バレンタインの一人の過ごし方は楽しむことが肝心!

カテゴリー

バレンタインの過ごし方を考える方がそろそろ増えてきていると思います。そんな時に一人となると何だか物悲しい気分になってきたりもしますが、そうなってしまってはバレンタインでは負けです。こんな方法はカップルにはできんだろうとむしろ一人がどれだけ楽しいか、楽しむかが一人での過ごし方の鍵になってきます。一人でしか出来ないことを今回紹介していきたいと思います。バレンタインをあなたも楽しむために、今回は最大の努力をしてみましょう。実はこうやって楽しんで心の余裕が出来ていると異性にモテたりもします。

バレンタインの一人の過ごし方

バレンタインの一人の過ごし方

バレンタインの一人の「多分」楽しい過ごし方

・自分磨きの運動を始める
バレンタインで一人ということに劣等感を覚えている方の過ごし方で一番おすすめなのは運動です。スポーツをしている男性や女性が好きになるという方も居れば、立派なアスリート体型を好むのは人間の本能レベルから考えても当たり前のことです。反対に、家などでじっと過ごしていると10年たってもそのままの可能性は非常に高いです。筆者はこれがきっかけでというわけではありませんが、イベント時にあえてジムで運動をしてそれがとても楽しくて一人で習慣にしていると異性から声をかけられる機会もかなり増えてきました。

・チョコを買いまくる
バレンタインといえば真っ先に企業の策略でチョコが思いつきますが、その策略に乗るという手もあります。一人の方が自分用のチョコを買うことは恥ずかしくもなんともありません。むしろ現代は、若い方がそのような傾向に増えてきており、友チョコなどもそれらと同じ部類です。今年も頑張るぞという意味をこめてちょっと奮発して自分用のチョコレートを買う過ごし方も良いです。それをまたお腹いっぱい食べるのもよしです。これがパートナーが居るとなると、自分用のチョコを買う資金まで回らないということもある方も居ます。

・友チョコ作戦
世の中にバレンタインで一人というのはあなた一人だけではなく、意外と多いものです。そこで、前もって友達にチョコを配布する計画を立てたりするのも面白いです。これがすでに毎年のバレンタインの一人の過ごし方になっているという女性も増えてきており、最近では友チョコというワードが当たり前になりました。こういったものを一人の方同士で交換する過ごし方は同じ境遇にあるので意外と盛り上がったりするものです。

・仕事、勉強に励む
バレンタインは求めなくとも毎年のようにやってきてしまいます。しかも一人というようなことを思うのではなく、将来自分のパートナーに最大限を尽くすための準備ととらえて仕事や勉強に励むのも1つの過ごし方です。今の知識や仕事ではカップルや結婚生活は無理だと思うような方は、さらなるスキルアップを目指してひたすら頑張りましょう。のほほんとした過ごし方よりは一人では何倍も有意義なことです。

・そもそものバレンタインを思い出して開き直る
バレンタインとは、すでにカップルになっている方たちが愛を誓う日とされています。それがいつしか日本では女性が男性にチョコをあげて告白、挙句の果てに義理チョコなんて言葉もでてきます。そもそもカップルじゃない一人の方は関係ないよと開き直る過ごし方もあります。また、正式な教会では認められていない日なので、完全に日本ではこじつけのイベントです。

・カップルの現実を知る過ごし方
一人であることというのは本当に気楽なものです。お一人様という言葉があるくらいです。将来のことも真剣に考えたり、バレンタイン以外の毎度毎度のイベントを重視する方や、サプライズを求める方も居ます。さて、そんな中毎度毎度相手にそんなに気を使ってられないしそれならば、むしろ一人の方が良いとも思えてくる方も多いと思います。パートナーが出来たら出来たでうれしいのですが、面倒なところも多々あります。一人で過ごしやすい自体になったので、過ごし方そのものを考えなくともありのままのあなたで良いです。

バレンタインの一人の過ごし方を考える上で重要なこと

恐らくバレンタインではなくともこのような記事をみている方は正月や大晦日、GW、お盆などなど過ごし方を考えてしまうと思います。毎度そんなことを考えて過ごすよりまずは自分が打ち込める趣味を見つけてみましょう。それに没頭するのが一番手っ取り早いです。筆者は一番先にあげた運動習慣を身につけることによってバレンタインは特に気にせず過ごしていました。これがゲームでも手芸でも何でも良いです。とにかく一人を楽しく過ごすというのは心に余裕が出来ます。もし、異性があまりあなたのことをみてくれないのなら心から楽しんでいることがないのが顔にでているからかもしれません。余裕のないどこかソワソワやイライラしている異性を考えてみてください。何だか近づきたくないと思うはずです。まずはあなたが余裕を持つことを目標として、バレンタインの一人の過ごし方を考えてみましょう。


シェアする

フォローする

関連コンテンツ+広告
関連コンテンツ+広告