ホワイトデーのお返しでだめなことを分かりやすくまとめてみた

スポンサーリンク

ホワイトデーのお返しでだめなことはあるのかと考えている方に向けて今回は書いてみました。当たり前のことからお菓子の知らなかった意味まで一気に公開してみたいと思います。あなたがホワイトデーにやらかしてしまわないかだけしっかりと気にしておきましょう。また、筆者個人的な見解もまとめながら書いてみたいと思います。1つ1つ呼んでいる中でそれじゃ結局どうすればいいのと思ってしまうかもしれませんので、それらについての対処法なども記述しております。一筋縄でいかないのがホワイトデーのお返しの難しいところです。

ホワイトデーのお返しでだめなことをまとめてみました

ホワイトデーのお返しでだめなことをまとめてみました

ホワイトデーのお返しでだめなお菓子

・マシュマロ(君が嫌い)

意味から考えてホワイトデーのお返しにマシュマロはだめな可能性が

意味から考えてホワイトデーのお返しにマシュマロはだめな可能性が

ホワイトデーのだめなお返しではマシュマロが一般的にあげられております。意味としては君が嫌いという意味合いがあるのでお返しにする方は要注意です。そうかといって、マシュマロそのものをプレゼントしようという発想よりチョコレートなど真っ先に思い浮かぶ方が居るのであまり気にする必要はありません。しかしながら、マシュマロをお返しにしようと思っている方はだめな場合もあるので注意しておきましょう。

・クッキー(義理ならOK)

ホワイトデーのお返しで相手によってはだめなもの

ホワイトデーのお返しで相手によってはだめなもの

ホワイトデーのお返しでだめな例としては本命の場合クッキーを渡すことです。せっかくの告白を拒否しているようなものです。場合によってはありですが、本命がしっかりと考えて贈ってくれている場合はやはりこの手の情報にナーバスになっているので真剣になるべきです。

・飴(あなたが好き)

義理へのお返しにはだめなホワイトデーのお菓子

義理へのお返しにはだめなホワイトデーのお菓子

ホワイトデーのお返しで義理に対して飴をお返しする場合は少し注意が必要です。飴を渡そうと思っている方も多いかもしれませんが、意味に対して敏感な女性などにはやはり無難という意味では義理の場合は避けたほうが良いと思います。このことから、あまりお返しランキングなどに載らないことも事実です。飴そのものが良くないのではなく、渡す相手によってはだめということを覚えておきましょう。

・マカロン

ハッキリと好みの分かれるマカロンはホワイトデーのお返しにだめな場合も

ハッキリと好みの分かれるマカロンはホワイトデーのお返しにだめな場合も

ホワイトデーのお返しで意味的なところでだめということではありませんが、マカロンは甘すぎるものもあり人を選ぶスイーツの1つです。お返しでおすすめされているからといって安易にホワイトでのお返しにしてしまうと相手が残念に思うこともあるようです。逆にこのタイミングでマカロンでも珍しいものであればだめから良いに変わったりするのがホワイトデーの難しいところでもあります。

・手作りのお菓子

手作りはホワイトデーのお返しで義理にはだめかも

手作りはホワイトデーのお返しで義理にはだめかも

ホワイトデーのお返しでだめなことは本命なり彼氏でもないのに手作りのお菓子を気合を入れて持ってきてしまうことです。人によっては劣等感が発生したり、重いと感じたり、潔癖である場合もあります。義理にホワイトデーのお返しで手作りのお菓子を渡したい気持ちも分かりますが引く可能性もあるのでだめというよりはやめておきましょう。逆に本命であったりする場合は筆者の場合は、両親が大人になっても手作りのお菓子をホワイトデーにもらった思い出話をしているので、それくらい良いものです。しかし、その気がない人に手作りのお菓子をお返しでもらうとだめというのはなんとなくお分かりいただけたかと思います。

・大人数に対して1つの詰め合わせ

一気にドサっと渡すホワイトデーのお返しは楽と思っていてもだめです

一気にドサっと渡すホワイトデーのお返しは楽と思っていてもだめです

たまに居ますが、ホワイトデーのお返しが大人数になってしまうこともあります。義理だったり職場だったりとありますが、せっかく考えて渡してくれたのにちょっとケチだなと思われる場合もあるようです。筆者も何だか味気ないような気がしてこれには賛同できます。1つの詰め合わせより、安くても良いので個人個人に渡す方が心がこもっている感じはあります。

・チョコレート

食べ飽きてしまってホワイトデーのお返しにだめな場合もあります

食べ飽きてしまってホワイトデーのお返しにだめな場合もあります

これはあくまでも噂でしかありませんが、チョコレートがだめなホワイトデーのお返しということもあります。ただ単にバレンタインでチョコレートは食べ飽きたのでホワイトデーにはそれ以外のものが欲しいなという女性の意見だと思います。自分用に買う方などショッピングサイトを見ていると分かります。あまり気にされる必要はありませんが、このあたりを考えてまでホワイトデーのお返しをすると評価は上がるかもしれません。

■総合的にまとめてみると
ホワイトデーのお返しに意味があってだめということを考えるのは精々学生かちょっと張り切りすぎてしまった方達です。相手が望んでいたり、そもそも好きなお菓子であればだめということは関係なくお返しにすればよいと思います。あからさまに相手がクッキーが良いと言っているのにわざわざチョコレートに変える必要もありません。そのあたりはだめかどうかではなく臨機応変に対応していきましょう。

