バレンタインにおすすめの3000円以下のおすすめチョコ【2017】

スポンサーリンク

バレンタインももう間近ですが、そろそろ本命や大切な方へのチョコ選びは決まったでしょうか。今回はどのバレンタインのチョコがプレゼントされているのかということをトレンド視点を交えつつ3000円以下のチョコを紹介していきたいと思います。ちなみに、この価格帯になると経済面的に余裕のある方どうしならばともかく、義理の範囲から離れてしまう価格帯なのでご注意下さい。このあたりは過去記事を参考にしていただければ幸いです。そんなこんなで、どのようなチョコが選ばれているのかやおすすめなどを紹介して行きます。

バレンタインにおすすめの3000円以下のチョコ特集

バレンタインにおすすめの3000円以下のチョコ特集

バレンタインにオススメな3000円以下のチョコ【2017年版】

・ガレーのチョコ

3000円以下でこれは安い♪

3000円以下でこれは安い♪

いわゆる本場のチョコでベルギーの王室が気に入って食べているというチョコです。3000円以下ではゴディバ同様におすすめの部類に入ります。どちらの会社もベルギー産のチョコを使用しており、ガレーのチョコは値段の割りにおいしいと人気です。見た目もカラフルでパッケージもおしゃれなところがさらにバレンタインの本気度を感じさせます。味もたくさんのものが入っており、次々と何を食べようとわくわくするものです。おすすめなのはショップに行って買うことです。海外から直接仕入れるとなると箱などの傷が気になる場合もあります。

・メリーチョコレート

バレンタインにたくさん食べたいと思っている方に向けた3000円以下のチョコレート

バレンタインにたくさん食べたいと思っている方に向けた3000円以下のチョコレート

甘い物好きでも色々なものをたくさん食べたいと思っている方におすすめのバレンタイン用の3000円以下のチョコレートです。なんとその数54粒入りです。おいしさはもちろんのこと、チョコらしいカラフルな見た目がおいしさを一層引き立てます。もちろんショップでもかなりの人気なので、皆で食べるようなプレゼント用としてもおすすめです。味については17種類ほど入っているので、大満足です。箱は白いものと赤いものの2つのタイプがあるのでバレンタインにあわせたカラーリングのものを選んでおきたいところです。

・リンツ(エキストランボックス)

幅広いニーズに応えるリンツ

幅広いニーズに応えるリンツ

やはり3000円以下のチョコといえど、リンツは外せないものです。色々なフレーバーがあり、オレンジ、ミルク、スイート、エキストラがありますが、筆者個人はエキストランが色々な種類のものが入っているのでおすすめです。男女どちらにプレゼントするものとしても1つの包装で食べやすい大きさのチョコが入っており、有名どころなのもあってか、色々な視点から食べる方への工夫がなされております。また、あまり指摘している方は少ないのですが、梱包しているビニールの袋も裏表で若干素材が違っており、食べるチョコの鮮度を常に適切に保てるように工夫されております。

・シーキャンディのチョコ

アメリカの元祖チョコ!3000円以下とお手軽!?

アメリカの元祖チョコ!3000円以下とお手軽!?

アメリカ仕様のチョコレートで海外製のチョコをバレンタインにお探しの方はおすすめです。もちろん3000円以下で購入することができます。また、味については素朴なものでこれぞチョコレートといった感じです。用量も400g超えとまさにアメリカンスタイルです。味についてはミルクとダークがあり、交互に食べるような楽しみ方があります。シンプルすぎて食べやすいので、甘い物好きの方は食べすぎに注意です。見た目も綺麗なので、大切な方にプレゼントしたいバレンタインチョコです。

・ゴディバ(トリュフアソート)

本命のバレンタインに贈りたい3000円以下のチョコ

本命のバレンタインに贈りたい3000円以下のチョコ

知らない方のために紹介しますが、3000円以下のチョコレートでも、しっかりとゴディバはあります。このあたりの価格から梱包もしっかりしてきて、中身もしっかりしてくるので3000円以下ではおすすめのチョコレートの1つです。味は1つ1つ違っており、個人的にはトリュフアメールが好みです。先ほど紹介したガレーのものとしばしばチョコレート好きに比べられており、どちらもおいしいものです。本命ならゴディバ、義理ならばガレーといった感じで使い分けるのも良さそうです。バレンタインのご参考までに。

・スターウォーズチョコ

男性に贈りたい3000円以下のバレンタインチョコ

男性に贈りたい3000円以下のバレンタインチョコ

男性ならば大体の方が好きであろうキャラ系のチョコレートです。あまり甘いものに興味がない方でもテンションが上がるものです。バレンタインのチョコの中ではニッチな需要かと思われそうですが、そうでもなく、男性にこういったものをプレゼントしている方は結構居るようです。2017年は色々な影響か、更に多くなってきているので、バレンタインにチョコを贈る方は男性と決まっているならば味ではなく、キャラ的なものを優先するのも方法の1つです。味についてはいたって普通のチョコレートです。

・アトリエ・アッシュ・プリュス(チョコケーキ)

本命の方に是非

本命の方に是非

特にバレンタインでも本気度を見せたければこれです。茶色い箱に赤いラッピング、綺麗にちりばめられたらナッツ見た目はともかく、おいしさはかなりのものです。甘さ控え目で、脂質も控えめな感じなのでバレンタインに羽目を外して食べても大丈夫なものです。色々な観点からも3000円以下のチョコ系のスイーツとは思えないような出来上がりです。買うところによれば、もう少し安いかなという印象を受けます。男性でも貰ってうれしいと思うタイプのものなので、個人的にプレゼントにするならばこれかなとも思います。

・カフェタッセ(アソート)

おいしい、可愛い、カフェタッセのチョコ♪

おいしい、可愛い、カフェタッセのチョコ♪

缶にリボンの綺麗なラッピング、中を綺麗に見せるような工夫がしてあります。純粋なチョコの味がして、甘さ控え目と言った感じです。本来のバレンタインデーに使えるもので、男性にプレゼントするときには特におすすめの甘さ具合です。濃い目の味が特徴のカフェタッセです。また、バレンタインチョコでは、甘い物好きはこのチョコレートがプレゼントするだろうという予測もあります。2017年のトレンドを追いつつ、バレンタインを成功させるにはこちらかもしれません。販売店はありませんが、ネットショップやイベントコーナーにしっかりとありますので注視してみましょう。

・カファレル(ギフト)

高級感のある3000円以下のバレンタイン用チョコレート

高級感のある3000円以下のバレンタイン用チョコレート

イタリア製のチョコレートで、中身は色々入っているので見るだけでも楽しめるバレンタインチョコです。意外と大きい箱で届き、高級感もあります。3000円以下で、ちょっと高そうなものを選びたいなと思うならばこちらが断然おすすめです。もう少しバレンタインの女性らしさを出したいならば花柄と赤のラッピングがされたものもあります。ネットショップだとラッピングをやってくれているところがほとんどです。また、友チョコにする方も居るのでそういった方はこちらの方が貰ってうれしいと思います。


スポンサーリンク

シェアする

フォローする

関連コンテンツ+広告
関連コンテンツ+広告