父の日前日にプレゼントを渡すのはどうなのか解説!

スポンサーリンク

父の日のプレゼントを前日に渡そうと思っている方、場合によってはちょっと待ったをかけたい事例がいくつかあります。今回はマナーの面でも父の日にしっかりとする為に、前日に渡す意味をしっかりと覚えておきましょう。また、今回書くことは色々な意見がわかれるところでもありますが、特に義父に渡す場合になどはこのあたりをしっかりしておかなければいけない場合もあります。これまたケースがいくつか分かれるので、あなたにとって該当するケースのものを参考にして見て下さい。

父の日の前日のプレゼントについて解説

父の日の前日のプレゼントについて解説

そもそもの意味で父の日前日にプレゼントを渡すのはマナー的にNGか?

父の日を考えてみると、早く渡せばそれだけ喜んでくれると思うし、実際にいいのではないかと思うこともあると思います。まずはマナー的に考えてみるとこのようなケースはOKとされています。お祝いではなく、感謝とする父の日であるので前日に渡すということは特に問題のあるものではありません。しかし、これは父の日単体で考えた場合であり、父の日には誕生日があるようなケースがある方も居ると思います。そうなってくると実は話が違ってくる場合もあるので、そのあたりに該当している方は、次のものを参考にしてみてください。

父の日前日にプレゼントするのがNGなケース

こちらは冒頭で紹介したとおり、父の日前日にプレゼントしてはいけないケースがあります。それは誕生日がある場合ですが、特に一緒にそのプレゼントを父の日前日に行う場合はお祝いとなってしまうため、NGと見なされるケースがあります。理由としては、お祝いは遅れても良く、悲しむような葬式などのイベントが早ければ良いとされているからです。前祝は良くないと考える方もいます。特に父の日にプレゼントする相手が義父であり、それなりの年齢の方ならばそのあたりを重視するかもしれません。現代マナー的に考えてみるとどっちでもいいよという解釈ではありますが、まだまだ今のご年配のお父さん方であれば、ちょっとこのあたりを気にする方というのはまだまだたくさんいます。特に誕生日が父の日や、その後になっているケースであれば、誕生日に合わせてプレゼントをするようにしましょう。繰り返し説明しますが、特に父の日に誕生日があるわけではないというならば、ここまで書いた話は例外であります。

無難に行くならば前日ではなく当日に渡そう

結局どうすればいいのかと悩んでいる方ならば、前日ではなく当日に父の日のプレゼントをするべきです。父の日の考え方はそもそもの意味では感謝ということですが、プレゼントそのものに対する意味は持っている考え方が違うケースも多々あります。特にマナーを重んじるような相手であれば、そのあたりはしっかりと心得ておくべきです。特に義父に渡すのであれば、ちょっとした考え方の違いで誤解されたりしてしまうケースもあります。そんなつもりはなかったのにとならないように頭の片隅に入れておくだけにでもしておきましょう。さて、最後にマナーそのものがちょっとよくわからないという方のために分かりやすく噛み砕いてどのような考え方を持てばいいかということを書いて、今回のお話は終了とします。

最近のコメント

マナーそのものの意味を考えてみよう

さて、ここまで色々なことを書いてきましたが、マナーそのものの考え方についてです。父の日だけならともかく、ビジネスシーンや日常生活などでこれは問われますが、そもそもの意味で何のためにあるのかという考えにもなったりします。それは、相手を嫌な思いにさせないという考え方からあります。父の日とマナーを絡めて考えてみると、喜んでいるのであればそれで良いというのが現代マナーでもあります。しかしながら、相手がどのような考えを持っていて、どのようにというのは案外分からなかったりもします。それならば、あえて無難なラインで行こうというのが日本式の考え方でもあります。このことから、父の日に本当に喜んでいるのであれば、前日だろうとなんだろうとプレゼントして良いです。ただ、その考えがあるかどうかは相手によって考えが様々であるのでなるべく注意するようにしておきましょう。それさえ出来ていれば、完璧です。


スポンサーリンク

シェアする

フォローする

関連コンテンツ+広告
関連コンテンツ+広告