ホワイトデーの渡し方!高校生が義理や本命に渡す時に参考にしたいこと!

スポンサーリンク

ホワイトデーの渡し方について今回は高校生に向けて解説してみたいと思います。その中でも本命と義理のそれぞれのパターンがあると思います。渡し方1つで勘違いされたりすることもあったり、本命への返事のつもりが、義理と受け取られたりという気難しい年齢が高校生です。また、義理への渡し方を間違えるのが高校生にとって一番辛いもので、告白してもないのに相手にふられたという歯がゆい状況になったりということもあります。お返しそのものよりホワイトデーの渡し方が一番重要なので、お悩みの高校生は是非とも参考にしてみて下さい。読み方としては前半で義理、後半で本命や彼女への渡し方を紹介しているので、サクッと読みたい方は目的の場所までスクロールしてみましょう。

ホワイトデーの高校生の渡し方と本命と義理向けに解説!

ホワイトデーの高校生の渡し方と本命と義理向けに解説!

■ホワイトデーの渡し方以外でも注目しておくべきこと
ホワイトデーのお返しでダメなこと!?

ホワイトデーの渡し方で高校生の義理に渡す場合

ホワイトデーの高校生の義理への渡し方はまずは時間に気をつけよう

ホワイトデーの高校生の義理への渡し方はまずは時間に気をつけよう

高校生がホワイトデーの義理への渡し方でまず意識すべきことは何かというと、渡す時間についてがまずは重要ポイントとなります。いくら遅くとも12時までに渡すようにしましょう。もし、それを過ぎて渡すとなると、学生の心理的に本命と受け取りやすい傾向になったり、逆に相手に告白されてしまうこともあります。また、渡す時になるべく誰かがそれとなく見ている状況を選びましょう。これは義理への渡し方ならば大人になっても同じ方法が通用します。もし、勘違いされたとしても周りがしっかりと見ている状況なのでしっかりと覚えておいてくれたり、明らかにあなたと二人っきりではないので相手も重要なシーンと思わない感じで接してくれます。これまでの状況を逆に整理して重要性を再確認してみましょう。12時以降のホワイトデーに相手と二人の状況でお返ししたという状況を義理に行ったら明らかに本気に受け取られてしまいます。渡し方が以下に重要なのかお分かりいただけたのではないでしょうか。ここまで確認できたら、次は渡す時という意味での渡し方を紹介してみたいと思います。

ホワイトデーの渡し方で高校生の義理に渡す言葉やアレコレ

ホワイトデーには感謝の言葉も大事、恥ずかしい場合に使える義理への渡し方を高校生に教えます。

ホワイトデーには感謝の言葉も大事、恥ずかしい場合に使える義理への渡し方を高校生に教えます。

さて、今回は渡し方でも2種類あります。先ほど、ホワイトデーの渡し方ではなるべく人が見ている状況を選ぶ必要があると書きましたが、それでも高校生は意外とシャイな方も多いはずです。そんなときにはメッセージカードを活用してみましょう。内容は「チョコおいしかった!ありがとう!」というようなメッセージで良いです。渡す時の言葉も全く同じで良いので、これが一番簡単な義理へのホワイトデーの渡し方かなと思います。少々状況を間違ったとしても、相手に勘違いされることはありません。また、普通に渡す場合はそれとなくの会話をしている時に「そうそう、これホワイトデーのお返し!」という感じで話がつまったときの渡し方をすると充分です。これらさえしっかりしておけば、あなたと義理の相手の今後の関係は良好になります。確実に状況すら揃えば、少なくとも女子はあなたのことを良い人だと認識してくれます。意外に渡し方は重要だとさらにお分かりいただけたかと思います。将来的になると義理でもらうシーンは確実に増えてくるので、練習として行っても良いと思います。

ホワイトデーの渡し方で高校生のが注意すべきことなど

高校生はホワイトデーの渡し方以外でも気をつけることがあります

高校生はホワイトデーの渡し方以外でも気をつけることがあります

ホワイトデーの渡し方も必要ですが、お返しそのものに気をつける必要があります。例えばネット上で見かけるホワイトデーのお返しは2倍や3倍と書かれていますが、それは大人の事情で経済活性化をさせるために書いていることがあります。謎の常識だったり、本当にそう思っている女子は少ないのでご安心下さい。このあたりさえ注意しておけば渡し方としては完璧です。相手よりもちょっと良い物をお返ししたい場合でも精々2倍程度のものにしておきましょう。それ以上だと恐縮してしまったりする可能性もあります。他には高校生ならば、ホワイトデーの義理への渡し方としては人によって渡すもののグレードを変えることがありますが、女子によってはお返しそのものの数を競っていたりする方もいるので、そういった場合に他の人に私だけこの人と違うという状況になると、特別な感情を持っていたりするのかなと思われたりする可能性もあるのでなるべく皆同じものを同じように渡すようにしましょう。

ホワイトデーの渡し方以外に気をつけたいお返しでダメなこと

ホワイトデーの渡し方で高校生が本命や彼女に渡す場合

高校生がホワイトデーに本命や彼女に渡す場合

高校生がホワイトデーに本命や彼女に渡す場合

さて、ホワイトデーの渡し方で高校生が本命に渡す場合は一番緊張します。本命ならば朝早く渡すということは避けておきましょう。確実に相手にその気があるのならば別ですが、少しでも心配な要素があるならばなるべく放課後か18時以降に渡せるように状況をセッティングしておきましょう。また、特別感を演出するために二人だけの状況を作り出すことも渡し方の1つとして重要なところです。なぜこのあたりの時間を選ぶのかというと、皆帰宅するような時間帯だったりするので、心理的には寂しいなと思う状況が作り出されることになります。高校生に限ったことではなく、人ならば誰しも同じような心理状態に大なり小なりなります。そのタイミングを狙わない手はありません。彼女に渡すならば特に時間の指定はありませんが、ちょっとイイ男を演出したいならば夜あたりに渡すのが良いです。もしくはちょっと遊んだ後の別れ際ならば、あなたのことをもっと好いてくれること間違いな際です。これが自然にできるかどうかというのはホワイトデーなどを通して長続きするかどうかの秘訣にもなるようです。

ホワイトデーの渡し方、高校生が本命や彼女にかける言葉について

渡し方さえ高校生はしっかりすれば後は結ばれるなり愛し合うなり思いのままに

渡し方さえ高校生はしっかりすれば後は結ばれるなり愛し合うなり思いのままに

言葉も重要ですが、再度書いておくと放課後や夕方などの人が恋しくなるような時間帯を選ぶべきです。さて、実際に渡す時の言葉ですが、本命に返す場合で告白という要素も絡むと思うのでそのときはあなたなりに告白の言葉を考えておくと良いです。どうしても思いつかない方は「好きです、彼女になってくれませんか」といったような単調な言葉で良いです。あまりにもかっこいい言葉を意識して喋ろうと思っても、俳優や余程告白しなれた人ではない限り言葉がつっかえてしまうこともあります。むしろ本命への告白のはずが、ギャグとも受け取られる可能性があります。男らしくシンプルに勝負です。しかも、女子は男らしいシンプルな告白の言葉が好きな場合がほとんどです。次に彼女のホワイトデーの渡し方で渡す時の言葉についてですがこちらについては単純に「チョコありがとう、おいしかった」というような言葉で良いです。もしくは、初心に戻って愛の告白をしてみても良いかもしれません。意外と刺激的なホワイトデーになります。渡し方をしっかりとして、高校生はホワイトデーを楽しみましょう。


スポンサーリンク

シェアする

フォローする

関連コンテンツ+広告
関連コンテンツ+広告