ホワイトデーの渡し方!中学生が義理や本命に渡す時に見てほしい!

スポンサーリンク

ホワイトデーに渡すものが既に決まった中学生も多いと思います。今回は義理や本命など目的別に渡し方を紹介してみたいと思います。義理でも一歩間違うと本命の渡し方になってしまったり、本命の渡し方でも義理で返されたと受け取られたりすることもあります。特に中学生ならば学校であらぬ噂など立ってしまったりすることがあり、周りからいじられたりすることもあるのもまた中学生ならではの出来事です。しっかりと目的別にカッコイイ渡し方などをするためや、目的を達成する為に、読みながらイメトレしてみましょう。前半は義理、後半は本命の渡し方を書いているので、ささっと読みたい方は目的の場所までスクロールしてください。

ホワイトデーの中学生向けの渡し方を紹介!

ホワイトデーの中学生向けの渡し方を紹介!

■ついてに読んでおく!?
ホワイトデーのダメなお返し

ホワイトデーの渡し方で義理にお返しする時に中学生が行っておくべきこと

中学生の義理への渡し方ならこれを知っておけ!

中学生の義理への渡し方ならこれを知っておけ!

まずはホワイトデーでは義理のお返しをすることも多いと思います。あなたも義理のつもりで渡すと思いますが、ハッキリと義理と受け取ってほしい場合は渡す時間に気をつける必要があります。人間の心理的に考えると、義理の場合は朝に渡すことが好ましく、相手の判断も冷静に行えることになります。一般的な渡し方もそうなので、中学生のうちにこのあたりの常識を身につけておくことは非常に良いことです。また、お返しする相手とあなただけという状況はホワイトデーには避けておくべきです。義理ならば、相手がちょっと身構えたり、もしものことになっても周りから冷やかされないための保険ともなります。これらがしっかりとできたら中学生はもう言うことはありません。タイミングとかける言葉が問題だと思うので、そこを中学生に分かりやすく解説してみます。

中学生が気をつけておくホワイトデーの義理への渡し方でタイミングとかける言葉について

中学生ならば渡し方と共に時間とタイミングをホワイトデーで把握しておこう

中学生ならば渡し方と共に時間とタイミングをホワイトデーで把握しておこう

中学生ならば、先ほど述べたとおりなるべく人が居るような場所で渡しておくべきです。それでも冷やかされてしまうというような心配があったり、周りがそうしているならばなるべくあなたと相手が居るだけの状況にします。そこで、義理とはっきりさせる場合は「チョコレートありがとう、はい、これホワイトデーだよ」というようにまずは適当な言葉をかけても良いです。そのまんま述べても良いです。そして、あなたと相手の二人の状況で渡す場合はメッセージカードをつけておく必要があります。「チョコおいしかったよ、今後もよろしくね!」といった当たり障りの無いことを書いておきましょう。それ以上のメッセージを書く必要はありません。これらをしっかりと守った渡し方をすれば義理に対しても相手は特にあなたに何も思うこともなく、いい人だなという印象で終わらせることができます。これは中学生だけではなく、大人になってもしっかりと活用できることなので今のうち練習として行っても良さそうです。

ホワイトデーの渡し方で中学生が知っておくべきこと

中学生のホワイトデーの渡し方以外でも知ってほしいこと

中学生のホワイトデーの渡し方以外でも知ってほしいこと

ホワイトデーのお返しや渡し方そのものを気をつける必要がどれだけあるかということは義理でも冒頭の通り分かったと思います。また、お返しするものも相手と同じ金額であることなども重要です。高すぎる場合は中学生の予算で問題ありません。ネットではお返しするものは渡したものの○倍など書いていることがありますが、欲にまみれた大人の戯言なのでこの場をお借りして勘違いしてしまった中学生には筆者がお詫び申し上げます。また、複数人に義理のホワイトデーのお返しをする場合はなるべく全員同じものにしましょう。一人だけ違っていると、この人は特別なのかなと思ったりすることもあります。誰が自分のお気に入りでということは中学生もあると思いますが、女の子はそのあたりを意外とこの年齢から意識しだすのでなるべくみんな平等にがホワイトデーの渡し方の鉄則でもあります。

ホワイトデーの渡し方で本命に中学生がお返しするときの場合

中学生の本命向けの方、お待たせしました。渡し方を書きます。

中学生の本命向けの方、お待たせしました。渡し方を書きます。

本命にお渡しする中学生の方、お待たせしました。中学生が本命にお返しする場合ですが、しっかりとそう受け取ってもらう為に必要なことはなるべく朝などではなく放課後や夕方に渡すべきです。また、あなたと女の子だけの空間を作り出すことが必要です。放課後以降にするメリットとしては、大体中学生ならばこれから帰宅や部活などで人と接する機会が減ったりしてくるので寂しい思いをすることがあります。そうなると中学生だけではなく、人間というものは人を求めるようになります。そこで、ホワイトデーのお返しをしちゃおうという方法です。修学旅行や宿泊体験などでちょっと恋してしまうというのはこの理屈です。次に、実際のホワイトデーの中学生向けの本命の渡し方で言葉などについて書いてみたいと思います。

ホワイトデーの渡し方で本命へ渡すタイミングとかける言葉について

中学生でここまでの渡し方をすればハッピーエンド!

中学生でここまでの渡し方をすればハッピーエンド!

さて、渡し方のタイミングについてですが、重要なのでもう一回書いておきます。しっかりと放課後や夕方を狙っておきましょう。そして、実際に渡す時の言葉についてですが、はっきりと男らしく「好きです!付き合ってください!」をあなたらしく伝えてみれば良いです。ちょっと勇気のいる行動かもしれません。もっとカッコイイ渡し方があります。それは「チョコありがとう、俺は男だから言葉に出すのは難しいから、メッセージカードに書いてみたよ」とそんな感じで伝えてみましょう。そこにはしっかりと本命に向けたメッセージで好きだということ書いてください。女の子は意外と単刀直入なメッセージに心打たれるようです。これでもう成功したようなものなので、あとは本命と好きな時間を中学生は過ごしてください。決してホワイトデーだからといってドラマのようなセリフを言うのはなしにしておきましょう。言葉で躓いたり、女の子は意外と大人なので冷めてしまったりする可能性があります。これらの渡し方を覚えて、ホワイトデーにトライしてみてください。


スポンサーリンク

シェアする

フォローする

関連コンテンツ+広告
関連コンテンツ+広告