入学式のスーツとリクルートスーツの違いはあるか分かりやすく解説します!

スポンサーリンク

そろそろ入学式のシーズンでスーツを手に入れようと思っている方も多いと思います。そこで思い浮かぶ疑問が、入学式に使うスーツとリクルートスーツに違いはあるのかという疑問が思い浮かぶと思います。そんな方に向けて今回は分かりやすく解説してみたいと思います。また、色々なサイトで入学式のスーツとリクルートスーツについて一緒の説明をしているところも多いので、そのあたりの違いについてもしっかりとマナーの範囲も含めてこの際把握して頂ければ幸いです。それではまずは、それぞれの違いについて説明してみたいと思います。また、出席する立場によっても違うのでそのあたりを注意して、あなたがどの立場なのかを考えつつ該当箇所を読んでみてください。

入学式のスーツとリクルートスーツの違い

入学式のスーツとリクルートスーツの違い

入学式のスーツとリクルートスーツのハッキリとした違いについて

こちらは本来という意味で解説しているので、最近はちょっと違います。読む時間がない方は次の項目まで飛ばしてください。まず、入学式に使うスーツとリクルートスーツのハッキリとした違いというのは真っ黒であるかそうでないかです。出席する方の立場によってもスーツは違います。いやいや、リクルートスーツでも真っ黒な人は居るよとツッコミが入りそうなので、もう少し分かりやすく解説してみると、まず入学式に選ばれるスーツというのは黒めのセミフォーマルスーツが選ばれることがあります。理由としては正式な場所であることなので、スーツもやっぱり黒色のものが本来求められます。主役の入学するような生徒は若干明るい色のものを使っても良いのですが、親ならば黒色のスーツを選ぶのが本来のマナーです。理由としては主役よりは目立ちすぎないようにというところからです。あまりにも黒すぎると、礼服と呼ばれるので、これは結婚式や葬式で使うものになってしまうのでこれまた難しいところであります。このことから、リクルートスーツにはあまり黒すぎるスーツというのは選ばれにくい傾向にあります。恐らくこれらの疑問が解決したところで、入学式に使うスーツはセミフォーマルなものか、リクルートスーツでいいのかという疑問が浮かんでくると思いますので、それについても説明してみたいと思います。また、お読みのあなたが学生であるか、保護者であるかによって使うスーツの考え方も若干違ってくるので、最近の動向も交えて紹介します。

★画像で分かる入学式のスーツとリクルートスーツの違い(考え方によるので後半をお読み下さい)

学生が入学式で使うのはリクルートスーツで違いは気にしなくとも大丈夫です

学生が入学式で使うのはリクルートスーツで違いは気にしなくとも大丈夫です

ここまで必要ありませんが、ハッキリとした違いとしてこのようなフォーマルスーツは入学式で生徒以外の方が選ぶ傾向にあります。近年は違うので、後半を要チェック!

ここまで必要ありませんが、ハッキリとした違いとしてこのようなフォーマルスーツは入学式で生徒以外の方が選ぶ傾向にあります。近年は違うので、後半を要チェック!

入学式でリクルートスーツは使って良いかは立場によって違いがある

■学生の場合
入学式で学生がスーツが必要になるといえば、大学や専門学校です。この場合、将来の就職活動を考えてリクルートスーツを選ぶ方が多いです。そもそも入学式にフォーマル系のスーツを選んでいる学生の方は少ないのでいたって普通のリクルートスーツを選びましょう。色については、筆者の体験談から話してみると、黒よりもネイビーや紺色のものをおすすめします。ガッチリとした体型ならば黒の方が良いのですが、そうではない方がほとんどのため、何となく貧相に見えます。色がついている方が若干垢抜けて見えるので良いです。男女共にこれは同じです。

選び方を解説しておくと、男性の場合は2ボタンのスーツがこの場合はおすすめです。理由としてはスーツでも窮屈ではなかったり、今時のおしゃれな着こなしもできて、就職活動などのシーンでもかなり役立つからです。上着を着たときは、襟からカッターシャツが1cmほど見えるものをサイズとして選びます。肩幅のラインはしっかりと合っているかもチェックしましょう。これに余裕がありすぎると、なんだかだらしない印象を受けてしまいます。これはリクルートスーツでも入学式に使うようなフォーマルスーツでも同じです。背面は起立した状態で、シワが見えているといけないのでそのあたりも注意しておきましょう。立った場合のリクルートスーツの長さはヒップがギリギリ隠れない程度のものを男性は選ぶべきです。ズボンは今はやりのぴったりタイプのものを選びましょう。

女性の場合も入学式でリクルートスーツを選びますが、男性との違いも若干あるので気をつけておきましょう。無難なラインでいくならばズボンタイプよりスカートタイプを選ぶべきです。スカートはタイトなものを選ぶのが一般的です。肩幅はしっかりと合っているものを選びます。背面も男性同様に起立した状態でシワがよっていてはいけません。また、女性はリクルートスーツのボタンは全て締めるのが一般的なので、その際にも服がよれていないかチェックしえておきましょう。胸元などのラインを隠したいのも女性ならではですが、今回はしっかりとサイズがフィットしたものを選びましょう。

■親の場合
親の場合はなるべくスーツでもリクルートスーツでも入学式では間違いではありませんが、黒めのスーツを選んでいくのをおすすめします。理由は先ほども述べたとおりです。しかし、入学式に選ぶスーツは最近リクルートスーツのものを着まわししても良いという見解もあるのでこの限りではありません。常識やマナーというのは時代時代で変わってくるので、特にリクルートスーツしかない場合はそれで良いです。これから調達する方は黒めのもので、ラインが入ったものなどを選ぶべきかなと思います。ただ、この場合入学式でも小学校や中学校や高校生というシーンがあると思います。母親の場合は小学校くらいならば白や黒やネイビーなどのカラーを選んでいる傾向が多いです。もしくは桜の入学シーズンをイメージする色です。お祝いなので多少のおしゃれは許されるという風潮です。あくまでも子供より目立たないというのが本来の常識なので、しっかりとそのあたりは考えておいてください。中学校や高校生となると生徒が着る服は学ランやブレザーなどに変わります。この場合、親がおしゃれすぎる格好で着てしまうと、浮いてしまう場合があるのでなるべく黒かネイビーのものを選びます。参加するシーンによって違いがあるので、なるべくそのあたりの違いも知っておきましょう。

■それ以外の場合
先生などの場合は一般的なリクルートスーツや普段の授業で使うようなスーツでも若干フォーマルなものかなというものを選んでいる場合が多いです。なるべく近年は指摘されやすいので黒い格好のものを選ぶべきです。また、来賓などの場合は礼服で参加すべきです。このあたりは言わなくても既に分かっているかもしれませんが、そのあたりの立場の方がお読みの場合で社会が初めてという方に向けて軽く解説しておきました。


スポンサーリンク

シェアする

フォローする

関連コンテンツ+広告
関連コンテンツ+広告