ホワイトデーを返さない、会社ではあり?なし?

スポンサーリンク

そろそろホワイトデー、もしくは過ぎた肩もみていると思います。そんな中でホワイトデーを返さないのは会社ではどうなのという悩みを男性に向けて解決してみたいと思います。一つ、こちらのことをお読みになる前にやった方が良いことですが、それは一貫した行動を取ることです。会社で返さないという行為は冒頭でありかなしか書いてみると、どっちでもないということになります。会社によってそれぞれの事情がありますが、この際あなたが思っていることをまずは優先すべきです。また、無難なラインを行きたい方も居ると思うので、まずはそちらについて書いてみたいと思います。

ホワイトデを会社で返さないのはありかなしか教えましょう!

ホワイトデを会社で返さないのはありかなしか教えましょう!

ホワイトデーを会社で返さないのは無難に行きたいならばなし

ホワイトデーを会社で返さないというのは、言い換えてみると女性社員からの挨拶を無視してしまうということです。会社では多くの場合、義理としてホワイトデーに渡されると思います。その意味を深く探ってみると、あなたと仲良くしたいという意味や、今後もよろしくお願いしますという意味を持っていることもあります。普通に挨拶されたら、挨拶を返すというように、やはりホワイトデーで会社で返さないというのはなしということに必然的になるかと思います。お返しを期待している女性も少なからず入るようです。また、あなたが経営者の場合は従業員とうまく仲を取り保つためにホワイトデーは必然的に返さないのはなしという判断で結論がつきます。予算的に500円から800円程度のものなので、無難どころにしたいならば予算別のホワイトデーのお返しを参考にしてみましょう。

ホワイトデーに500円以内のおすすめなもの
ホワイトデーのお返しで600円以下のおすすめなもの特集!
ホワイトデーのお返し、900円以下の予算でおすすめ
ホワイトデーのお返し、800円以下のおすすめなもの

さて、会社がらみのホワイトデーですが、必ずしもそれが正解とは限りません。返さない選択肢も、もちろんあるわけでむしろあなたがそのように行動することで会社全体にプラスになることもあります。それでは、女性がどのような心理であなたに渡したかなども含めてホワイトデーを会社で返さないという視点を交えて考えてみてみましょう。

ホワイトデーをむしろ会社で返さない方が良い場合

ホワイトデーを会社で返さないのは無難に行きたいならば「なし」ですが、一概にもそうとも言えない場合があります。それは、女性が2人以上になると会社の習慣として若い方は渡している可能性があるからです。事実として、お局が毎年チョコを渡しているからということで、それに乗る女性の方も多いです。上司みたいなものなので、反対はもちろん難しいです。義務で渡していることもあるので、そういった場合はホワイトデーは会社においては渡さないという行動をするならばむしろ正解とも言えます。表立ってあなたに何か言われたり、陰でこそこそ言われたりということはあるかもしれませんが、仲良くする為に女性の方たちがお局や上司に乗っているだけなのであまり深く考えないようにしましょう。むしろそうしてくれて嬉しいと思う方は会社には一定数居ます。そもそも挨拶するのに何でチョコなどのお菓子が要るのだという話にもなります。普段から感謝なりよろしくなりの意味があるならば普通に面と向かって直接言ってくれたほうがうれしいのは会社勤めの男性や、経営者ならばそう思う方の割合がこの場合多いはず。わざわざチョコを準備してまで挨拶というのは無理矢理言っている感が否めません。そんなこんなで、ホワイトデーは会社では返さないという選択肢のほうが良い場合もあります。

ホワイトデーを会社で返さないならば一貫した行動を取ろう

ホワイトデーを会社で返さないというのはこのご時勢において珍しい話ではありません。昔のようにお財布もちょっとゆるい状況であれば、ホワイトデーのお返しならばさほど苦になりませんが、現代の会社でのお財布状況を考えたいならば少しでも節約したいと思う方も居るはずです。こういった難しい問題がありますが、ホワイトデーで返さないなら返さないと一貫した行動をとるようにしましょう。そうすることで諦めて、来年からは会社ではチョコを渡す習慣も無くなり、ホワイトデーに無理をする状況もなくなって男女共にハッピーということもあります。年によって渡す、渡さないなどを行っていると逆に不審に思われたりもします。また、来年のバレンタインやホワイトデーが絡むイベントでは、なるべく、ホワイトデーは返さないよと態度や言葉で予告しておく必要があります。また、会社の上司や部下などと相談して、皆で返さないという行動をすればあなたもちょっとは楽になるかもしれません。予めの打ち合わせが必要になるので、今年か遅くとも来年までには会社での男性の態度を皆で変えてみるというのも良いです。心理的には楽です。返さないならば、ホワイトデーそのものよりチョコなどのお菓子を会社で渡すのは社長や上司に禁止してもらうという手もあります。

義理チョコの断り方
義理チョコのお返しの必要性

ホワイトデーを会社で返さないならばちょっと理由も考えておこう

ホワイトデーである程度会社で返すか返さないか決まったのではないでしょうか。しかし、たまに女性が理由を尋ねてくることもあるのでそのあたりもしっかりと準備しておかなければいけません。転職したり、その人があなたより後輩の立場であれば、過去に勘違いされたことがあるからなるべくホワイトデーは返さないようにしているという理由や、妻や彼女に小言をちょっと言われたということや、義理ならば大切な子供や妻や、彼女をホワイトデーは大切にしてやりたいと男らしくすっぱりと理由をつけてみたり、あなたなりの言いやすい理由を準備しておくべきかもしれません。ホワイトデーを会社で返さないという行動そのものも面倒かもしれませんが、かなり一貫した考えがあれば女性サイドもそれには納得してくれるケースが多いようです。

ホワイトデーを会社で返さないという発想を転換してみる

さて、ホワイトデーを会社では返さないのはちょっととそれでも思うかもしれません。一応返すけど、残念なラインを狙うのも良いです。特に女性が求めてもいないようなするめなどをドーンと女性の皆で分けてくれと適当に置いていたりすると、明らかに来年からはくれなくなったりするかもしれません。一応返したけどと反論することもできます。それはそれで勇気がいるかもしれませんが、そういった方法もあるということを頭の片隅に置いていただければ幸いです。


スポンサーリンク

シェアする

フォローする

関連コンテンツ+広告
関連コンテンツ+広告