バレンタインにもらって嬉しいチョコ!本命、友達、義理の視点で解説!

スポンサーリンク

バレンタインのチョコをあげるのであればどうせならば、もらって嬉しいと感じるチョコを渡したいものです。しかし、男性だとどのようなものが喜ぶのかということは分からないはずです。そんなときにおすすめしたい、どのようなチョコが良いのかということを本命や友達、義理などの視点で今回は解説していってみたいと思います。そもそも、男性はチョコをもらって嬉しいのかという質問になると思いますが、バレンタインという特性上何らかの気持ちがあり、これからも仲良くしたいということや好きな感情があったりということなので、バレンタインに男性筆者はチョコをもらって嬉しいと思います。それでは、色々な視点から解説していきます。

バレンタインにもらって嬉しいチョコをそれぞれの視点で解説

バレンタインにもらって嬉しいチョコをそれぞれの視点で解説

バレンタインにもらって嬉しいチョコを本命、友達、義理の視点から解説

・手作りチョコ
これはバレンタインのもはや鉄板であり、男性視点から見るとどのようなブランドにも勝るものです。義理には向きませんが、本命なら大歓迎です。もらって嬉しいと感じる基準の1つとして、男性は女性に何か作ってもらえるということはかなり嬉しいことです。ロイズやピエールマルコリーニやゴディバよりも男性の中では価値が高いです。また、友達としてということを前もって伝えてもらっている状況だと、バレンタインに手作りチョコをもらって嬉しいと感じます。筆者も友達としての意味で手作りチョコをもらったことがありますが、本命ではないにせよとても嬉しかった覚えがあります。

・有名ブランドのチョコ
ちょっと舌の肥えた男性になら渡す価値はあります。筆者は女性とよくチョコについてのトークをよくしますが、筆者以外の男性になるとロイズのチョコすら知らないということもありえます。大人になるとお財布にも若干余裕が出来て、ワンランク上のお付き合いとしてピエールマルコリーニやゴディバを渡す方も居ますが、もらった男性はとりあえずチョコは甘いという認識でしかありません。甘い物好きは例外で、有名ブランドのチョコを渡す意味はありますが、その他の方に渡すとなればもらって嬉しいというよりチョコの値段を後から聞いてビックリみたいな方が多いです。ただし、会社やお友達としての意味で形式ばったお付き合いとしては有名チョコなども良いと思います。

・メッセージ付きのチョコ
バレンタインにもらって嬉しいチョコの1つとして、本命、友達、義理共にメッセージつきのチョコです。何か1つでも手書きのメッセージがあれば男性はそれ以上は求めません。市販の500円くらいのチョコでもメッセージ1つあればそれはもはや、世界で1つのチョコです。友達や義理であれば感謝していたり、ありがとうのメッセージを伝え、本命であればとにかく好きというような感情をストレートに表現することが大事です。

■こういうものも書いてみました
バレンタインにもらって嬉しいメッセージを男性視点で紹介

・あまり見ないチョコ
スーパーやコンビニで販売されているチョコなどは割り切った意味で渡したり、遠慮しないような友達というニッチな条件下ならもらって嬉しいですが、それ以外もということならばあまり見かけないチョコを渡すと男性はもらって嬉しいと感じます。しかしながら、難しく考える必要はありません。普段から気に入っているスイーツ店のチョコやローカルながらも運営しているようなところでもバレンタインになればチョコは販売されるのでこれを購入して渡すだけです。手作りは苦手だけど、本命にはそれなりのものを渡したいという時にも向きます。

・しっかりとラッピングされたチョコ
普通の包装のチョコならば男性もなにかのプレゼントで貰い慣れているかもしれませんが、ラッピングされたチョコというのは男性にとってかなり斬新なものです。女性同士ならばお菓子を渡す時などにはちょっとラッピングしてプレゼントということはあるかもしれませんが、男性はそのようなことは全く行いません。ラッピングしてもらっているチョコはバレンタインという日も相まって特別感はあります。

・既製品のチョコでも実はもらって嬉しい
チロルチョコをもらっても嬉しいと感じる謙虚な男性も居ますが、バレンタインという特別な日を考える上で既製品でも本命や友達を含む義理でも喜びます。本命ならばしっかりとハート型のものだったり、友達ならばちょっと綺麗好きであればむしろ既製品でも喜ぶ可能性は十分にあります。たまに手作りが苦手という方も居ます。

バレンタインにもらって嬉しいチョコは相手のことを考えてみる

本当に相手に喜んでもらいたいならば、相手の男性がどのような属性があるかを気にかけておく必要があります。特に本命ならば必要です。手作りのおにぎりがあまり好きではない方が居るように、チョコでもその視点はもっておくべきです。たまにそのような男性も居るので、もらって嬉しいと思われるチョコを渡す時にはわずかながらもこの可能性を考えておきましょう。また、これまでのもらって嬉しいバレンタインデーのチョコで結局どれでもいいじゃないかと思った方は、見方を変えてみましょう。それぞれちょっとずつオリジナル要素はあります。例えば市販のものでも、ハート型を選ぶといったような特別感は本命であれば必要です。こういったチョコに男性は魅力を感じるので、自分が試しやすいものを選んだ上で相手はもらって嬉しいかどうかを改めて考えて、チェックしてみましょう。


スポンサーリンク

シェアする

フォローする

関連コンテンツ+広告
関連コンテンツ+広告