父の日に母子家庭は幼稚園のイベントを欠席していいか?

スポンサーリンク

迫ってくる父の日の幼稚園のイベントですが、その中でも母子家庭というケースも近年は少なくありません。今回はそんなお母さんに対して母子家庭の場合は幼稚園のイベントを欠席して良いのかどうかという判断をお伝えしていきたいと思います。また、理由あっての今だと思います。そのようなことから周りからたまに心無いことを言われたり、幼稚園の配慮もない場合があると思います。そういったとき、あなたが動かなければなりません。どのようにすべきかということまでも書いてありますので、最後までお読みさい。

あなたのその疑問と今後を解決させます

あなたのその疑問と今後を解決させます

父の日のイベントが幼稚園であって母子家庭ならば迷わず欠席しよう

幼稚園によっては父の日のイベントがあるから参加してくださいねと各家庭の親御さんに何かしらの形で連絡すると思います。そして、あなたがまずは幼稚園であるこのイベントを欠席する必要があると感じたならば、誰に何を言われようと欠席するようにしましょう。たまに、幼稚園によっては保育士からですらも、欠席はありえないというようなどこを見て物を言ってるんだというような発言をしてくる場合もあります。それで実際に傷つくお母さんも多いですが、子供のためだと思ってまずは欠席しましょう。社会的に考えると配慮も何もないような言葉を使う場合がたまに保育士にも居るので要注意です。また、周りに何を言われようがまずは子供とあなたが幸せであるということが第一ではないでしょうか。

何よりも大切なのは子供に対する心のケア

さて、あなたは母子家庭になった原因は把握していると思います。そして、どうしようもない事情で頑張って選んだ結果が今です。そして、前よりは少しは幸せになったのではないでしょうか。しかし、それが自身の子供に対して理由がすべて伝わっているかどうかというとまだまだ幼稚園くらいの年齢となるのですべてを理解することは非常に困難であると思います。お父さんは出張中とその場をしのぐのもありです。また、あえて今の状況をすべて伝えてみるというのもこれまた良いと思います。ある程度の年齢までごまかしごまかしやっていくより、現実を伝えておくほうが子供にとっても強くなるきっかけになったりもします。このあたりは一番親のあなたが分かっていることなのでやりやすい方法で行うようにしましょう。そして、これまで以上の愛情を示すようにしてください。子供は幼稚園の父の日のイベントがきっかけで園児からおちょくられて帰るというケースを筆者は目にしたことがあります。子供なのでまだまだ良い悪いの判断がつかないこともあるので仕方はありませんが、あなたの子供が心のダメージを負う機会もそれなりにあります。だからこそを一杯注いで育てていくようにしましょう。また、欠席したならしたであなたの手が空いているならばちょっとおいしいものでも食べて元気付けたりするのも良いと思います。

母子家庭での心の子供の変化について

さて、ここまで他人のあなたに何が分かるんだと思った方も居るかもしれませんが、実際に筆者は母子家庭という環境で育ちました。それなりに辛い思いもしました。しかし、特に道を踏み外すこともなくここまでこれたのも母親のおかげだと思っています。それは、愛情がそれなりに伝わったからだなと大人になった今では思います。逆にお母さんそのものが母子家庭そのものにマイナスなメンタルを持って過ごしていると、生活や行動にあらわれてそれで子供にも伝わる場合もあります。実際にそうやって、母子家庭なのにさらに崩壊していったというような話もあります。今や会社に勤めながらいたって普通の生活をしている筆者です。繰り返し書きますが、子供にはしっかりとあなたなりの愛情を注ぎながら育てていってみてください。今分からないとしても、将来的にしっかりわかるようになります。

あなた自身に必要なのはメンタルケアと行動

何も母子家庭だからといって子供にマイナスばかりではありません。ただ、あなたもそれなりの経過があって今だと思います。そして、メンタル的にもちょっと疲れている頃ではないかなと思います。なるべく気分転換などを心がけるようにして、ある程度楽しめたならば次は行動です。母子家庭が原因で他の人に何か言われることもあるかもしれませんが、子供を立派に育て上げればそれが正解です。実際として、お父さんが居るご家庭だからといって、立派に育っているケースばかりではありません。まずは、あなたがまっすぐと立ち直って、行動してみると日常的な不安も薄れて幸せな日々がおくれるのではないかと思います。そういうのもちょっと親の行動に敏感な子供であれば、今疲れているな、悲しんでいるなというのは瞬時に分かります。何を言うわけでもなく伝わるのが親子です。あなたが子供を見て何か隠し事をしているなというのが分かるように、子供としてもそれを察知する能力は特に今回のようなケースでは能力が高い傾向にあります。だからこそ、あなたが元気になる必要があります。もし、本格的に心の病にかかっているならば、それはそれで頼れる場所というのはたくさんあります。日本はシングルマザーや、そういった方に対して手厚い保護をしているため、あなたは一人ではありません。あまり気負わずに出来るだけ子供に愛情を注いで少しでも前に進んでみましょう。


スポンサーリンク

シェアする

フォローする

関連コンテンツ+広告
関連コンテンツ+広告