義理チョコのお返しの相場【2017】

スポンサーリンク

義理チョコのお返しを考えるようなシーズンになりました。しかし、真っ先に浮かぶのが相場はどのくらいかという疑問です。これまたややこしい話になるのです。お返しを初めてする方や部下や友達など義理チョコを貰ったパターンいくつかあるかと思いますが、それらに関しての情報などを今回お伝えしていきたいと思います。また、ネットでよく書かれているお返しについてこれはどうなのと思うような情報についてもしっかりと解説していきたいと思いますので最後までお付き合いいただけると幸いです。2017年の傾向が若干これまでと違うところもポイントです。

義理チョコのお返しの相場について考えよう

義理チョコのお返しの相場について考えよう

義理チョコのお返しの相場は2倍?3倍?4倍?

ネットでよく言われている、義理チョコのお返しについての相場ですが、基本的に2倍か3倍か4倍かなんて根拠の無い数字が出てきております。それならば1万円クラスのチョコを渡して最大4万円の何かをお返ししなければいけないというような極論になってしまいますが、そういったネットの根拠の無い記事は真に受ける必要はありません。あの手の記事はネット広告から義理チョコのお返しについて、高いものを買ってくれたら記事を書いた方にそれなりのお金が入るという今やネットでよく見かける広告媒体の仕組みです。こちらはそういったリンクはありませんのでご安心下さい。ネット広告はあります。そりゃ2倍でも3倍でも4倍でも高ければ高いほど女性を装ってでもお返しの相場なんてつりあげたいものです。真に受けないようにしてください。さて、ある程度の真実をバラしたとして、本題です。義理チョコのお返しについて、○倍ともいわれる中、アンケートをとってみると期待してない、いらないなんて言葉も見かけます。ただ、義理チョコは挨拶のようなものなので返さないわけにはいかないというのが妥当な考えです。相場については大体200円から500円くらいまでが妥当なものです。もし、あなたが義理チョコを貰った方より年齢が上だったり、上司などの立場だともう少し値段は高くても良いという感じです。ビジネスマナーチックな考えで問題ありません。それでは実際にパターン別に義理チョコのお返しの相場について解説してみたいと思います。

義理チョコのお返しの相場を部下や友達別に解説

・部下の場合の義理チョコのお返しの場合
部下から貰った義理チョコならば、大体同じ値段か貰った金額に1.5倍の数字をかけて返すのが理想です。先ほど述べた200円から500円なので、最大の数字に直してみると300円から750円程度のものが部下への義理チョコのお返しの2017年の相場となります。同じ相場のものでも問題はありません。相場についてはネットで色々な意見がある中、そもそもいらないというようなデータが過半数以上となっております。見た目的に分からないのであれば、大体それくらいの値段から選んでも問題はありません。分からない場合は、相手もちょっとわからないだろうなというような商品をチョイスしてみましょう。

・義理チョコのお返しで同僚の場合
立場的にはビジネス上同じになるので、大体同じ相場のもので問題ありません。先ほど述べたような200円から500円くらいのものです。ただし、日本では男性の方が稼ぐという意味合いが強いことから、もう少し多くても大丈夫です。逆にこれが上司へのお返しの時のようにその商品の金額を超えてはいけないみたいなルールは無いのでちょっと楽なものです。

・上司への義理チョコのお返しの場合
上司から貰った義理チョコという場合も少なからずあります。そういった場合は、義理チョコならば上司と同じ値段を超えない範囲でということを守る必要があります。これまたビジネスマナー的なものです。大体同じ値段か、出来ればほんの少し下といったような金額でもしっかり私は部下ですよというようなアピールを義理チョコのお返しの相場でも示しておく必要があります。人によっては、このあたりを物凄く考える人も居るので、このあたりはなるべく間違えないようにしましょう。もしくは、値段が不明なものを選んでみるというのも1つの方法です。

・友達への義理チョコのお返しの場合
友達への義理チョコについては比較的フリーダムな相場です。相手が喜ぶものをお返しとして渡してあげても良いです。また、相場の考え方に戻るならば一般的な常識も考えて200円から500円、多くとも800円程度が理想のものとされています。数百円の義理チョコで何万円ものお返しがある方がビックリなので、そのあたりは常識の範囲ということでお考え下さい。バレンタインにお返しに期待しすぎて少し高価な義理チョコをプレゼントする人というのは非常にレアケースなので相手をしなくても良いです。仲の良いというならば別の話ですが、お返しの相場は一般的にこのようなものとなっております。

義理チョコのお返しの相場以外に気をつけたいこと

義理チョコのお返しの相場をある程度把握して頂いたところで、もうちょっと考えなくてはならないのが、お返しするものです。相場がいくら合っていたとしても、お返しのセンスが悪ければげんなりしてしまう方も居るようです。それも少数派ではありますが、あなたの部下や上司や友達がどういった方かは筆者には分かりません。それならば、あえて最初から義理チョコのお返しにセンスの良い物を考える必要があります。それについては今後解説していきたいと思いますので、興味のある方は今後の更新を期待してください。また、形に残ってしまうのは相場以外の考えでよろしくないとされているので、そちらについてもしっかりと書いてみます。

■予算別の記事
ホワイトデーの300円以下のお返し特集
ホワイトデーの400円以下のお返し特集
ホワイトデーに500円以内のおすすめなもの
ホワイトデーのお返しで600円以下のおすすめなもの特集!
ホワイトデーのお返し、900円以下の予算でおすすめ
ホワイトデーのお返し、800円以下のおすすめなもの
ホワイトデーのお返し、900円以下の予算のおすすめ


スポンサーリンク

シェアする

フォローする

関連コンテンツ+広告
関連コンテンツ+広告