父の日を安くおさえる方法やプレゼントを紹介!

スポンサーリンク

今年は父の日の予算がない、安く抑える方法はないのかとお探しの方に今回はどんな方法で父の日のプレゼントを安く済ませるかということや、プレゼントを選ぶとしたらどんなものがいいかということをお伝えしていきます。特に父の日というのは時期的な意味でも考えて使われる予算が少なかったりする傾向にあります。また、世の中の事情も事情なので安くすることはむしろ良いことです。その一方で立派なプレゼントをしたいという思いもあると思いますので、そのあたりを叶えたい方は最後まで参考にしてみて下さい。

父の日のプレゼントを安く済ませる方法

父の日のプレゼントを安く済ませる方法

父の日のプレゼントを安くおさえる方法

・手作りプレゼントをする
まずは、父の日のプレゼントを安くするのにあたって、手っ取り早く済まそうと思えば手作りプレゼントです。その中でもご飯を作ってみるというのも学生あたりならば手っ取り早く行える安くする方法です。もう少し、しっかりしたものがいいというのであればスイーツを作ってみたりすることも良いです。特にスイーツであれば、最近は業務スーパーがあります。そこでチーズケーキなどのスイーツを手に入れて、アレンジすることも出来ます。甘いものが大好きなお父さんであればぴったりでもあります。筆者のおすすめとしてはまず、このどちらかが良いと思います。また、もうちょっと大人なプレゼントをしたいとなれば手形アートや足型などを手作りすることも可能です。

・孫や子供に関連するものをプレゼントする
あなたのお父さんもしくは、義理のお父さんへのプレゼントならば意外と孫に関連するグッズがかなり安く済みます。なおかつ、お父さんがかなり喜んでくれるものでもあります。例えば先ほど紹介した手形アートは自分達でつくることができたり、依頼したとしてもかなり安くつく傾向にあります。これについては実際どんな物があるのか後半に書いてみるので、参考にしてみてください。

・安く済むジャンルに行ってみる
父の日のプレゼントそのものを考えてみると、あれこれと思いつくかもしれません。ただ、あなたが想像しているジャンルというのはちょっとお高い分野を想像しすぎてしまっているようです。では、実際にどのようなものがあるのかというと例えば髭剃りだったり、耳かきだったりです。特に安くするならば、耳かきを筆者はここではおすすめします。ちょっと考えてみると、すごい高級な耳かきや一般的な耳かきの中での高いものを想像してみてください。恐らく思いつく限りでも、手が出せない値段のものは無いと思います。

・カタログギフトを使う
既に、あなたなりの予算が決まっていればカタログギフトを使う手もありです。味気ないと思うかもしれませんが、一番父の日のプレゼントでNGなのは、好みを外してしまったプレゼントをするということです。しかしながら、カタログギフトであれば、お父さんがほんきでこれが良いなと思ったものを選んでくれます。また、お父さんの好みをそこから発見することが出来るので、新たな発見にもつながるかもしれません。

・手紙を書く
父の日に実はお父さんが一番ほしいものであるかもしれません。そういうのも、父の日にそれなりの年齢であれば、お父さんは自分欲しい物があれば手に入れることは既に働いているので難しいことではありません。しかし、唯一ちょっとやそっとの頑張りでは手に入らないのは、手紙です。実際に父の日には子供と普段話が出来ていない分、心の底の意見などが知りたいと思っているお父さんも多いです。もし、あなたが本気で父の日を安く立派に済ませるならば、今年は手紙を贈ってみましょう。

・スーパーのものを買う
立派にネットショップやブランドショップに行くのではなく、スーパーに実は父の日のヒントが隠されております。例えば、売り場を見渡してみると、父の日当日であればうなぎの販売コーナーが賑わっていたりします。実際に父の日には安く買えるものばかり置いてあったり、プチギフトコーナーもお店によっては充実してくるのでそのあたりを参考にしても良いです。筆者のおすすめとしては、スーパーに行くならばいつもは買わないくらいの入浴剤を手に入れてみると良いと思います。

父の日の安く済むプレゼントを紹介

・らくやきマーカー(コバル)

今後の手作りプレゼントにも1セットもっておきたい

今後の手作りプレゼントにも1セットもっておきたい

こちらは父の日以外でもハンドメイドプレゼントを行っている方ならば1つは持っておきたいところです。お皿に絵を描いて、あとはオーブンで焼き上げるだけでオリジナルのプレゼントをすることができます。なおかつ、タイトルどおり安く済むものなので、父の日以外でも頭の片隅に入れておいて頂けたらなと思い、紹介してみました。こちらとお皿そのものを買っても、1000円以下のプレゼントにもなり、社会人だけど父の日の予算はそこまでないぞという方などにもおすすめです。さらに、子供が居たら、おじいちゃんへのプレゼントとして渡すとどんなプレゼントよりも輝くと思います。

・アルカディア(モロゾフ)

モロゾフは安くておいしい

モロゾフは安くておいしい

安くするならこちらも忘れないでほしいです。こっちは高島屋などのコーナーに行けばおいてあり、300円ちょっとの予算でかなり安く父の日のプレゼントをすることができます。なおかつ、モロゾフというブランドがあるだけにむしろ立派なプレゼントに見えます。さすがにもう少し予算が取れるというならば、缶に入ったオデットというシリーズがあります。見た目も上品で、プレゼント用になっているのでおすすめです。いずれにせよ、古き良きスイーツという感じに仕上がっております。

・爽快ソフト耳かき(ののじ)

耳かきは父の日のプレゼントに定番でもあります

耳かきは父の日のプレゼントに定番でもあります

特にドラッグストアに行けばトップクラスの高さでおいてありますが、父の日のプレゼントとして見ると安く済んでいることにすでにお気づきだと思います。ちなみに筆者も耳かきが大好きなのでちょっと使用感をレビューしてみると、どちらかというと粉のような耳垢タイプの方に向きます。また、掃除もしやすく3つの耳かきが重なっているので、しっかりと耳垢をキャッチしてくれます。かきごこちについてですが、その点だけを追求すると匠シリーズの耳かきが良いですが、目新しさやプレゼント用となるとこっちの方が良いです。

・おつまみベストナイン(おつまみギャラリー伊万里)

ギフト系ならおつまみセット

ギフト系ならおつまみセット

おつまみシリーズも先ほど述べたとおり、安くする方法としては手っ取り早いものであります。逆に何万円もするおつまみを買えるのはほんの一部の方くらいです。こちらのメーカーであれば、9種類のおつまみが入っており、プレゼント用のラッピングもしてくれて届けてくれます。実は筆者もちょっともらって食べたことがありますが、タイの醤油焼きがとてもおつまみにぴったりの味がします。毎日1袋ずつ食べても、1週間以上は楽しめることが出来るお父さんにとってうれしいセットです。

・刺身(お近くのスーパー)

予算が微妙なら盛り合わせも良し

予算が微妙なら盛り合わせも良し

刺身はなんと言っても鮮度が大事です。そして、父の日のプレゼントに安くするならば、スーパーのお刺身は見逃せません。また、本格的に予算が少なければ、パック系のお刺身、もし数千円程度の予算があるならばカツオのたたきを盛り合わせにして、今夜のおつまみとしてお父さんに出してみましょう。そこに感謝の一言でもあればお父さんはかなり嬉しいようです。実際に筆者が安く父の日のプレゼントを考えた時、このパターンで喜んでくれました。ブランド系よりもはっきりと覚えてくれていました。


スポンサーリンク

シェアする

フォローする

関連コンテンツ+広告
関連コンテンツ+広告