義理チョコの職場での渡し方!上司や同僚に渡すタイミング!

スポンサーリンク

バレンタイン間近になり、職場での義理チョコの渡し方について悩んでいる女性が多いので今回紹介します。渡す理由については感謝の意味をこめていたり、皆が行っていたりと色々理由はありますが、何にせよ渡し方というものは悩んでしまいます。一つ間違ったら義理チョコのつもりが、本命と勘違いされたり、場の雰囲気が変になったりと色々あります。どのような言葉をかけたら良いのか、接し方そのものはどうするのかといったことについて順を追って説明していきたいと思います。その前に、義理チョコを職場で渡すにあたっての注意事項をご覧下さい。

義理チョコの渡し方

義理チョコの渡し方

義理チョコの職場での渡し方(タイミング)の注意事項について

まず、大前提として義理チョコを渡す際に相手と二人っきりというシーンだけは避けましょう。自分がそのように意識していなくとも、上司や相手によってはこれは義理チョコではなく本命なのかとまず考えてしまうようになります。あからさまに義理チョコと分かるものを渡しているのならば別の話ですが、たまたまのタイミングが重なっただけでバレンタインを終えて告白してもないのに振られてしまったみたいな微妙な雰囲気にもなってしまいます。渡し方を一歩間違うだけでも、日本は結構噂好きの方が多いので瞬く間に職場によっては噂が広がるので、二人っきりというシーンだけは絶対に避けるようにしましょう。どのような言葉をかけたとしても、相手は全て理解してくれるとは限りません。

義理チョコの職場での実際の渡し方(言葉や接し方)

まず、職場には上司と同僚のどちらかに渡すと思いますが、上司について渡し方をまず説明します。いつもありがとうございます、バレンタインなので普段からお世話になっているお礼ですと渡すのも良いです。同僚ならばこれを少し崩した感じの渡し方です。また、休憩するようなスペースであれば置手紙と共に感謝のメッセージと共に置いておくというような渡し方も良いです。あえてこのような選択をする方法もあり、メリットとしては明らかに義理チョコであるということは分かります。皆同じチョコを配られているというような感じもあったりします。同様に職場で休んでいる方に渡し損ねてしまう場合もあるので、そういった場合の職場での渡し方にも応用可能です。また、それ以外でも自分のオリジナリティのある言葉でも問題ありませんが、そのように行いたい時はメッセージをカードなどに添付しておきます。義理チョコなので、先ほどの言葉をまんまカードに載せても良いです。複数の女性の方が渡すならば、一緒に渡すという手段もあります。そういうのも、集団的な心理になるとあまり恥ずかしくないというのが一番のメリットだと思います。

義理チョコの職場での実際の渡し方のタイミングはどうするか

言葉や接し方がしっかりしていても、職場で義理チョコの渡し方でタイミングが違ってしまうとこれまた義理チョコなのに相手が勘違いする場合もあります。ちょっと面倒に感じるかもしれませんが、女性ほど男性は察する能力がないからです。タイミングについてですが、休憩中や朝礼で上司に許可を貰って渡すのも良いです。なるべく昼までに渡すことをおすすめします。そういうのも、いくら職場といえど、男性は義理チョコであれどもらうと嬉しい方も居ます。そんなときにお互い気分良く過ごせるキッカケにもなります。仮にこれが夜などになってしまうと、本命と勘違いされる可能性があります。やはり、本命チョコを貰うタイミングが義理チョコと違って昼以降のケースが多かったりします。そもそも職場だとこの時間帯は皆帰る準備で忙しかったりもします。そう考えると若干迷惑な義理チョコになったりもする渡し方なので注意です。

義理チョコの職場での実際の渡し方でそのほかに注意すべきこと

さて、義理チョコの職場の渡し方についてはこのあたりでしめますが、まずは渡すチョコなどにもなるべく気を使うようにしましょう。例えば高すぎるチョコだったり、思いっきりブランドのものだと勘違いしてしまうこともあります。既に買ってしまったとおっしゃる方も居るかもしれません。そういう時のメッセージです。お世話になっていることをメッセージで伝えて、今後ともよろしくお願いいたしますのようなビジネスメッセージでしめておきましょう。ちょっと形式ばったメッセージの方が職場では義理ということが分かるので男性サイドとしても助かります。また、義理チョコの職場でのチョコの渡し方の1つとしてあの人はあまり好かないからこのチョコにしてこの人はこのチョコとやってしまう方も居ますが、そのようなことは一切やめるようにしましょう。人によってグレードが違っていると、良い物を貰った方は義理チョコではないと判断してしまう可能性もあります。その証拠にGoogleやYahooなどの検索キーワードでも脈ありかどうかなどの判断を実際に検索している方も居るようです。予算も多すぎてしまうといけないので、大体200円から500円のものにしておくべきです。あまり高すぎると今度はお返しなどに困ったり、そもそも職場でせっかく義理チョコを渡してもお返しが無かったり、それ以下で返ってくるということはよくあります。あくまでバレンタインの義理チョコは義理としっかり割り切ってそのクオリティにあわせたチョコを選ぶことが一番重要です。これらさえ、職場の義理チョコの渡し方でしっかりしておけば困ることは何らありません。


スポンサーリンク

シェアする

フォローする

関連コンテンツ+広告
関連コンテンツ+広告