花見のマナー!ビジネスから一般的なものまで紹介!

スポンサーリンク

花見のマナーについてお探しの方に向けて今回はビジネスマナーから一般的なものまで紹介してみたいと思います。マナーについて知りたい方や社会人でまだまだ若い方、そもそも花見のそのもののマナーについて知りたいという方まで幅広く紹介してみます。特にビジネスライクなシーンで出来ていないと上司に怒られてしまったり、何より恥ずかしい思いをしてしまうこともあります。花見にありがちなシーンなども照らし合わせてマナーをしっかりと勉強してみてください。基本的な今回のマナーの考え方としては相手や周りをどのくらい花見で考えられるか、思いやれるかを中心に説明します。

花見のマナー!ビジネスから一般的なものまで!

花見のマナー!ビジネスから一般的なものまで!

花見のマナー、ビジネス観点から説明します

・上座と下座はどのように決めるか
花見のマナーにおいては上座と下座をやはり考えなくてはなりません。入り口から基本的に近い場所が下座で遠い場所が上座です。花見なので予め入り口を決めておいたり、そもそも靴の脱ぎ場所が決まっていたらそこを上座として考える方法もあります。もしくは花見なので桜の位置を中心として考える方法があります。それでもちょっとビジネスマナー的に分かりづらかったりする場合は上司や社長が座っている位置を中心に考えましょう。

・花見でお弁当がある場合
花見で場合によってはお弁当の場合もあると思います。配る時は基本的に部下がするのがマナーです。配り方としては、花見ではお手拭や飲み物を先に配るのがマナーです。その後、箸や味噌汁の類などがあれば配ります。飲み物を出す場合は、左側から出すようにして上司などから見て左の方に置くのがマナーです。また、配る順番でも上司やお客から順番に配っていきます。言うまでもなく、会社への来客があるならばまずはそちらからです。また、食べる時はお箸の持ち方を注意し、適度に会話も挟むのがマナーです。上司や来客の飲み物がなくなりそうだったりするとそのときにしっかりと飲み物を注ぐようにしましょう。上司より先に食べ始めるのは花見ではマナーがなっていないと思われます。食べ終える時も同じタイミングか、できれば遅めに食べるようにペース配分しましょう。色々書いていてあたまがこんがらがってくるかもしれませんが、全て相手への気づかいを行うことに基づいているというのがマナーであることをお忘れなく。

・花見でバーベキューをする場合のマナー
花見でもバーベキューをするときがあります。基本的には部下が調理をするのが役目です。むしろ上司が労って調理してくれる場合もありますが、そのような場合はなるべくお礼の言葉や次は自分が焼きますというようなことを伝えておきましょう。バーベキューの時は基本的に網にこびりつかないものから焼くのがマナーです。間違ってもタレのものから真っ先に焼かないようにしてください。出来れば相手の好みの焼き加減などを伺っておくと良いです。マナーというよりは思いやりの範囲です。さほど高そうな肉類に見えなければ、しっかりと焼くようし、厚切りのものであったり、霜降りのものであったらレアくらいの焼き加減がおいしく食べることができるので、そのあたりはしっかりと見極めて妬いてみましょう。特に指示をされることはないと思いますが、マナーの考え方をたどってみると思いやりという範囲で考えるならば、やはり一番おいしく食べることができる焼き方にするのが良いです。

・飲みについてのマナー
これは特に上司側に向けて書いておきたいところですが、この時代において飲み物の強要はしないようにしましょう。一気飲みや次々と特定の飲み物をついでいく行為や、飲めない人に飲ませる行為などはこの時代においては段々あなたに責任がシフトしていくようになります。時代は変わってきました。会社も色々な場所から指導が入る場合もあるので、会社に迷惑をかけないという意味でのマナーを守りましょう。また、飲む側もなるべくべろんべろんにならないように、しっかりとペース配分をしておきましょう。どうしてもそういう会社の花見での飲みに参加してしまったとなる場合は、飲みすぎた演技をしてしまうのも良いです。

・乾杯の仕方間違ってませんか
花見のビジネスシーンでは乾杯するシーンもあると思います。そのときにかんぱーい!とグラスをゴチンと音をさせている人が居ますが、明らかにマナー違反です。食事中に音を立てしまうことはよくないので、なるべくグラスを向かい合わせるくらいにしておきます。特にお店を挟んだ花見をする場合は、グラスにヒビが入ってしまうこともあります。何度も書きますが、相手などへの配慮がマナーです。文字通り掛け声と共に乾いた杯になってしまわないように気をつけましょう。

・電話はなるべくマナーモードに
花見は基本的に食事をすることがあると思いますが、その時は絶対にマナーモードにしておきましょう。食事に共通して言えることは音を立てないことがマナーです。会社のシーンであれこれと音を出していると常識を疑われるきっかけにもなります。育ちにも関係していると判断する方も居るので、これだけはしっかりと守っておきたいところです。花見中に特に上司の誘いがなければスマホゲーなども控えるべきです。そもそも花見の席で誘ってくるほどフランクな会社ならばあまりそのあたりは考えなくとも良さそうです。

