義理チョコの断り方!実際に断った話

スポンサーリンク

義理チョコと言えば、会社や学校などでバレンタインのシーズンになれば貰う男性も多いと思います。しかし、迷惑だったり、お返しするためのお金がちょっと無駄に思えることもあります。そんなときの断り方を紹介します。実際に義理チョコというものは、男女共に好きではない方は結構な数が居ます。しかし、断り方そのものをどうすればいいのか、相手を傷つけない方法について色々と紹介してみます。筆者も今年は義理チョコというストレスから解消されたので、是非参考にしてみてください。最後まで納得できない方に向けても、最強の断り方を最後に書いております。

義理チョコの断り方

義理チョコの断り方

義理チョコの断り方はストレートに話してみる

義理チョコの断り方でこれは相手としっかり向き合って話せるかどうかが今回のキーポイントとなります。相手を傷つけないためには、腹を割って離せる必要があります。難しい方はこちらは飛ばして、次の方法を読んで下さい。まず、義理チョコを貰うというのは何かしらの意味があり、今後もよろしくという意味合いがほとんどです。このことから、一口に義理チョコをあからさまに迷惑そうにしていらないというのではなく、一旦感謝の気持ちを伝えます。そして、相手も嫌で義理チョコをあげていないかどうかもできれば確認します。大体察することが出来れば、あなたから、貰ってうれしいけど気持ちだけ貰っておく、今年からは受け取れないといったようなニュアンスで断ってみましょう。相手もこれで不快な思いはしません。それでも貰ってくれというならば、一旦貰っておいて翌月は返さないという選択肢は問題ありません。断り方以前にそもそも義理チョコに期待している方も多くはありません。

会社での義理チョコの断り方

これは賛否両論ありますが、一旦義理チョコを貰うメンツで話し合います。筆者が実際にやった断り方です。一旦バレンタインデーに義理チョコは貰うものの、来年は男性皆揃って返さないということです。これは効果があり、特に文句を言う人も出ませんでした。むしろメンズの方からしっかりと先導してくれたので良かったと思う女性も多かったようです。このことから、会社ならば協力して義理チョコを渡さないということも必要です。言うことが難しいならば、行動で示す断り方も良いです。もし、あなたがチームのトップならば先導してそういったことを部下に通達し、下の立場であるならば、上司に提案してみましょう。上のクラスになればなるほど負担額も重い傾向にあります。こういった断り方をして、相手が傷つかないかという疑問も出てくると思いますが、女性皆が義理チョコに賛成どころかうんざりしている方も多いので、むしろ良い傾向になります。それでもちょっとした借りができてしまったというならば、力仕事はホワイトデーだけ率先してやるというようなお返しで終えても良いかもしれません。

他の方法として、本命以外のチョコは会社では渡さないようにと言う方法もあります。理由として、双方お金が勿体無いから趣味やランチやお友達や彼氏や夫にお金を使いなさいと気づかうような言葉をかけても良いです。特に会社での義理チョコならば完全に形式ばったものが多いので、そちらの方が助かったりする方も多いです。

他には匿名でアンケートをとる方法もあります。今年の義理チョコはほしいですかといったようなアンケートを社内に設置します。匿名ということが必要です。なるべく理由もつけるところも必要かもしれません。アンケートをとって不必要という言葉が半数以上出れば、今年はやめにしようといったことを男女のそれぞれのトップがやり取りを行います。たまにではありますが、義理チョコでもほしいという方も居ます。

個人的な義理チョコの断り方

さて、会社でもなく個人的に義理チョコを貰うかもしれないというケースでも紹介したいと思います。友達関係でも義理チョコを貰うことについてはあまり賛成ではない方も多いと思います。個人的な義理チョコの断り方でも、ありがとうという気持ちを伝えます。そして、真剣にあなたなりの言葉で義理チョコを断ってみましょう。ここでのポイントはなるべく相手を気遣うような言葉を使うことです。そして、ある程度話せたら相手もしっかりとそれについて話してくれるケースもあるので、むしろ打ち解けるチャンスだったりもします。個人的な義理チョコの断り方は、相手に感謝の言葉を伝えて、相手を気遣うことです。

義理チョコの断り方で気をつけること

義理チョコの断り方で共通して言えるのは、相手を気遣えてるかどうかということになります。義理チョコを渡す心理としては、今後ともよろしくお願いしますの意味がチョコになっているだけなので、それ以上の深い意味はありません。そのものを断るとなると、相手を否定している形にはなるので、断るタイミングで、感謝の気持ちと相手の気遣いの気持ちを伝えます。こちらこそがホワイトデーにあたりますが、そういったことはイベントではなくとも言葉やメッセージで伝えることや、行動で示すことが出来ます。また、断り方そのものをしっかりと考えて実行した上で、相手に嫌われるような関係ならばこっちから願い下げという方も多いはずです。会社であれど個人であれど人間関係は重要ですが、それをわざわざチョコにする必要も無く、普段の行動などで示せばそれで良いと筆者は個人的に思います。チョコ1つでここまで頭を悩ませるのはやはり皆やっているからということだと思いますが、その中でも流れを変える役目も必要です。また、断り方どうこうより、すでに義理チョコをやめたいと思っている女性もアンケート結果によると半数以上居るそうです。お読みのあなたは男性かもしれませんが、こういう役目を社会でも買うというのが男性のちょっとしたつらいところでもあります。気にせずにまずは、相手に気を使った断り方を意識するだけで問題ありません。

義理チョコの最強の断り方

まずは可能であれば、バレンタイン前から義理チョコはいらないよというようなアピールをしておきます。会社や個人でも中々そうもいかないことも多いので、この過程は飛ばしても問題ありません。そして何食わぬ顔で返さないことです。徹底してしまいましょう。恐らく相手は何でだろうと考えると思いますが、それで相手が助かるケースも多いです。実際に筆者の友人の職場では経営者が男性で従業員がほとんど女性というようなところでしたが、物腰も柔らかく断るのも難しいような性格の人でしたが、徹底して返さないということをするとそういった習慣は職場から消えたようです。特に不満の声を発する方も居ないようでした。義理チョコという習慣を断ち切りたい方は、あなたなりの方法で気をつけるポイントだけ気をつけておけば、あとはあなたなりに行動するだけです。勇気の要る行動ですが、こういったこと以上の断り方は他にはありません。また、それでも来年も義理チョコを渡してくる方も居ますが、徹底してお返しはしないというスタイルを取れば自然と義理チョコの習慣は終わります。


スポンサーリンク

シェアする

フォローする

関連コンテンツ+広告
関連コンテンツ+広告