入学式で寒いときの対処法!体の仕組みからも考えよう!

スポンサーリンク

入学式で寒いという思いをしている方は多いです。シーズン的にも屋外は暖かいものの、入学式がおこわなれる室内はとても寒いです。そんなときに限って、服装の観点からもあまり自由が利かない参加者にとって嫌がらせのような思いをするようなイベントです。さて、そんな入学式で寒いと思わないように元々寒がりが暑がりまでになった筆者の対処法を紹介してみたいと思います。また、寒さ対策で使っているものも使い方によっては更に効果を発揮するので、当たり前だと思うものもしっかりと読んで、入学式の寒さに備えましょう。

入学式で寒いときの対処法

入学式で寒いときの対処法

入学式で寒いときの対処法を紹介してみます

・カイロをしっかりと使う
特に寒い思いをしている方ならば、まずは入学式でカイロをしっかりと使いましょう。筆者のおすすめは背中か脚の近くに貼る事です。上半身に貼る場合はなるべく複数貼るようにしましょう。1つでは寒い思いをしている方にとっては足りないので、絶対入学式では寒い思いをしたくないという方にはおすすめです。また、脚の近くに貼るということを書きましたが、寒さを感じにくい方は基本的に脚が元気です。筆者も色々なことがあってか、体作りのためにスクワットを始めましたが、行ってから寒がりになることはほとんどなくなりました。ただし、今回は入学式というシーンなので、いきなりお読みの方にやってから入学式に参加しようというのは無理のある話しです。だからこそ、脚の辺りにしっかりとカイロを寒いときに当てるのが重要です。

・ストッキングやタイツについて
基本的に入学式でのタイツはフォーマルなシーンに活用すべきではないとマナーの観点からも言われているので、控えておきましょう。そうなるとストッキングをいつもより多目に重ねてはいたり、寒さ対策がほどこされているストッキングを使いましょう。重ねて使ったことはない方は、入学式というシーンを考えるとあまり着目されることはないため、あまり他の人にばれてしまう心配はありません。

・温かい飲み物を事前に買う
これは当たり前のようにやっていると思われる方もちょっと注意して読んでほしいことです。ここでは温かい飲み物を入学式の時に飲むという方法を推奨しているのではなく、温かい飲み物を特にカイロがない方などに応用してほしいです。特に周りにわからないように内股の辺りに配置しておくと、意外と入学式での寒さにはしっかりと対応できます。要するに体の元気な方を強制的に再現してやれば良いので、缶やペットボトルを脚ではさんでおくというような方法があります。着席している状態で使える入学式が寒いときの対処法です。周りに見られたくなかったら入学式では鞄とかでカモフラージュをしておきましょう。

・座布団を準備する
腰周りを冷やしてしまっている方も入学式では多く見かけるので座布団を準備しましょう。折りたためてすぐに出したりしまったりできるようなスマートなタイプが良いです。このあたりを冷やしてしまうと、入学式では寒い思いをしてしまうことが多いので、さらに寒さ対策をしっかりとしたい場合は座布団にカイロを貼り付けてしっかりと温かさをキープします。意外と知られていない対処法なので、自宅で試してみて、良かったらすぐに入学式でも取り入れてみましょう。寒いときにおすすめです。

入学式の寒いときに耐えるための前準備

入学式でできる寒さ対策というのは自分がいくら行っていても難しいものです。そこで入学式の寒さに耐えるための前準備と言うものを紹介してみたいと思います。人によっては出来るできないがあるので、これなら自分も取り入れることが出来そうだなというものを積極的に採用してみましょう。

・脚をしっかりと鍛える
何を言っても寒さ対策はこれです。やはり手軽なのはスクワットです。さて、入学式なのにここまでやるのは面倒だし、どうせ、脳までも筋肉で出来ている人がまた書いているのかと思ってしまうかもしれません。ちょっと納得してもらえるようなことを書いてみると、スクワットを行って数日くらいというのは実は人間は代謝が向上している状態です。つまり、前日などに行っていれば入学式の寒さの対処の1つにもなります。代謝が上がっているということは若干のものを食べてもしっかりとエネルギーとして使ってくれるので入学式にご馳走を食べる時に体型面の意味ではちょっと安心できるかもしれません。

・水を普段からしっかりと飲む
寒いときに水なんか飲みたくないと思ってしまうかもしれませんが、これまた勘違いで、寒いときには温かいものと思ってしまうかもしれません。しかしそれは大きな間違いです。人間というものは元に戻るための能力が備わっております。暑ければ汗をかいて冷やし、寒ければカロリーを消費して体温を上げます。水を普段からしっかりと飲むことによって、常に体が温まる努力をするので、入学式まで時間がある方はこの習慣をつけてチャレンジしてみてください。また、水分の流れが全体的に良くなることで女性の方はむくみが発生しにくくもなります。

・睡眠をとり、ストレスを溜めない
入学式で寒いときにはこれが何気に重要です。特に寒さを感じている方は、睡眠が疎かになりがちだったり、ちょっとストレスがたまりやすくなっています。睡眠は前日に入学式というワクワクもあって、眠れない方も居るかもしれませんが、しっかりと取るようにしましょう。また、ストレスを入学式の前後で特に溜めてはいけません。ためるなというのは難しい話なので、なるべく溜まらないようにしましょう。理由としては、次なるストレスに耐えようと人間はカロリー消費から見ても、エコモードに入ります。そうすることで、入学式などの寒いシーンでも寒いと感じたりしやすくなります。実際に冷えを感じて居る方は、精神的な疲れが多い傾向にあります。


スポンサーリンク

シェアする

フォローする

関連コンテンツ+広告
関連コンテンツ+広告