・会社の仕事の突っ込んだ話題はしない
これは会社そのものや、クライアントそのものに対するマナーでもあります。特に花見ならば仕事の話をしたい場合もあると思いますが、会社のプロジェクトによっては社外秘のものだったりすることもあります。そんな話を不特定多数の居る方の中で話すのはよろしくないことです。花見で気合のあるアピールをするのも良いですが、仕事の話は聞かれたら漠然とした答えを出したり、相手もこのことを知らない可能性があるので他の方も居るので、また改めてという感じで営業トークをかけても良さそうです。それなりに興味を持ってくれるきっかけにもなります。

・食べ物を残さない
当たり前のことですが、出来れば食べ物を残さないことが理想です。苦手な食べ物があるかもしれませんが、その時は残しても良いと思います。ただ、全て食べるのは基本的なマナーでもあるのでしっかりと心得ておきましょう。

・盛って渡す必要があれば、来客や上司を先に
何か食べ物をお皿などに盛って渡す場合は、来客や上司に先に渡すようにしましょう。どちらも居る場合は、来客をもてなすことが必要なので、まずは来客を先に渡すようにします。

・来客や上司より早めに着く
会社などのシーンであれば来客や上司と集合時間を決めていると思いますが、なるべく早めに着くことをおすすめします。お若い方であれば、場所取りなどの関係で先に着くことが必然的になっているかもしれません。場所取りに行く場合で上司が居る場合は、それよりも早めに着いていることが必要です。相手を待たせないようにするのが花見でのマナーです。

・撮影をしてもアップロードしない
たまに会社で記念撮影をしたり、花見のシーンの報告をしようとしている方も居ますが、なるべく会社のブログやSNSにアップロードしないことをおすすめします。タグ付けなどマナーにおいては論外です。さて、どうしてもアップロードしなければならないという場合もあると思います。その際は許可を取れている方以外はなるべく顔が分からないような処理をほどこしておくべきです。会社はそれについて突っ込まれると何も言えなくなります。

花見のマナーで一般的なものも解説します

・自然を大切にする
花見でのマナーですが、自然を大切に出来ていないこともあります。桜の上に乗ったり、木の一部を持って帰ったりするのはやめましょう。また、その場で食べ物や飲み物を捨てて帰る人が居るかもしれませんが、これについてもやめておきましょう。出来ているようで出来ていないマナーです。特にそのせいで、来年からは花見の場所に出入りすることを断られたということもあるので、なるべく自然に対してもお行儀良くがマナーです。

・大声を出したり騒ぎすぎたりしない
花見というシーンではあなたのグループだけの参加ではありません。周辺の住民や、静かに参加したい方も居ます。楽しむなといっているわけではなく、たまに盛り上がりすぎて大声になっている方を見かけます。ある程度のマナーを守った声量で会話できない方は、出身地そのものを疑われる可能性もあります。また、社会に出ている肩や出る前の方はこれがあるかどうかだけでも違ってきます。これが原因で実際に取引に失敗した方を見かけました。くれぐれも、社会に出る可能性があったり、既に出ているならばマナーの範囲でなるべく周囲に声で迷惑をかけないことです。また、大声で笑う方も居ると思いますが、それもなるべく控えるようにしましょう。マナー違反どころか、迷惑です。

・ゴミはしっかり持ち帰る
花見のマナーでは相手に迷惑をかけてはいけないということは既に何となくお分かりいただけているかと思います。ゴミはしっかりと持ち帰る必要があります。花見での最低限のマナーでもありますが、何より最近はこれらを監視する活動が増えています。特に個人で捨てているとなると、下手をするとSNSにこんな人が居たよとアップロードされる可能性があるので要注意です。

・記念撮影をした後はなるべく自分らで楽しむ
花見をした後はネットなどで楽しんできた共有をすることがあるかもしれませんが、なるべくその時は顔にぼかしの処理を入れるようにしましょう。場合によってはこれが原因で思わぬ事態を招いたということもあります。楽しい花見のつもりが、後にということもあります。恐らくココをお読みの方ならば相手を考えることが出来るので、そのようなことをすることはないと思いますが、なるべく個人が分かるような写真は共有しないのが身のためです。これは現代ならではのマナーとも言えます。

・場所取りは必要最低限
花見のマナーとしてですが、場所取りは必要なスペースだけ確保するようにしましょう。たまに、3人のところを30人は余裕で座れるのではないかくらいの確保をしている方も見かけます。恐らく周囲から白い目で見られるので分かるかもしれませんが、ナチュラルにこれまでに似たようなことをやってきたならば、なるべく今年の花見はマナーとして控えるようにしましょう。

・火気厳禁は守る
火気厳禁のところは理由があって火気厳禁になっています。自然を守るためであったり、周囲に引火してはいけない施設などがある場合もあります。また、条例で決められていることもあるので、マナーとしてしっかり守っておきましょう。火を使わなければ良いだけで、電源を使えるところもあります。具体的にどうなっているのかは公園や場所の管理者に問い合わせてみましょう。場合によってはマナーを守れていないと行政指導が入るはめになります。


スポンサーリンク

シェアする

フォローする

関連コンテンツ+広告
関連コンテンツ+広告