母の日が辛い・・・ネットで飛び交う様々な理由とは?

スポンサーリンク

母の日といえば色々と明るい話題だったり、何をプレゼントしようかなと良い方向の悩みがありますが、文字通り母の日が辛いという意見が最近ネット出戸日かっております。辛いにも色々と理由があるので、母の日のあるあるネタとしてお読みいただいたり、意外とあなたにも起こるかもしれないという心構えという意味でもお読み下さい。筆者としての意見も少し対処法として交えておりますので、実際にそういった悩みを持っている方の解決になればなと思いながら、今回の記事を仕上げてみました。

母の日が辛い!?

母の日が辛い!?

母の日が辛い様々な理由と対処法

■プレゼントを捨てられた
母の日のプレゼントを手作りなり色々と頭を悩ませて贈ったものですが、それが母親によって捨てられたというエピソードがあるようです。これは実母や義母ともにあるようなネタです。実母ならばちょっとこれは筆者としてはありえないのではないかと思ったりもしてしまいます。事実としてあることなのですが、親の行動としてありえないということです。これについては次からプレゼントしないようにするか、現金を渡すという対処法しかなさそうです。これはこれで辛いエピソードなので、ちょっと紹介してみました。また、義母にもやはり同じケースがあり、渡したプレゼントを喜ぶわけでもお礼を言うわけでもなく捨てられたという方も居ます。これについては嫁姑関係もあるので、思い切って母の日には渡さないという選択肢を取るしかなさそうです。実の母にせよ、義母にせよ、感謝の気持ちを表しているにもかかわらずそれを捨てるという形で否定されてしまっているので辛いというのも当然の意見な気がすると思った筆者でした。

■母が亡くなった
少し衝撃を受けたエピソードでもありますが、母の日を迎えるたびに愛していた母を思い出して辛いという方も居るようです。確かにこれは亡くした方ではないと分からない意見でもあり、母の日だからこそもっと母親を大事にしておこうという気分にもなる話でした。さて、これは筆者の個人的な意見ではありますが、もしその気持ちをどうして良いのか分からないという場合はなるべくそうやって母親のことを思い出している間は形姿は無いとしても、母親は喜んでいると思ってください。もし、あなたを含め母親の存在そのものを世の中から忘れ去られた時が本当に亡くなった時だと思います。もし、母の日にそういった気持ちを紛らわせたいならば、お仏壇やお墓などにちょっとした供え物を持っていきましょう。そして、泣きたければ泣きましょう。感情や情報を整理するという意味でもかなり重要なことです。もし、気になれば今からでも遅くはないのでちょっと買い物に行って母親のことを思い出しながら何かのお供え物を買ってみましょう。いずれにせよ、亡くなっても悲しんでくれる方が居るというのは母親にとって、とても幸せなことであります。

■母親に申し訳なくて母の日が辛い
世の中を見回してみると、色々な生活をしている方が居り、パートで働いていたり、社員では働いていたり、むしろ無職であったりと色々あります。また、実家で緒世話になりっぱなしということもあり、母親もそれなりの年齢になって申し訳がたたず辛いという思いをしている方も居るようです。それならば、母の日にしっかりと感謝の意思をまずは示して、今後の方針をしっかりと話してみたり、こういうことを考えていると少しでも母親を安心させてあげましょう。もし、病気などのやむを得ない事情ならば、なるべく自分はこうなっているけど、こうやって生きていくということを伝えて母親を安心させてあげてください。そうすれば母親もきっと理解を示してくれたり、道を改めて示してくれたり、納得の行く理由があれば安堵してくれることでしょう。

■年老いた母親を見るのが辛い
これは筆者もそう言われてみればそうかなと思う母の日の辛いエピソードです。確かに年々年老いていく母親の姿というのは、見ていてちょっと寂しい気分にもなります。人間生きていれば年老いていくので仕方のないことでもあります。もし、今そう思っている方がお読みならば、まずは母の日を含めて毎日が価値あるものに変えていきましょう。もしかすると、あなたがまだ、母親から精神的な自立が出来ていないのもあるのかもしれません。そのあたりは個人の事情によって様々ではありますが、ちょっとでも日常の行動を変えるきっかけになればなと思います。

■義母と毎年会うのが辛い
これは母の日の辛いエピソードでは恐らく大半のお嫁さん方が体験していることだと思います。母の日は毎年子供を旦那の実家に連れて行って母の日を過ごしているというケースも少なくはありません。そこで旦那の知らないような範囲で心無いことを言われたり、プレゼントをしても捨てられたり、喜んでくれなかったりと色々なエピソードがあります。これは毎年くるものなので、旦那とかなり話し合ってみたり、プレゼントを渡さないという選択肢もあります。珍しくもなんともないことなので、世の中の意見に左右されずあなたの過ごしやすい環境を構築してみましょう。

■お母さんがむしろ母の日を忘れられて辛いよ!
お母さんになれば母の日には忘れられたということもあります。むしろ世の中はこういったケースが大半でもあります。あえてそういうものだと割り切って過ごしてみたり、自分に対して毎日頑張っているからちょっとしたプレゼントくらい買っていいよねということで買いに行ったりと色々なケースがあるようです。もし、母の日を忘れられて辛いという思いをしているのならば色々考え方はありますが、自分の気に入る方向に持っていけるようにあなたもちょっと行動パターンを変えてみましょう。そうすることで毎年の母の日も楽しみになると思います。


スポンサーリンク

シェアする

フォローする

関連コンテンツ+広告
関連コンテンツ+広告