友チョコの断り方!2017年はうんざりしている女子が多い!?

スポンサーリンク

友チョコで女性の頭を悩ませていることは年々多くなってきているようです。特に2017年hそうです。それに伴い、断り方の需要も上がってきております。始まりとしては、本命にあげるついでにといったような考え方が日本中に広まって、今やバレンタインに友チョコということは当たり前になってきました。しかし、その友チョコがきっかけで、思わぬ出費やトラブルになってしまうケースも少なくはなく、そういったことにうんざりしている方に向けて今回は断り方をお教えしたいと思います。また、子供や、子供の友チョコをやめさせたい場合の断り方なども分けて説明します。

バレンタインの友チョコの断り方

バレンタインの友チョコの断り方

友チョコの断り方を考える上で重要なこと

これは一番重要なことですが、断り方を考える上で1つは絶対に矛盾を生ませてはいけません。例えば、他のサイトで紹介されている断り方では場合によってはむしろ今年も友チョコ以外のチョコを準備しないといけなくなる可能性があります。こういった墓穴をほってしまわないように、断り方では矛盾を生ませないことが必要です。本命を言い訳にする断り方ですが、場合によってはあらぬ方向に話が向いてしま今そうなので、次の具体的な断り方と具体的なその他の方法を紹介します。

友チョコにうんざりした女子向けの断り方

・本命が居ることをアピール
これはどこでも言われていることですが、本命が出来たからといって友達をないがしろにするのかと思ってしまう方も居ます。むしろ、そのような方に友チョコを上げるのもこちらから願い下げですが、万人に好かれたい方ならば友チョコは本命が居てそっちにも上げたいけど経済面の都合でということでリアルすぎる断り方などをしても良いです。うんざりしている方はこれが妥当な言い訳に見えると思いますが、「え?誰?」と聞かれると面倒だったり、思わぬ方にチョコをあげなければいけないというような面倒さが生まれてしまうこともあります。断り方では他のサイトでは解説されていますが、場合によっては墓穴をほってしまうことになりかねないので、次のことも参考にしてみてください。

・病院で禁止された
友チョコを渡したりしたいことは山々なんだけど、病院で禁止されたからという断り方もあります。それじゃあ糖尿病と言えというのかということではありません。確認のしようのない友チョコの断り方の理由で突っ込まれてきかれたら、てんかんの疑いがあるといいましょう。あくまで疑い程度で済ませておく必要があります。そうかどうかはわからないけど食事療法として、甘いものの間食は禁止されてしまったと言いましょう。それならばスナック類でもと強引に突っ込んでくる友チョコ以外の提案をしてくる方も居ますが、そこは糖分がダメだからお菓子類は全部禁止なんだと突っ返しておけば、話に矛盾も生まれなくて説得性があります。

・家族のせいにする
毎年上げていたりもらっていたりする友チョコの断り方として、家族のせいにする方法もあります。しかし、これまであげていた友チョコをなぜいきなりこのタイミングでやめようとするのか詮索することが大好きな方も居ます。友チョコの断り方の1つとして矛盾が生まれてはいけないということがあります。このことから、このタイミングで家族の用件でちょっと節約が必要になったという断り方をしても良いかもしれません。もうちょっと周囲の評判も上げながらということならば、今年の2月で祖父や祖母が還暦を迎えるのでそれをお祝いしたい、来年は友チョコを渡すから今年だけはそっちに本気になりたいというようなことをアピールしまくっておきます。

・精神的なものを問題にする
これは嘘でもなんでもなく、糖分は精神を病ませることがあります。砂糖依存症ということばもあります。しかし、これをまんま友チョコの断り方に使ってしまうと、この人は何なんだと思われてしまいがちなので、病院のカテゴリとかさなりますが、仕事や受験のストレスで病院で食事療法をすることになって、これをうまく断ち切ってる途中なんだといいます。学校の方は給食で気にされてしまうかもしれませんが、あくまでも減らしていることが重要なんだと釘を打っておきます。食事中にもちょっとしたものに気を使っているふりをするとリアリティが増します。

・ストレートに伝えてみる
日本は察する文化がありますが、万人がそんなことをできるのかといえばそうでもありません。そんなこんなで、友チョコの断り方の1つとしてストレートに伝えてみるということも必要です。それが出来ないから困っているとおっしゃる方は友チョコの断り方を考える上で発想を切り替えてみましょう。ストレートな話が出来ない友達というのは恐らく一生の友達ではありません。10年後20年後も友達として目の前の方が居てくれる確証があり、しっかりとしているならば友チョコをあげてもあげなくともしっかりとした関係は続きます。そういった友達をスパっと切る意味でもこういう断り方をしてみることは重要です。こういった付き合いにうんざりしている方は疲れてはしまいますが、おすすめです。

子供用の友チョコの断り方

子供に友チョコをやめさせたりするのには、まずは子供が友チョコをあげる理由を聞きます。好んであげていたり、義務感で渡していたりということもあります。後者であればそういうのうんざりしないかという切り口で話してあげると、意外と簡単にやめてくれたりします。そうではない場合もあります。それは、前者の好んで渡しているということもある場合です。そのような時は、親御さんはどうやってうまく断り方を伝えるのかというとアレルギーを理由にします。事実として、チョコレートの成分の一部はアレルギーの引き金となっているケースもあります。そういったことを子供に教えるとなんとなく理解してくれます。他の断り方として、教師に相談します。学校で渡さないように見張って欲しいというと、やる気の無い教師は言うことだけ聞いて放置される場合もあります。では、どうやって見張らせるのかというと、食中毒を起すシーズンなので友チョコがキッカケで起こったら怖いという理由でやめさせるようにします。本当に起こったら学級閉鎖です。そんなこんなで、子供に今年は先生がきつく見張るらしいよと言っておけば良いです。そして、そのような連絡が自分のところにも来たと伝えてあげると、子供は渋々友チョコをやめるかもしれません。それなら屋外でとなってしまっては友チョコの断り方としては不十分です。その他の理由もしっかりと考えておく方が後から色々言わないで親御さんも済みます。一貫性の無い断り方だけは子供や他人にも不信感を抱いてしまう可能性があります。また、親同士でやめさせたいと言うような共通の意見があるならば、この先も色々と無駄になるので早めに友チョコをやめさせるほうが良いです。ここまでの方法でもなお、友チョコを準備しようとするのであれば、色々本気なので今年は親の方が折れてみましょう。


スポンサーリンク

シェアする

フォローする

関連コンテンツ+広告
関連コンテンツ+広告