母の日の小学生ができるプレゼント!おこづかいがなくても、手作りで!?

スポンサーリンク

気づいてみればもうそろそろ母の日になりそうです。今回は小学生が出来る母の日のプレゼントについて紹介してみたいと思います。小学生というとあまりお小遣いに自由がきかなかったり、そもそもまだもらってないという方も少なくはありません。そんなときには手作りプレゼントで対応してみましょう!また、お小遣がある方ならば、それをほんの少しだけ使ったプレゼントなど、どんなものがいいか紹介してみたいと思います。どんな方でもプレゼントできるような内容になっているので、これは作ってみたいというものがあれば、作ってみてください。

母の日に小学生ができるプレゼントを教えます

母の日に小学生ができるプレゼントを教えます

母の日の小学生が出来るプレゼント【手作りもあるよ♪】

・お手紙を書いてみよう

実はお母さんが一番ほしいもの

実はお母さんが一番ほしいもの

母の日のプレゼントではお手紙を書くというのは小学生ならばできるプレゼントでもあります。ちょっぴり恥ずかしいかもしれませんが、あなたが今お母さんへの思いを書いてみることでどんなプレゼントよりも感動してくれます。考えてもみて下さい、お金があって買えるプレゼントは正直大人になっても可能です。しかし、今のあなたからできる心のこもったプレゼントはお金をいくら払っても買うことが出来ません。それくらいお母さんにとって大事なプレゼントでもあります。母の日のプレゼントで一番お母さんがほしいと思っているのでプレゼントしてみましょう。それでもちょっと恥ずかしいとなれば奥の手があります。それは英語で書いてしまうことです。「Happy Mother’s Day ~お母さんありがとう~」というメッセージをお手紙に書いてみましょう。

・掃除をしてあげよう

動いて感謝を示そう

動いて感謝を示そう

小学生ならば作るほどの器用さもないし、おこづかいもちょっと足りないということがあると思います。そんな時何が出来るかというのは、掃除です。そんなものでもいいのと思ってしまうかもしれませんが、お母さんは思った以上に忙しいです。掃除をしたいなと思っても、仕事や炊事などで忙しくてそれどころではないという母親が今の世の中ではとても多いです。そんな時、あなたがお母さんに代わって掃除を一生懸命してみましょう。それだけでもお母さんに感謝してるということが伝わります。

・サラダを作ってみよう

素敵な母の日の手作りプレゼント!小学生はチャレンジ♪

素敵な母の日の手作りプレゼント!小学生はチャレンジ♪

お家に余っているものがあれば、今日の晩御飯の一品にサラダを付け加えてみましょう。レタスときゅうりがあればOKです。レタスは手でちぎって、洗いましょう。きゅうりは、包丁の背中でイボを取りながら、好きな形に切ります。そして、お皿に盛り付けて完成です。しかし、これだけでは小学生でも家庭科を習っている方ならちょっと物足りないと思うかもしれません。そんな時に、ドレッシングも手作りしちゃいましょう。サラダ油大さじ2杯、醤油大さじ2杯、コショウ2振り、酢大さじ1杯で混ぜ合わせてみてください。面倒な方は大さじとか考えずに適当に混ぜても意外とおいしいです。サラダ油をごま油に変えるともっとおいしいです。

・アイスを買ってみよう

そろそろアイスがほしい季節

そろそろアイスがほしい季節

これからの季節そろそろアイスが食べたいと思っているお母さんくらいの年代の方は多いです。そこでアイスを買って食後のデザートにお母さんと一緒に食べてみるという母の日のアイディアもあります。筆者は小学生の頃は、母親の大好きなアイスを母の日に買ってプレゼントしてみましたが、かなり大喜びでした。その時にアイスを持っていくだけだと、何でアイスなのかなと思われるのでお母さんいつもありがとうという言葉をかけるようにしましょう。これだけで、あなたの母親はとても幸せになります。

・カーネーションをプレゼントしてみよう

お小遣いが無ければ手作りで

お小遣いが無ければ手作りで

母の日といえばカーネーションです。海外の方が母の日にカーネーションを贈ったことが由来して、プレゼントするようになっているようです。花屋さんに行ってみると置いてあるので是非とも買ってみてください。「ってか、おこづかいないよ!」という方はカーネーションを手作りしてみましょう。ちなみにおりがみや、フェルトなどで作ることができます。しかも、めちゃくちゃ簡単です。こういった愛情のこもったプレゼントも器用な方であれば、2~3本作って渡すようにしてみましょう。

・カップケーキを作ろう

小学生でも簡単に作れる母の日の手作りプレゼント

小学生でも簡単に作れる母の日の手作りプレゼント

まずは自宅に卵があるかどうかを確認します。そして、100円ちょっとのおこづかいがあればすぐさま100均に行ってみましょう。パウダーと卵を混ぜてマグカップや調理用のカップなどに入れてレンジで2分間くらい温めることでかなりおいしいカップケーキができます。出来るならば、ちょっとかわいい熱に強いカップなどに入れてあげましょう。実はあまり料理について分からない方でもしっかりと作りやすいようになっております。そんなことから、女の子でもなく、男の子もチャレンジしてみてください。

・ビスケットをアレンジしちゃおう

これがケーキになっちゃう!?

これがケーキになっちゃう!?

なんとビスケットがケーキになっちゃいます。自宅にクリームがある方は費用が100円くらいで済むのでおすすめです。ビスケットにクリームをどんどん重ねて行って、ラップをかけて1日放置するだけという簡単なものでもあります。実際に筆者も食べてみると、本当に食べてみた感じケーキのようになっていてちょっと感動しました。さて、クッキーは買えるもののクリームは無いし、ちょっと高いよということもあります。そういう場合はこの動画の手順をそのままアイスにしてしまう方法もあります。200円くらいの費用にはなりますが、母の日の手作りプレゼントスイーツとしては素晴らしいものになります。ケーキなら冷蔵庫ですが、アイスならささっと作り、冷凍庫で寝かせましょう。

・似顔絵を描いてあげよう

似顔絵もよし!

似顔絵もよし!

何気にお母さんがほっこりする母の日のプレゼントは似顔絵です。得意ではなくとも一生懸命書いたことに意味があります。そういったものでも大丈夫かと思うかもしれませんが、このシーズンにスーパーをよく観察してみてください。母の日になると似顔絵がスーパーに掲載されており、それをスマホで撮影しているお母さんを頻繁に見かけます。それくらいお母さんというのは子供の描いてくれた似顔絵がとってもうれしいのです。なるべくお母さんは美人に描いてあげるようにしましょう。

・思い出スライドショーを作ろう

お小遣いがなくともできる小学生の母の日のプレゼント

お小遣いがなくともできる小学生の母の日のプレゼント

これはスマホを持っている小学生におすすめなのですが、今や動画を作るというのは簡単になりました。そこで、思い出のスライドショーを作ってみましょう。なるべくあなたとお母さんの写真を入手することが必要です。もし、なければお母さんはあなたとの思い出の写真をアルバムなどに保存しているので、これまでの成長過程をあなたのスマホで撮影しておいて、BGMなどもいれてみて、お母さんへのメッセージなどを載せておくと良いです。これ以上無い母の日のプレゼントでもあります。


スポンサーリンク

シェアする

フォローする

関連コンテンツ+広告
関連コンテンツ+広告