物系のプレゼントを渡すのであれば、晩酌のタイミングでプレゼントとして出す方が気が利いていると思います。スイーツ系のプレゼントであれば、食事も終わって一息というときにデザートとして出してあげるとタイミング的にも喜ばれると思います。

筆者も子供が居て、父親サイドの立場ではありますが、ここまで考えてくれた渡し方をしてくれるとタイミングよりもなによりも、気が利く子だな、さすが自分の子供だと思います。親ならではの嬉しい出来事でもあります。

マッサージ系のプレゼントなどであれば、明日も頑張らないといけないのかと日曜の最後にちょっと疲れていたりする様子があれば、そんなお父さんに父の日のプレゼントだとプチサプライズ要素をまじえてプレゼントしてみるのも良いです。その他、プレゼント方法としてはサプライズ要素をプラスしてみるのも良いです。通常の渡し方は去年もやったし今年はサプライズということで、そのような要素を付け足すのも面白そうです。

父の日に子供からできるサプライズ
旦那に父の日のサプライズ!

父の日のプレゼントのタイミングは何よりピンポイントで

父の日のプレゼントのタイミングというのを未だに迷っているならば、まさにピンポイントのタイミングで出すのが良いです。例えば先ほど紹介しきれていなかった、おやつ系のプレゼントならば、小腹がそろそろ減るだろうなというタイミングで渡してあげたり、ちょっと気が利くと思うようなタイミングで渡してあげましょう。今お手元にあるプレゼントはどんなタイミングで出されると嬉しいかなということを考えてみましょう。

義父への父の日のプレゼントの渡し方について

ちょっと迷うのが特に初めて父の日に義父にプレゼントを渡すときです。どんな言葉をかけて、どんな渡し方をすればいいのかと思うかもしれませんが、パターンは大きく分けて3通りあります。

まず1つ目は既に子供が居るならば、父の日のプレゼントとして渡させることです。孫一直線の義父であれば、特にこのようなパターンは大喜びします。サプライズ要素としても成り立つ上、孫から渡してくれたとしてもあなたや旦那が出したということは言うまでもなく伝わります。子供にちょっと頑張ってもらう必要はあります。一緒に「おじいちゃん、いつもありがとう~」なんて言いながら渡すと、思わず笑顔になります。

2つ目はあなたから手渡しするという方法です。そのときの渡し方については、「お義父さん、いつもありがとう」といったようなありきたりの言葉でも良いので渡すようにすると、形上でも心が伝わります。仲が良いのであれば、あなたの思っていることをあなたなりの言葉で伝えるような渡し方が良いです。

3つ目は旦那から渡させる方法です。これが一番スマートに済む方法でもあり、旦那からは「これ、俺と嫁からだけど、父の日のプレゼント!」と言ってもらうだけでもしっかり伝わります。あなたは横に居るだけでOKです。何か一言付け加えるならば、これからもよろしくといったような意味合いの言葉をかければOKです。

義父への父の日のプレゼントのタイミングについて

多くの場合、父の日のプレゼントで義父に対して渡す場合は実はタイミングが何よりも重要です。一番良いタイミングならば、あなたの旦那や子供と一緒に帰ったときが一番です。基本的にどのような関係であれど、息子や孫が帰ってくることで嫌な思いをするようなお父さんは稀です。そういったタイミングで渡すようにしましょう。仮に帰ってから渡しそびれたのであれば、改めて場が静かになってきたなというタイミングで盛り上げてみたり、何かお悩みのことを話してくれて、今回そのプレゼントが一致しているならば、そんなお父さんにということでプレゼントするのも良いです。ちょっと通販チックにはなりますが、困ったときのネタとして覚えておきましょう。


スポンサーリンク

シェアする

フォローする

関連コンテンツ+広告
関連コンテンツ+広告