母の日に現金ってどう?相場は?

スポンサーリンク

母の日のシーズンになると現金をプレゼントするという方が居ます。果たしてそれについてどうなのかということを世の中の意見を含めて解説していきたいと思います。まず、母の日といえば物を贈るのがプレゼントとしては一般的ですが、世の中の皆がそうしているかというとそうではありません。もちろんあなたのように現金を母の日にプレゼントしようかなと考えている方も居ます。ただ、例外もありますのでそういった面を含めてこの話題をもっと掘り下げてみて解説してみたいと思います。

母の日の現金と相場について

母の日の現金と相場について

母の日に現金をプレゼントするかどうか迷った場合

まず最初に結論じみたことを書いてみると、あなたの母親が喜ぶかどうかです。お金の考え方については人それぞれあります。母の日のプレゼントでは考えてくれた物の方が良い場合も、もちろんあります。反対に、現金が良いという意見もあります。理由としては、せっかく物を買ってくれたとしても自分が欲しいものではなかったり、現金の方が母の日にもらえると単純に嬉しいからというリアルすぎる理由もあります。

それで、あなたの母親の場合はどちらが良いかとますます迷ってしまうことがあると思いますが、そんなときには手紙と現金をプレゼントしましょう。ちなみに手紙は母の日に欲しいものランキングにも入っており、現金も同様に入っております。現金だけでは何だかなと思っている方はあくまでも現金は母の日のプレゼントとしておまけだよというニュアンスで渡すようにすれば特に不自然な感じもせず渡すことが出来ます。その他、500円程度のプチギフトを混ぜて母の日に渡す方法もあります。そんなことから母の日にはプチギフトがよく売れています。

母の日に500円以下で買えるおすすめのプレゼント

そのときの反応を見つつ、来年の母の日のプレゼントに活かしても良いです。実の親であれば、母の日に現金ってどうなのと単刀直入に聞いても良いと思います。そちらの方が生活の足しになったりプチ贅沢が出来たりとそれなりのメリットが母親にとってもあります。

さて、実の親でなければ義母に現金をプレゼントするかどうかという迷いもあると思いますが、この場合はやめておくようにしましょう。特に現金がほしいという要望が無い限りは、常識を疑われてしまったりすることもあります。何より予算が今あったとしても、将来的にあなたの手元にそれだけ出す余裕があるとも限りません。このプラスマイナスで考えて見ると義理の母にはやめておいたほうが良いです。仮に、毎年1万円をあげていたとして、来年はちょっとお財布状況がきついとなってもそれ以上下げるわけにもいけないようになってしまいます。

実の親ならば簡単に説明すると以心伝心なので分かってくれると思いますが、義理となるとむしろ一緒に暮らしている期間はほとんど無いに等しいので、母の日に現金はやめておくほうが懸命です。とはいえ、実の母であれど義母であれど母の日には感謝を示すことが出来て、喜んでくれたらそれで良いことだと思います。そんな様々な理由があってか、もちろん現金をプレゼントしている方も居ます。それでは、相場はどのくらいなのという次なる疑問が浮かぶと思いますので、そちらについて解説していきます。

母の日の現金の相場はどのくらいか?

まず、母の日に現金をプレゼントするならば一般的な相場は大体5000円から1万円の間になっているようです。普通にプレゼントするときの予算よりも大体金額的に2000円くらいは上がっているような感じです。その相場はちょっとという場合は3000円程度の現金と、何か小さなプレゼントを渡すという方法を行っている方も居ます。あくまでも現金はおまけだよという相手の立場もうまく保ってあげる良い方法でもあります。特に初めてだと、息子や娘のお金をあてにするつもりは無いと複雑な思いをさせてしまうこともあります。

また、誕生日が近かったり、過ぎていたりすると祝儀袋に入れて表には何を書くかと迷ってしまうと思いますが、感謝という文字があれば個人的には良いと思います。マナー的には決まっていないので表に感謝と書いて、裏にはそのメッセージを書くなどをしても良いです。もしくは誕生日は現金として手紙を母の日として、別々にする方法などもあると思います。そのあたりは個人のやり方によるので、相場等も含めて一緒に考えておきましょう。誕生日などではないのであれば、祝儀袋ではくちょっとした封筒に入れて渡すとよいです。

母の日に現金で誕生日ではない場合はこんな袋に入れてみよう

母の日に現金で誕生日ではない場合はこんな袋に入れてみよう

そもそもの意味で母の日に現金のプレゼントはマナー違反になるか

母の日に現金を渡すのはマナー違反かどうかということを考える方に向けても解説してみたいと思います。一般的に考えると、母の日に現金を渡すのはマナー違反にはなりません。マナーのそもそもを考えてみてみると、相手と自分が楽しく過ごすことがマナーです。それを変に考えすぎるのがむしろマナー違反となってしまうこともあるので、深く考えずに相手が喜ぶのであればそれで良いと思います。


スポンサーリンク

シェアする

フォローする

関連コンテンツ+広告
関連コンテンツ+広告