花見が雨天の場合、場所はどうするか教えます!

スポンサーリンク

花見が雨天の場合というのは、誰しも予測してしまいがちなものです。実際にそのような場合もあり、せっかく皆時間を合わせて準備したのにとなってしまうこともあります。頼んでいるものも当日キャンセルというわけにもいかなくなります。雨天の場合というのはかなり厄介なように思えますが、発想の仕方を変えてみたり、場所は予めどのようにするのかと提案するためにも必要です。そんな場合どのような場所が良いのかということについて説明してみたいと思います。また、前もった準備が必要なので、予め出来ることは出来ることでここで先に対策をうっておきましょう。

花見が雨天の場合場所はどうする?

花見が雨天の場合場所はどうする?

花見が雨天の場合に場所はどうする?こうするといい!

・花見が出来るお店にいく

花見が雨天の場合は、花見ができる場所としてお店を予約する

花見が雨天の場合は、花見ができる場所としてお店を予約する

花見シーズンになると、桜を眺めながら食事を出来るようなお店もあります。予め準備するものが無かったりするような場合には、花実が出来るお店やカフェなどが意外とあります。自分の住んでいる都道府県名と飲み屋なりカフェなりで調べてみると案外出てくることが分かると思います。また、周辺の桜が見える場所だけは把握しておいて、その周囲のお店を選ぶというのも雨天の場合には遠巻きに見ながら、花見をしてみるというのも意外と楽しいものです。これは友達などと一緒に花見をする場合に有効です。また、夜桜が出来るようなおしゃれなフレンチやイタリアンのレストランもあるので、それはそれでとても楽しいです。予めそういった雨天の場合に余裕で対応できるようにそのようなお花見プランを考えてみるのもいかがでしょうか。

・花見ですることをする

花見で楽しめることをアンケートで取ってみて、雨天の場合はそこを花見の場所に

花見で楽しめることをアンケートで取ってみて、雨天の場合はそこを花見の場所に

ちょっと言っていることがわからないと思うので、花見に参加するメンツでまずは何が楽しみかということをアンケートを取ってみても良いです。そして、雨天の場合飲みならば飲み、歌うことなら歌うことといったように、参加するメンツによって予めアンケートを取ってみて一番良い場所を雨天の場合集合場所として決めておいても良いです。花見そのものができない場合もありますが、何かと皆で楽しくやりたいというのも花見の目的の1つでもあります。その方が花見の代替としても皆楽しめるということで筆者は友達などと集まった場合はそうしております。

・屋根付きの場所に予約を切り替える

花見が雨天の場合は屋根付きの場所を考えておくのも良いです

花見が雨天の場合は屋根付きの場所を考えておくのも良いです

まだ花見までに時間がある場合などには花見は雨天の場合にも対応できるように、屋根付きの場所にしてしまうという手もあります。多少は濡れてしまうかもしれませんが、それでも花見の計画を何となく中止しなくとも済みます。特に昼間などに集まったりするような会社で、中止も雨天の場合といえどしたくないという場合におすすめです。やはり、皆せっかく時間を合わせてくれたので何としてでも実行したいものです。その場合は濡れないように、ビニールシートなどで、一部かけて横降りに対する雨よけのために花見を雨天の場合でも楽しめるようにしておきましょう。BBQをする場合は、酸素は必要なので完全に空間をビニールシートなどで覆わないようにしてください。

・空いている人の家にお邪魔しちゃう

空いている方のお宅に花見が雨天の場合お邪魔しちゃう手も

空いている方のお宅に花見が雨天の場合お邪魔しちゃう手も

花見が雨天の場合で、自分の家ならば来ていいよという方が居るならば、そこにお邪魔させてもらうという手もあります。特に友達間などではかなり有効です。なんとなくこれも友達だったりそれに近い仲ならば皆でとりあえず花見代わりとしてワイワイ出来るのでこれはこれで楽しいです。せっかく作った弁当や頼んだオードブルなども持ち寄って、話しに花でも咲かせましょう。雨天の場合でもこういう楽しみ方をしている人は世の中に意外と居ます。

