義理チョコのお返し、部下へおすすめなものと相場【2017】

スポンサーリンク

さて、義理チョコが会社で配られると同時に疑問になるのが義理チョコのお返しについてです。部下にどのようなものを渡せば良いのかと1ヶ月前であれど前持った情報は仕入れておきたいものです。そんな悩める男性たちに、どのような相場が一般的なものなのかといったことをバレンタインで得られた当サイトの情報やネットのアンケートなどで得られた情報などを元にまとめた情報をお伝えしてみたいと思います。義理チョコを貰った部下へのお返しのおすすめについてもまとめてみます。

義理チョコを貰った部下へのお返しのおすすめと相場

義理チョコを貰った部下へのお返しのおすすめと相場

義理チョコを貰った部下へのお返しの相場はどのくらい?

さて、義理チョコを貰った部下へお返しするにあたって、相場はどのくらいかという疑問が真っ先に浮かぶかと思いますが、大体同じ値段で問題ありません。今年の2017年で最も義理チョコに使う金額が多かったのが、500円程度です。ネットでは何倍返しなどと書いてありますが、そのあたりは無視して良いです。そもそも義理チョコのお返しについて期待していない方も多いとのアンケート結果も出ております。当サイトでも、主に400円から500円の相場くらいの義理チョコの記事に人気があったことから、一般的な相場は大体そのくらいと予測できます。上司なので気持ち多めに出すくらいは良いです。しかし、ここでちょっとメンズのおしゃれさを義理チョコのお返しを通して、アピールしてみましょう。主に女性が好きなのはスイーツ類や雑貨などであることを中心に今回まとめてみました。

義理チョコを貰った部下へのお返しにおすすめなもの【2017】

・石鹸

義理チョコをくれた部下には石鹸がおすすめ!?

義理チョコをくれた部下には石鹸がおすすめ!?

あえて石鹸と抽象的に書いているのは種類が多いからです。部下から貰った義理チョコに対するお返しというのは石鹸が意外とうれしく思ったりもするようです。こんなことから経験している方はお分かりいただけると思いますが、こういったお返しは鉄板であることが想像できるかと思います。今回お読みの方は男性ということで、どのようなところが良いかと言うと手っ取り早く見つけやすいのはLUSHという石鹸のお店です。ネットショップより実際のお店に向かった方が予算の幅に合わせて選ぶことも可能です。筆者はブラックビューティーという洗顔石鹸がとても大好きです。

・マウントハーゲン(オーガニックコーヒー)

部下が義理チョコをくれたなら、コーヒーでいってみよう

部下が義理チョコをくれたなら、コーヒーでいってみよう

義理チョコの部下へのお返しに使ってみたいのがこのコーヒーです。とりあえずオーガニックと言っておけばなんとなくおしゃれです。そういうような冗談はさておき、このコーヒーは筆者も実は試したことがありますが、インスタントでありながらもかなりおいしいものです。味については、濃すぎないのに香りがしっかりとしており、日本で売られているような明らかにコーヒーという感じではない上品なコーヒーです。こういったものを部下へのお返しに使うとちょっとおしゃれだなと思われる傾向にあるようです。

・モゾロフ(セレクションカレ)

出来る男は部下への義理チョコのお返しはモロゾフ

出来る男は部下への義理チョコのお返しはモロゾフ

このチョコはバレンタインデーだけではなく部下への義理チョコのお返しにも使えるところです。男性なので知らない方も居ると思いますので、簡単に説明しておくと、見て美しい、食べておいしい、もらって嬉しいの3拍子が揃ったスイーツのメーカーです。既に知っているよとおっしゃる方はモゾロフでもセレクションカレがおしゃれでおすすめです。ネットショップはもちろんのこと、実際の店舗に向かってみるとお手軽なものから高級なものまで幅広く販売されており、相場どおりのものが簡単に見つけられます。

・カフェック(苺チョコ)

見た目がキュートで好まれます

見た目がキュートで好まれます

既に同じものがプレゼントされたならば、控えるべきですが、女性にとってたまらないのが今年のトレンドになりつつある苺チョコです。パッケージもおしゃれなので見た目からおおっと思われることもあります。ドライ素材の苺が入っており、その周囲がホワイトチョコでコーティングされております。特別甘いものが嫌いという場合ではない限りは、女性にとって今年は大ウケする部下へのお返しとなるので、義理チョコを貰った方はこれを考えてみてください。こちらのメーカーの方が他社よりも義理チョコのお返しとしても向く値段です。

・コペンハーゲン(チョコチップクッキー)

義理チョコをくれた部下にお手軽なお返し

義理チョコをくれた部下にお手軽なお返し

これは市販でも簡単に見つけることができ、部下へのお返しにもおすすめです。思いのほかしっかりとしたパッケージに、梱包も丁寧でザクザクとした食感に甘すぎない落ち着いた感じが、女性の甘い物好きの心をくすぐります。特に義理チョコのお返しとなれば、このコペンハーゲンがよく使われている傾向にあり、実際に喜ばれるのでスーパーなどに行ってみたときにすぐに買っておいても良いかもしれません。また、食べやすいサイズなことから好まれる傾向にあるようです。筆者としてもおすすめなので、気になる方はホワイトデーまでにどんなものか見ておきましょう。

・リンツ(リンドールアソート)

義理チョコをくれる部下はこのお返しが喜ぶ!?

義理チョコをくれる部下はこのお返しが喜ぶ!?

部下への義理チョコのお返しはリンツのチョコも好まれます。結構、これを好んで食べている女性も多いです。1粒に換算すると100円を超えるゴディバ並の値段です。あまり聞きなれないブランドでもこういうものもあるので、気になる方はオンラインショップなどで買ってみましょう。また、輸入店などに向かってみると意外と置いてありますので、部下への義理チョコのお返しに実際使えるかどうかも判断しやすいです。見た目は飴玉のように綺麗に梱包されており、女性の部下ならば喜んでくれるのでおすすめです。わざわざネットショップなどで購入して食べている方も居るようです。


スポンサーリンク

シェアする

フォローする

関連コンテンツ+広告
関連コンテンツ+広告