バレンタインの予算2017年版!本命、義理、会社など全て公開!

スポンサーリンク

バレンタインに使う予算について気になっている方も多いです。今回はある程度紹介記事もまとまってきたので、実際にどの程度にバレンタインの予算は2017年にどのくらい使われるのかを紹介していきたいと思います。義理、会社用、本命などなどすべてを公開しております。また、予算に合わせてどんなチョコが今年は選ばれているのかについて取りまとめております。ちなみにバレンタインに使う予算がどれだけ大事なのかを説明しておくと、あなたの個人的な予算だとホワイトデーに困る人や反応に困る人が出てきたり、最悪の場合勘違いと繋がってくる可能性があるのでご注意下さい。

バレンタインの予算特集2017年版

バレンタインの予算特集2017年版

※いくつか予算別のバレンタインの特集を組んでいます。HOTと書かれている部分がこちらや世の中では選ばれている傾向があるので、そういったリアルな予算の傾向を参考にしたい方ならばそちらも参考にして下さい。

バレンタインで義理や会社に使う予算はどのくらいか

義理に使うバレンタインの予算は大体300円から500円ほどと2017年は決まっているようです。そういうのも完全に義理というより、義務チョコとしてバレンタインに渡している方も多かったり、経済的負担がそれ以上になるとプレゼントする側もお返しする側も大きくなってきてしまうというのが原因です。そういう方からすると、一種の無駄なお金が発生するイベントくらいにしか思いません。特に相手に期待するのはバレンタインではせっかく多くの予算を出しても、返してくれないことがあるので禁物です。あくまでも義理は義理と割り切って、予算はこのくらいにとどめておくのが今年2017年はスマートです。ちなみにこれはアンケートで出ている結果なので、会社ともなれば周囲の方の経済力に依存しているというのがバレンタインデーです。予算どころかやめたいと思っている方も男女共に多いので、そのあたりを踏まえた上でやはりこの価格が予算としては適正です。こちらについて過去に取りまとめてみたので、あなたの予算に合わせて次の記事を参考にしていただければ幸いです。また、300円という価格が予算に含まれているのは学生も居るからだと予測できます。大人子供問わずチョコレートが渡されるのがバレンタインです。また、あまりバレンタインの予算が会社に多すぎても、相手に迷惑がかかったり、お返しがない場合もあるのでこの予算が会社では適正と言えます。

300円以下の義理チョコ特集

400円以下の義理チョコ特集

→【HOT】500円以下でおすすめの義理チョコ

→【番外】友チョコの人気ランキング2017

バレンタインで本命や彼氏に使う予算はどのくらいか

こちらについては義理などから価格は上乗せされて、600円以上のものとなっております。学生ならば800円以下くらいで、社会人ならば3000円以下がバレンタインの本命に贈るプレゼントの予算とされています。義理と同様に、相手の経済力を見ながらバレンタインのプレゼントを行うというのは非常に重要です。年齢によっては社会人と学生という立場もあるので、それぞれの予算やお財布状況を考えて大体このくらいということなので、これより安くなることもあります。参考程度のデータとしてとらえるようにしてください。あなたのお財布状況に合わせて選ぶのが2017年は最も賢い予算の選び方です。

バレンタインの予算700円以下チョコ特集

バレンタインの予算800円以下チョコ特集

バレンタインの900円以下のおすすめチョコ特集

→【HOT】バレンタインの1000円以下のおすすめチョコ特集

バレンタインの3000円以下のおすすめチョコ特集

バレンタインの予算を考えることは思った以上に重要

さて、バレンタインの予算をお調べいただいた方は大体の価格がお分かりいただけたかと思います。バレンタインそのものについての考え方は個人差があるため、予算についてはこれといった正解はありません。経済状況によることがほとんどだからです。会社に勤めて1年目ならば経済的に余裕のある方の割合も少ないです。会社ならばある程度常識を考えてプレゼントをしたりお返しがあったりとありますが、たまにとんでもない金額のものをプレゼントしたりしてくる方も居るようです。そういった予算に惑わされないように注意してください。また、バレンタインのお返しそのものについては期待しないという結果が出ているとおり、あまりおしゃれなものや高価なものを期待してはいけません。特に若ければ若いほどバレンタインに夢見ている方が多いので、世の中のお財布状況を知る意味では期待しないで居る方が得策です。

バレンタインの予算のアンケートに騙されないようにしよう

バレンタインデーの予算というものは意外と本気で応えているデータは少ないので注意しましょう。そういうのも、ネットなどの匿名でリアリティのある意見もあれば、ちょっと見栄を張って応えたりする方も居たり、アンケートだけ無駄に回答させられるようなサイトもあって、予算というのはあまりアテになりません。あなたの考える予算や、周囲の状況を見て決定するのがバレンタインの予算です。あくまで参考程度ということで今回の記事も参考にしていただければ幸いです。


スポンサーリンク

シェアする

フォローする

関連コンテンツ+広告
関連コンテンツ+広告