ホワイトデーの渡し方で義理へ渡す時に参考にしたいこと!

スポンサーリンク

ホワイトデーも間近になりました。その中でも渡し方というものを義理に対して悩むものです。恐らく初めての方が多いので、全体の流れなどをこと細かく説明してみたいと思います。渡し方1つで義理なのに本命にとられてしまったりすることもあって、年齢によっては思ってもみない噂などが立ってしまうこともあります。ホワイトデーの義理のお返しのつもりがということになってしまわないために、今回は筆者もホワイトデーの渡し方で行っていることを全体的に紹介してみたいと思います。義理への注意点を参考にしながら是非とも最後まで流れを把握してください。

ホワイトデーの義理への渡し方

ホワイトデーの義理への渡し方

ホワイトデーの渡し方で義理へお返しする場合

まず、ホワイトデーのお返しで一番気をつけておく時間帯というのがあります。それはお昼の時間帯までにしっかりと渡すということです。今回の渡し方はあくまでも義理に渡すということなので、この時間を超えて渡すとなると人間の本能レベルから考えても人が恋しくなってしまうような心理状態になってしまいます。逆に本命ならばこのお昼以降のタイミングで渡すのが良いのですが、義理への渡し方ならば考えもいたって正常である朝から昼までの時間帯をしっかりと狙っておくべきです。次に義理の相手に渡す場所も渡し方では考えなくてはなりません。まずは、人がなるべく居るような状況を選ぶようにしましょう。年齢によっては冷やかされてしまう場合もあるので、この限りではありません。その時の対処法は後述します。人が居るような場所をホワイトデーにあえて選ぶようにすると、相手も恋愛に関してはかなり重要なシーンとは認識せず、周りが見ていることもあり、とんでもないことが起こったとしても周りがしっかりとフォローしてくれます。義理への渡し方では重要なので、しっかりと覚えておきましょう。会社などでは特にそうです。学校レベルになると、この限りではないのでそこで初めてメッセージカードを活用するという方法があります。

ホワイトデーの渡し方で義理へはメッセージカードを活用しよう

先ほどのことをお読みいただいた場合ならばお分かりいただけるかと思いますが、どうしても二人きりになる場合はメッセージカードを利用すべきです。そこには「チョコうまかった!今後もよろしくね!」といったようなことを書いておくだけで良いです。シンプルが一番で連絡先の記述などもいりません。あくまでもこれは義理やでというような予防線を張っておくキッカケにしかすぎない渡し方です。

ホワイトデーの渡し方で実際に義理へかける言葉

さて、ホワイトデーの渡し方でも義理にどうやって言葉をかけながら渡せば良いのかとお悩みの方ならば、何となくの日常会話の時に「そうそう、これホワイトデーのお返しだよ」といって渡してみたり、話す機会があまり無いような方であれば「チョコありがとう、お礼にこれどうぞ」といって笑顔で渡すのも良いです。筆者は大体このパターンの渡し方をします。あまりモジモジしていたりすると、相手があなたに気があるのではないかと変な考えを起してしまうかもしれないので、男性らしくいたってシンプルにいくようにしましょう。筆者はこのようなシーンに慣れていないホワイトデーでちょっと恥ずかしかったピュアな思い出があります。

ホワイトデーの渡し方で義理が複数の人数の場合

ここでホワイトデーのお返しをするときの渡し方で義理が複数に分かれていることもあると思います。社員から複数人、学校の女子から複数人といった場合があります。そのような場合はもらった方1人1人に持っていくのが男性としての一番理想の対応です。義理であれど心がこもっているかどうかは女性はしっかりと考えるので、これができるかできないかでもあなたの評価やモテ具合が違ったりもします。ただ、ホワイトデーでももらった相手が不明である場合もあると思います。例えば、複数ではありますが、代表して渡してくる場合です。その場合は、その手渡ししてくれた方に返す渡し方で良いです。また、ここで注意しておきたいのは一人1つずつのホワイトデーのお返しをしておくようにするのが理想的な渡し方です。大きな袋に入ったお菓子をまとめてという渡し方にすると、女性に「ありえない」と思われるケースがほとんどです。男性らしいシンプルな考えで筆者はそれはそれで良いと思いますが、ホワイトデーはあくまでも女性を立てる日なのでそこはしっかりと渡し方の世の中の意見の要望に応えてみるようにしましょう。

ホワイトデーの渡し方で義理が休んでいる場合!?

ホワイトデーの渡し方をせっかく考えていた場合に想定外のことが起こります。そういう場合は改めてホワイトデーではなくとも別の日に直接手渡しが義理の場合においても理想的です。会社でも学校でもこのパターンはそうです。ただ、スケジュールの都合でしっかりとした渡し方ができない場合はメッセージカードをつけたり、軽くメモを上に先ほどの内容でそえた渡し方をするのが良いです。


スポンサーリンク

シェアする

フォローする

関連コンテンツ+広告
関連コンテンツ+広告