・ホテルの会議室を予約する

花見が雨天の場合ホテルの会議室を場所にする

花見が雨天の場合ホテルの会議室を場所にする

これは意外と穴場な場合が多く、ホテルの会議室をわざわざ花見で予約する方もほとんど居ません。お邪魔できる家もなく、というような会社の場合にはもってこいです。筆者は、ホテルに勤めていたということもあって、花実は雨天の場合でも会議室で楽しめるようにとすでにプランが練られていました。もし、そういう用途で利用するというと快く受け入れてくれるホテルはあるのかと聞いてみたところ、そのようなお客さんもたまに居るということで、このプランは良いなと思いました。少しコストはかかってしまうかもしれませんが、雨天の場合に備えて考えておくのも良いです。

・会社ならば社内で

許可を取った上で社内を雨天の場合花見の場所にしてしまう手も

許可を取った上で社内を雨天の場合花見の場所にしてしまう手も

社内で雨天の場合は楽しむ方法もあります。会社によっては中から桜が見えたりということもあると思います。意外とこういったイベントを経営者が進んで開くことも多いため、そういった場合には社内で出来るように許可をもらっても良いです。そういった場合、室内を汚してしまったり臭いをつけてしまわないようにというような方法でBBQではなくたこ焼きやお好み焼きに切り替えたり、弁当にしたりと臨機応変にいきましょう。それはそれで、他の観光客などに迷惑をかけることもないのである程度社内で騒いでみることもできます。こういったプランの方が実は花見シーズンは寒いので良かったりもします。

・車の中でゆったりと花見

デートの場合は車の中から花見をするのも良いです

デートの場合は車の中から花見をするのも良いです

単純にデートなどで花見でも雨天の場合というならば、車の中からゆったりと眺めるのも良いです。これは会社や大人数の友達には向かないかもしれません。雨の中車でゆったりと道を走ってみて一通りゆっくりと眺めるというようなプランもおすすめです。そして、ある程度見回ってみたらその後はどこかでお茶や食事をしてみるのも良しです。

・船を予約する

雨天の場合、船を予約しておくことで花見と場所取りもできる

雨天の場合、船を予約しておくことで花見と場所取りもできる

花見で雨天の場合でもそれなりに花見を楽しんで食事も楽しみたいということもあると思います。実はお花見専用の船も準備されていることもあり、雨天の場合ならばある程度の予算がある場合は予約してしまうのもおすすめです。それならば、現地まで車で集合して解散ということもあります。このくらいの時間で切り上げるという目安もあるのでビジネスライクな中ならばこれでも良いかもしれません。

・キャンプ場を探してみる

花見が雨天の場合という時に備えて、場所はキャンプ場に

花見が雨天の場合という時に備えて、場所はキャンプ場に

花見で雨天の場合はキャンプ場が意外と穴場な場合もあります。特に会社のイベントや友達との花見の参加場所ならばかなりの暴風雨ではない限りは、キャンプ場が意外と使えます。施設代はそれなりにかかってしまいますが、一人当たりの負担では意外と安いものです。人が居ないことも多く、いつも以上に張り切ってワイワイと楽しんでも大丈夫です。ちょっと雨が降ってしまったというような雨天の場合ならば余裕で花見は楽しめるので、このプランを前もって考えれるならばそれも考慮しておきましょう。

花見が雨天の場合ならば濡れないようにすることも必要!前日のことも考えよう!

まだまだ花見で雨天の場合は諦めてはいけません。雨天の場合というのはどうしても春という季節を考えてしまうと、簡単に天候も変わりやすいです。余程の雨ではない限りはレンタルできるようなテントや屋根を場所によっては設営してみることもおすすめです。公園の場合はそのようなことが禁止されていることもあるので、予めそういったことは可能かどうかなども調べておいてください。また、ある程度レジャーシートで周囲を覆うというような方法もあります。それならばある程度の雨もしのげることができます。さて、前日に雨が降ってしまったという場合もあります。そうなってしまってはレジャーシートを敷いても濡れてしまうということもあると思います。既に場所取りなどを開始している場合は、レジャーシートを2枚重ねてみたり、その間に大きなビニールシートをさらにおいてみたり、ぬれないような対策はいくらでもできます。椅子付きの施設や場所などを更に準備してみることでこれらは予め対策で切るので、雨天の場合も楽しめるように計画してみてください。


スポンサーリンク

シェアする

フォローする

関連コンテンツ+広告
関連コンテンツ+広告