父の日は何する?やることに困った時に参考にして下さい!

スポンサーリンク

父の日はそもそも何するのか、何のための日か、やることそのものに悩んでいるのだけどというお悩みがある方に向けて解説してみたいと思います。どれもお父さんが喜んでくれたりするものばかりです。また、あなたに予算そのものがなくともできるものもたくさんあります。むしろお父さんとしてはそっちのほうが喜んでくれたりということで、実際に何をするのか具体的に書いてみたいと思います。今まさに当日でこれからの過ごし方を考えている方にとっても参考になると思います。

父の日は何する?

父の日は何する?

父の日に何するのか紹介しちゃいます

・感謝する

まずは感謝

まずは感謝

まず、これは父の日においては大前提でもありますが、感謝するということは重要です。その表現としては、今はプレゼントだったりします。そして、お父さんが父の日に感謝の言葉でもあればなと思っている方も多いようです。実際に言葉に出して求めはしませんが、そういった感謝の言葉などが一言あるだけでもこれまで育ててきた甲斐があったと嬉しく思う方も多いようです。とりあえず、プレゼントしていたというならば、今年は何か一言添えてみてはいかがでしょうか。

・マジなお話をする

真剣トークしてますか?

真剣トークしてますか?

今までお父さんと何かしら本気で話をしてみたことがあるでしょうか。現代の日本というのはとても忙しく、まともに子供と向き合ったこともなく、お父さんとしてもどのように向き合えばよいか分かっていないケースもあります。それならばということで、あなたが父の日に何かしらのトークを振ってみましょう。もしくは、一緒にどこかにドライブや食事をしながらという形でも良いです。お父さんとしてあなたの本音が聞けたりするというのはちょっとうれしかったりもします。たまには心の底から会話をしてみましょう。

・一緒にお出かけしてみる

運転手はあなた♪

運転手はあなた♪

何をするかというと、面倒くさがりなお父さんでなければドライブしにお出かけしてみるというのも父の日には良いです。道中で立ち寄ってソフトクリームを食べてみたり、景色を眺めながら会話してみたり、買い物してみたりとそれなりに充実した過ごし方も出来ます。特にこれは、あまりお父さんと接していない方にはおすすめです。また、当日にそのような話題をお父さんが振ってきたら、快くついていくようにしましょう。あなたが運転できる年齢ならば、今回はあなたがプランを練ってドライブしてみるのも良いです。

・帰宅する

とにかく帰ってみるのもあり

とにかく帰ってみるのもあり

既に独り立ちして過ごしている方ならば、父の日には帰宅してみませんか。「ただいま」と帰ってみるだけでお父さんにとってはうれしかったりもします。何するわけでもありませんが、たまにはあなたの元気な顔を見たいと思っているはずです。それだけでも立派な父の日のプレゼントにもなるので、近い距離であれば是非とも今年は帰宅してみましょう。筆者もこれまで実家に戻ることをあまり行っていませんでしたが、たまたま父の日に帰宅するとそのために帰ってきてくれたのかと喜んでくれた覚えがあります。

・メールを送る

何気ない会話がうれしい

何気ない会話がうれしい

先ほどの帰宅が難しい場合はメールを送ってみましょう。もしくは、一緒に過ごしているならばお手紙というのもありです。父の日らしい文言を考えてみたり、たまには元気かという言葉をあなたからかけてみても良いです。それだけでお父さんは自分のことを気にかけてくれていたりするんだなという嬉しさもあります。特に感謝の言葉を書くのは改めて難しかったり恥ずかしいというならば、そういった何気ないメールでも良いと思います。何するか迷ったときにはとりあえずはメールです。

・温泉に行く

背中でも流してあげましょう

背中でも流してあげましょう

これはあなたが男性であることが条件ではありますが、温泉に行くという父の日の過ごし方もありです。何をするかと悩んだら予算もお手軽なので近場の銭湯なり温泉なりで一緒にまったりとした空間を共有してみましょう。それだけでも充実した父の日になります。また、お風呂上りの何の気ない会話というのも家族のつながりにおいては重要だったりもします。父の日のプレゼントでお父さんが本当にほしいものといえば、物よりもあなたとの時間だったり、何かしらの感謝の言葉だったりもします。

・孫に会わせてみる

孫が大好きな方に

孫が大好きな方に

あなたが既に家を出て、幸せな家庭を築いているならば父の日には孫に会わせてみるというのも良いです。それくらいの年齢になると孫一直線だったりするお父さんも多いです。また、孫は着て嬉しい、帰って嬉しいという言葉があるように、ある程度おじいちゃんと遊ばせたならば帰宅するようにしましょう。孫がとても可愛いというのは間違いないことではありますが、遊ぶ体力がその日はない場合もあります。リアルなお父さん事情でもあり、ちょっと勝手なことかもしれませんが、このあたりは覚えておきましょう。

・労ってみる

肩もみでもしてみませんか?

肩もみでもしてみませんか?

あなたが一緒にお父さんと暮らしている場合には、とにかく労うことが必要です。感謝の部分と少しかぶる部分もありますが、例えばマッサージをしてあげたりするというのも予算も使わず、お父さんも嬉しい父の日のプレゼントです。たまにはこういった親子同士の関わりは重要なので、「お父さんマッサージしようか」という言葉があるだけでも嬉しい気分になります。

・料理をしてみる

好きな料理を振舞ってみよう

好きな料理を振舞ってみよう

もし、あなたが何かしらの料理を作れるならば父の日に手料理を振舞ってみましょう。晩御飯の一品や、おつまみを準備するといったことでも十分です。お父さんの好みのものが作れるのであれば、さらに喜んでくれます。もし、何か作るのに迷ったのであれば、うなぎを使った料理や、サラダ、カレーなどが父の日に色々なご家庭での食卓に上がるようです。父の日までに練習する期間や、レシピを集める時間があるならば色々なところを参考にしてみてください。筆者のおすすめはお手軽にサラダです。

・一緒に食事をする

一緒に何かするのは重要です

一緒に何かするのは重要です

普段一緒に食事をしている方は例外ではありますが、最近一緒にご飯を食べていないなというのであれば、一緒に食事を食べに行ったりしてみましょう。今の世の中を考えてみれば、仕事でいつしか食べる時間が別々になったりというのはよくあることです。家族みんなで揃って頂きますが出来るのは色々な面から考えても重要です。ここまでお読みいただいたならば、なんとなくお分かりいただけたかと思いますが一緒に何かをするということがお父さんにとって嬉しいプレゼントでもあります。

・何もしない

こういう選択肢もあり

こういう選択肢もあり

何をするかと聞いているのに何もしないというのは何ということだと思うかもしれませんが、それで良い場合もあります。特にお父さんに対して心の底から感謝できるわけではなかったり、まともに向き合いたくなければそれはそれで良いです。色々な家庭事情もあるので、何をするわけでもなくそういう過ごし方も珍しくはありません。もし、本当に心のそこから感謝できる日や、向き合える日があれば、その時に改めてお父さんとしっかりと向き合ってみるのが一番です。父の日にこういう考え方もあるよということで、参考までに。


スポンサーリンク

シェアする

フォローする

関連コンテンツ+広告
関連コンテンツ+広告