【バレンタイン】手作りは重いか男がしっかりと解説します

スポンサーリンク

もうバレンタインが近づいてきておりますが、手作りで今年は勝負する方も多いです。しかし、作っている時や作る前にそもそも手作りって重いと相手が感じないかと心配になるものです。結果から言うと場合によるのですが、義理、本命、彼氏共に男の筆者の個人的意見やネットから集めた最新の意見を解説してみたいと思います。自分がこのタイプの方にあげるという項目を参考にしていただければ今回の記事はサクサクと読むことが可能です。それでは、重いかどうかパターン別に解説していきます。

バレンタインに手作りは重い?

バレンタインに手作りは重い?

バレンタインの手作り、義理は重いかどうか

これは一般的な意見ですが、バレンタインに義理として手作りで渡すならば思いと感じる男性も多いようです。義理なのに手作りというような矛盾を感じているところも正直あります。大切な人に作るという意味合いが世の中の男性の中で強いため、義理ではバレンタインに手作りは重いと感じる傾向があるようです。そんな筆者はどうなのかと問われると、実際に手作りは貰う相手によってはありだと思います。なぜこのような結果の反対意見を述べたのかというと、お互い義理というような距離感覚がしっかりと掴めているのであれば義理でも手作りでも市販でもどっちでも良いと感じております。筆者は義理とした上で手作りのものをもらったことがありますが、これはこれでうれしかったです。また、義理関連でも職場のバレンタインで手作りとなると、男性サイドからすると将来のことを考えることが多いため、重いと感じることが多数です。筆者も職場でバレンタインで手作りはもらったことありませんが、貰うと重いというよりは反応に困ってしまったりもします。義理かどうかも最初は判断がつけ辛いという面もあります。

バレンタインの手作り、本命でも重い?

さて、バレンタインでも義理の次にあげる数が多いのが本命です。この場合、手作りのものは重いと感じているかどうかですが、これまた義理同様に重いと感じる方もいるようです。まだまだ相手もあなたのことを知っていない可能性もあります。手作りで本気度をアピールしたい気持ちも分かりますが、傾向論から見ても手作りはやめておいたほうが良いです。筆者としても、義理とするならば手作りは大歓迎ですが、本命で貰ったとすると色々考えてしまうようになります。あらぬ考えに向かうこともあるので、最初はメッセージと市販のもの程度で良いです。また、手作りそのものが重いと感じるより、衛生面的な意味で敬遠する方もいるようです。言わば潔癖なのですが、このあたりを把握した上で手作りを渡すとしても判断しましょう。相手があなたのことを好きとも限らない上、どの程度のお付き合いをするのかにもよります。男性は基本的に手作りというと、将来的なことまで想像してしまうのがほとんどです。要するに、バレンタインの本命の手作りからあなたが妻になるプロセスまで考えてしまうのが、冗談を抜きにして男性です。そう考えると重くなってしまうというのもなんとなくお分かりいただけるかと思います。相手が手作りが良いと言っていてもそれはケースによるので、本命による手作りなのかどうかだけはしっかりと確認しておきましょう。

バレンタインでの彼氏への手作りは重い?

バレンタインで彼氏への手作りは重いかというのは、一言でまとめると重いことはありません。特に料理を振舞ったりするような仲であれば遠慮することはありません。料理がチョコにシフトしただけの話です。ただ、問題はまだそういう仲ではないという場合です。基本的に彼氏という仲であれば、手作りのものは嬉しい方が多いです。やはり自分の彼女が自分のために頑張ってチョコなどの手作りをふるまってくれたという嬉しさがあります。これにいたって重いというのであれば、彼氏はもっとあなたと真剣に向き合うべきかなと個人的に思います。バレンタインといえばチョコと書いただけで、手作りならばむしろそれ以外のものが良かったりもします。チョコが好きな男性も居ますが、甘いものが苦手という彼氏も居るはずです。そうなれば、ちょっとした手作りの食事やお弁当などを振舞うことも出来ます。むしろそういう手作りの方が本当の夫婦っぽくて彼氏もかなり盛り上がること間違いありません。あまり気にせず彼氏であればバレンタインは手作りのものを振舞えば良いというのが圧倒的に多い意見です。

バレンタインは手作りは重いかと考える他に重要なこと

義理や彼氏や会社や本命などすべてを総合して言えることですが、基本的に手作りは重いという以外の考え方もあります。先ほどもチラッと書きましたが、手作りそのものが不衛生と感じたり、ブランド物のほうがおいしいかもというような意見もあります。なんだかなと思うかもしれませんが、そういう考え方をしている男性も居ます。ただ、割合的には少ないのでそのあたりは相手にバレンタインの手作りプレゼントをする前にしっかりとリサーチしておきたいものです。

また、手作りを欲しい男性も一定数居ることは確かなので、このあたりの意見を総合的に無視して最初から手作りで勝負してみるという路線もありです。筆者の個人的意見の強い記事になってしまいました。ある種の運要素もあるようです。


スポンサーリンク

シェアする

フォローする

関連コンテンツ+広告
関連コンテンツ+広告