ホワイトデーのお返しで義理にだめなこと

・形に残るもの

一見素敵に見えてもホワイトデーのお返しに義理ならば形に残るものはだめです

一見素敵に見えてもホワイトデーのお返しに義理ならば形に残るものはだめです

ホワイトデーのお返しで義理に対してだめなことは形に残るものです。何があるかといえばアクセサリーや時計、プリザーブドフラワー、財布などです。趣味に合わなかったらどうしようもありません。また、こういったものは大切な方から貰いたいと思っている方も多いようです。特別ではない方に渡すのはだめというのが一般的な考え方なので、ホワイトデーのお返しで義理に対してダメなことはまずはこれだということを覚えておきましょう。

・そのあたりのスーパーで買えるもの

いくらおいしくてもそのあたりで買えるものはホワイトデーではだめです

いくらおいしくてもそのあたりで買えるものはホワイトデーではだめです

あからさまにそのあたりのスーパーで買ってきたようなものは考えていない感じがしてだめなようです。気軽な感じがしますが、考えて渡した結果なのにこれなのかとちょっと残念に思われることもあります。ホワイトデーのお返しを期待しているわけではない方も多いですが、そうかといって適当に済ませてしまうのはだめということを覚えておきましょう。

ホワイトデーのお返しで彼女や本命にだめなこと

・アクセサリー

社会人へのホワイトデーのお返しでアクセサリーはだめな場合が多いです

社会人へのホワイトデーのお返しでアクセサリーはだめな場合が多いです

これは賛否両論あると思いますが、ホワイトデーのお返しにするとだめという意見を持っている女性は多いです。高校生や大学生まではこの手のアクセサリーをホワイトデーのお返しでもらってもうれしいと思う方も多いようですが、社会人にまでなるとホワイトデーに使う予算などで買えるアクセサリーなどはその気になれば買うことも可能です。相手がそれなりの年齢であれば、ホワイトデーのお返しにアクセサリー類はだめということを覚えておきましょう。仮にそれに応えられる財力があなたにあったとしても、ホワイトデーのお返しではある程度の予算で満足する方も多く、高すぎるアクセサリーをもらっても複雑な気分になる方は多いようです。

・香水

次の条件のどれかに当てはまればこのお返しはホワイトデーにだめです

次の条件のどれかに当てはまればこのお返しはホワイトデーにだめです

これはホワイトデーのお返しの相手によってはだめな場合が多いです。匂いの好みは人によってなので、理解できる幅も限られてしまいます。相手がお気に入りの香水でもっとほしいというような特別な意見ではない限りはやめておきましょう。さらにこれを渡してだめかなど見分ける方法があります。それは、話の質問を変えてみて米を炊く匂いはだめか、朝ごはんの匂いに対してどう思うか、頭痛持ちではないかなどです。いずれかに該当していれば、ホワイトデーのお返しに香水はだめだと思ってください。嗅覚がとても敏感な方も居ます。

・安すぎるお返し

安すぎるホワイトデーのお返しはだめです

安すぎるホワイトデーのお返しはだめです

ホワイトデーのお返しで、本命や彼女によっては安すぎるお返しはだめだと思っている場合もあります。せめて同程度の金額か多くとも2倍程度を上限にです。それ以上もちょっと引いてしまう場合があるので気をつけておきましょう。3倍返しや4倍返しと言っているのは、色々な大人の経済事情があるのですが、実際の彼女や本命の理想の意見は高いものではありません。

・センスの悪いお返し

明らかにセンスの悪いホワイトデーのお返しはだめと思う彼女や本命は多いです

明らかにセンスの悪いホワイトデーのお返しはだめと思う彼女や本命は多いです

ホワイトデーのお返しでセンスの悪いお返しはだめだと思っていることもあります。例えば、ホワイトデーのお返しでこれが良いというものがあってもあからさまに考えられていないパッケージのものや、極論を言えばホワイトデーのお返しでもわけあり品をプレゼントしても明らかにセンスの悪いものであったり、そもそもだめであることが簡単にお分かり頂けると思います。このあたりはしっかりと注意しておきましょう。

ホワイトデーのお返しにだめなのはがっかりさせないことが一番

ここまでホワイトデーのお返しにだめなことを色々と書いてきましたが、この枠にとらわれずお返しにだめなことはがっかりさせないことです。例えば相手がホワイトデーはこれがほしいと要求しているのに、だめなお返しに乗っていたからとそれをわざわざ変更してがっかりさせる必要はありません。そんなことよりホワイトデーのお返しでは相手の女性をしっかりとどのような人物か彼女や本命ならしっかりと把握してみましょう。普段の会話を重視して、何がお返しにほしいかと照らし合わせてみるのも良いです。義理の場合はだめなものをある程度おさえておく程度にしておいて、後は相手の好みや新発売されたスイーツなどを渡せば良いです。これがだめだからといって頭でっかちにならず、例としてこういうものがあるということでホワイトデーのお返しをだめなものはこれという視点を交えながら考えてみましょう。


スポンサーリンク

シェアする

フォローする

関連コンテンツ+広告
関連コンテンツ+広告