バレンタインのチョコが渡せなかった時の対処法

スポンサーリンク

バレンタインのチョコが渡せなかったという女性は意外にも多いのです。そんな女性たちに向けて、バレンタインの渡せなかったチョコはどういう風にすればいいのか、改めて渡してもいいのかについて紹介していきたいと思います。まず、渡せなかったらどうしようと思う方に向けてのバレンタインの解説と、本当に渡せなくて2月14日以降になってしまった方の2パターンに向けて解説をしていきます。その前に、渡せなかった理由としては勇気が必要だったり、恥ずかしかったりなどが主なものだと思います。そういうときに向けてどのように切り口を持っていけば良いのかを解説していきます。

バレンタインのチョコが渡せなかった方向けに

バレンタインのチョコが渡せなかった方向けに

バレンタインのチョコが渡せないかもしれないと心配になっている方へ

バレンタインのチョコが渡せないという理由は先ほど述べましたが、その根底に告白などがおりまざっているのがほとんどです。恐らく色々な方法で渡そうとすると思いますが、やはりこれらの行動には勇気が要ります。そのような場合には一般的な形にとらわれないことが大切です。渡せなかったになる前に自分がやりやすい方法を選んでみてください。

※すでに渡せなかった方は後半を読んでください。

・机や靴箱にチョコとメッセージを置く
男性にバレンタインを渡すのにはチョコとメッセージを置くというのはよくある手段です。面と向かって渡すというのはこの際やめておくことにして机や靴箱などに置いておきます。そこに書くメッセージの1つとして連絡先を付け足しておきましょう。これはバレンタイン当日に渡せなかったを回避するためと、やはり告白などに勇気が必要だという場合に備えておくためと、電話口やLINEなどで告白する手段も悪くはありません。あまりこのような形式を好まない女性は多いですが、男性はそうでもありません。

・渡せなくても大丈夫と割り切る
予めバレンタインにチョコが渡せない、渡せなかったと心配になってしまうのは当たり前です。好きだからこそ絶対に成功させたいと思うのですが、告白という本来の目的を考えてみると、そもそもバレンタインに渡せなくてもいいじゃんとアバウトに考える必要もあります。あまり緊張して告白していると何を言っているか分からなくなったりしたり、男性の本音が聞きだせないこともあります。そして、好きな人も結局この人は何を言ってるんだろうとなってしまうこともあります。渡せなくとも大丈夫とあえて割り切ってみると、バレンタインにすんなりとチョコが渡せます。

・渡せなかったより、渡して告白成功のパターンを考える
マイナスなことばかりなことばかり考えているとそれは現実となってしまう可能性があります。嫌なことが当たる方は特にそのパターンに該当しています。その気持ちも筆者はあるので分かりますが、渡せなかったらどうしようとおろおろしているよりも、渡して告白もシャキっとできてカップル成立のパターンをこれでもかというくらい想像してみましょう。イメトレのようなものですが、これが出来るかできないかでも成功率は違います。渡せないことがないように、しっかりとシナリオを考えておきましょう。

バレンタインのチョコが渡せなかった方はどうすればいいか

・バレンタインにチョコを渡すという考えはやめよう
バレンタインにチョコを渡すという考えは近年始まったことです。そもそもカップルなどが愛を誓う日なので、チョコのチの文字すら出ていません。男性も何人からももらうわけでもなく、返答にもやはり女性と同じく勇気が要ります。また、渡せなかった方も居れば、もらえなかった男性も居ます。数日遅れてもよいので、自分の気持ちを伝えたいならば渡せなかったなと悔やむより、もう一度渡してみるというような思考に切り替えましょう。数日以内くらいであれば、男性も特にもらえていなかったならば、もらえてかなり喜ぶはずです。好きという感情を好きではない人に伝えられたとしても、嫌な気分になる方はほとんど居ません。リラックスして渡すようにしましょう。

・むしろ今から呼び出してみる
バレンタインのチョコが渡せなかったと落胆している方は、今すぐにでも行動を起してみましょう。今は夜でしょうか。それならば大チャンスです。「ピンチをチャンスに変えろ」という言葉があるように、これに該当していれば夜というのは人間の性質上寂しかったりネガティブな感情を持っていたりします。まさにチャンスではないでしょうか。そこで、今から呼び出せるなら呼び出してみたりしてチョコをプレゼントしてみましょう。相手もあなたのことが好きであれば話に賛成し、乗ってくれます。

・好きな人に渡す宣言する
むしろあっけらかんとした感じで、友達のように振る舞い、そういえばバレンタインもらえたかなどの切り口などから入って、私も渡すというような感じで乗り切っておきます。そこで、翌日などに渡してあげましょう。予め相手もそれなりの緊張感を持ってくれたり、意味を含ませておけばあなたも何かの告白のきっかけになります。また、告白予告なるものしてもいいかもしれません。とりあえず、そうするよといったようなことを相手に宣言しておけばあなたも心は幾分か楽になります。


スポンサーリンク

シェアする

フォローする

関連コンテンツ+広告
関連コンテンツ+広告