義理チョコにおすすめ!安いもの特集!【2017】

スポンサーリンク

義理チョコにおすすめで安いものをお探しの方に、今回は幅広くどのようなものが需要があって、お買い得で安いのかを今回バレンタインに向けて解説してみたいと思います。義理チョコに安さを求めるのは当たり前で、予算的には大体300円から500円のものになっています。今回はそれらの予算の範囲で義理チョコの特集を組んでみました。既に自分はこの価格で決まっているのだとおっしゃる方は下記にまとめてみましたので、それぞれの予算で選んでみてください。また、今回はタイトルどおりその中でもかなり安い義理チョコを選定してみました。

義理チョコにおすすめ!安いもの特集!

義理チョコにおすすめ!安いもの特集!

300円以下の義理チョコ特集

400円以下の義理チョコ特集

→【HOT】500円以下でおすすめの義理チョコ

→【番外】友チョコの人気ランキング2017

義理チョコで安いもののおすすめ特集!

・ありがたやの義理チョコ

義理チョコにしてはかなり安いのでおすすめです

義理チョコにしてはかなり安いのでおすすめです

こちらの義理チョコは大量にプレゼントする方で安いのでおすすめです。現在は1つあたり65円とかなり安いものになっており、安さを求めるだけならばおすすめです。1袋に2粒のチョコレートが入っており、袋にはありがとうのメッセージがこめられております。2017年はこれを選ぶ方が増えてきているので、売り切れには要注意です。味については値段の割りにおいしいです。色々と使い分けができるチョコレートで、義理で貰ってもちょっとうれしいかなと思ったりもするようです。そのままプレゼントすることも可能です。

・長崎心泉堂(チョコカステラ)

安いだけではない!おいしい義理チョコ!

安いだけではない!おいしい義理チョコ!

こちらも安いので義理チョコの範囲内として紹介します。値段については360円程度のもので、総合的な義理チョコの費用としてはかなり安いです。単に安さだけに惹かれてラッピングで思いのほか費用がかかってしまったというのは義理チョコでありがちな失敗ですが、すでにこちらではラッピング込みの値段となっており、こちらのチョコカステラはかなりおいしいと評判です。義理と安さと値段の総合的なバランスがすごく取れているので、興味のある方は今年の義理チョコとしてチョイスしてみましょう。

・スイートファクトリーヤミー

義理チョコらしいラッピングがポイント

義理チョコらしいラッピングがポイント

星型のチョコレートが綺麗にラッピングされています。1つあたりの価格はネットショップだと194円と安いものになっております。バリエーションは熊の絵がついたものか、英字がプリントされたものかのようです。義理チョコと分かるラッピングで、丁度良いです。また、カラフルな星のチョコが入っており、他の星型のチョコより安っぽくないというような感じでもあります。バレンタインなどのイベントでは大活躍間違いありません。味については普通のチョコといった感じです。

・カファレル(ゴールドてんとう虫チョコ)

可愛い、安い、義理チョコです

可愛い、安い、義理チョコです

カファレルのチョコはとにかく可愛いものがあり、その中でもこれが安いのでおすすめです。価格はなんと259円と、義理チョコの平均的な予算を下回っております。見る人を楽しませるだけのチョコレートはバレンタインではいくつもありますが、それだけではなく中身のチョコもおいしいのでおすすめです。チョコそのものはイタリア産のものを利用しており、安い中でもちょっと高級感があります。絶妙なバランスが取れているので今年のバレンタインの義理チョコはこれという女性も少なくはありません。

・ギフトハウス(スイートローズ)

あまり考えてはいけない安い義理チョコ

あまり考えてはいけない安い義理チョコ

ローズとは書いているものの、乾燥苺の周りにホワイトチョコをコーティングしたものです。ラッピングするもののデザインもおしゃれすぎずハートもついていないというような観点からかなり義理チョコに向くものです。何より、味じゃなくてパッケージの柄が商品名かとツッコミを入れたくなる面白いチョコです。お値段なんと328円とまだまだ安い部類です。蛇足ですが、メーカーは日本のおばちゃんが頑張って作りましたと書いております。ここまでアピールされるとご年配の力を借りるべく、なんとなくバレンタインの義理チョコとして買わないといけないような気もしてしまいます。

・longcham(トリュフチョコボックス)

高級感のある安い義理チョコです

高級感のある安い義理チョコです

義理チョコで安いけどおすすめのもの、なおかつ高そうに見えるという欲張りな要望をかなえるならばこちらです。黒のパッケージにパーテーションは銀、中にはトリュフチョコが3つ入っており400円とまだまだ、義理チョコの安い価格帯です。味についてはこちらのメーカーは申し分ないものが多く、チョコレートも義理にしてはこだわっているので、安いだけで見ても恥ずかしい思いをするようなチョコではありませんのでおすすめです。ちょっとオシャレな方にプレゼントできるような安い義理チョコです。

・ブラックサンダー(義理チョコ)

誰がどう見ても義理チョコと分かるのでおすすめです

誰がどう見ても義理チョコと分かるのでおすすめです

これはちょっとウケ狙いの要素を含んでおりますが、こちらの方を渡すのがむしろ清々しい感じがします。名前は一目で義理と分かるチョコレートと書いており、裏には義理度なるものが書かれております。中途半端なものだと解釈に困ってしまいますが、明らかに義理と書いているのでその分、割り切った感じでいけるので貰った男性も助かります。もちろんブラックサンダーはかなりおいしい安いチョコでお勧めなのは言うまでもありません。高級なものとは違うおいしさで日本でも親しまれてます。

・気まぐれNEKOのチョコ

可愛いくて安い義理チョコで一番のおすすめです

可愛いくて安い義理チョコで一番のおすすめです

中にはクランチ系のチョコが入っており、量も2つ程度とかなり義理チョコにおすすめです。注目すべきなのは画像のとおりのオシャレなラッピングです。義理チョコで男性にも女性にもあげるシチュエーションとして使えたり、猫好きの方に渡せる義理チョコでもあります。ラッピングだけがオシャレなのではなく、中のチョコは金と緑のチョコとマッチングした紙で包まれております。それでいて260円程度の価格帯と非常に安いです。2017年の義理チョコで人気を出してきているおすすめなものです。

・風味絶佳.山陰(和チョコ)

おいしい、安い、おすすめの3点が揃った義理チョコ!

おいしい、安い、おすすめの3点が揃った義理チョコ!

和とチョコを兼ね備えたものです。義理チョコに使えるもので安いというものはもちろんのこと、かなりおいしいです。いわゆるチョコ餅というものです。味についてもしっかりと研究されており、バレンタインにもらう男性のために少し甘さは控え目となっております。かんだ瞬間に中から生チョコがジワーっと出てくるのがたまらないポイントです。また、義理チョコと言えど、筆者はこれを自分用にも買います。気になるお値段390円とこれまた安いのでおすすめです。ネットショップを利用する方ならばこの価格で済むとのことでした。


スポンサーリンク

シェアする

フォローする

関連コンテンツ+広告
関連コンテンツ+広告