バレンタインの自分用に必要な予算、これだけは買っておけというチョコ!

カテゴリー

バレンタインとなると友達や彼氏などに渡さずに自分に買っているという方も少なくはありません。甘い物好きにとってはかなり楽しいイベントであり、チョコもそれにあわせて特化したものが販売されるので筆者も誰にあげるわけでもなくバレンタインは自分用にも買ったりします。そんなこんなでこれはおいしかったというものや、それらを買うにあたって必要な予算などを紹介していきたいと思います。また、近年は女性ではなく男性も買ってきているようなので、この方が割と近代的な楽しみ方かもしれません。

自分用に買いたいバレンタインのチョコと予算

自分用に買いたいバレンタインのチョコと予算

バレンタインの自分用に必要な予算はどのくらいか

バレンタインで平均的に必要な予算を計算してみると、大体3000円以内が自分用と回答する方が多かったです。しかし、自分用でもちょっと奮発できる余裕がある方はそこから1万円程度までとチョコへの情熱をうかがわせます。しかも、こういうタイミングではないと、食べることができない有名店のチョコなどもあります。さてさて、そんなこんなで今回はこれらの予算から買えるおすすめのチョコをピックアップしてみたので、自分がこのバレンタインは自分用に買いたいなというものを見つけてみてください。

バレンタインの自分用に買っておきたいチョコ

・ロイズのフルーツバーチョコレート

本物の苺が!

本物の苺が!

あの有名店のチョコレートで、ストロベリー味というものが出ております。まだ食べたことがない方向けに説明しておくと、ストロベリーそのもののフレーバーは人工的ではなくそのままを使用した仕上がりになっており、一般的なチョコレートはあまり好みではないというメンズにもおすすめできるものです。自分用に買う予算としてもそれなりにかからずにおいしいものを買えるのでそれなりに得した気分になります。チョコレートの中でも筆者のイチオシであるので、紹介させていただきました。

・六花亭のストロベリーチョコ

安定の六花亭

安定の六花亭

六花亭というともはや、甘い物好きの中でもそうではない方でも有名であり、バターサンドなどは食べだすと止まらない味ですが、そんな六花亭が苺をチョコレートでコーティングしたものを販売しており、人気ランキングにも上がっております。価格もお得価格であり、自分用に買うにしてもあまり負担になるものではありません。周囲のチョコのコーティングはそれなりに分厚くなっているところも、六花亭の貫禄を感じさせます。もちろん、味はとてもおいしいです。

・べっぴん堂のチョコレート

見て楽しむチョコレート

見て楽しむチョコレート

食べるのは飽きたけどちょっと自分用に奮発してバレンタインのチョコを楽しみたいとおっしゃる方はこのチョコレートです。味はこれまたとてもおいしく、そこに技術料という感じです。見て楽しむを最大限に活かしている遊び心のあるもので、しっかりと食べることも出来る2度おいしいチョコでもあります。しばらく飾っておくことも出来るので、ちょっとしたインテリアにもなります。

・maQザッハ

お手ごろ

お手ごろ

今かなりの人気になっているのがチョコの中でもこのガトーショコラノタイプです。味はチョコの味そのものがかなり濃厚で、とろけるような素材がたまりません。梱包はシンプルではありますが、それがまたおいしいのではないかとワクワクするようなつくりになっています。バレンタインに自分用に買うならばまずはこれを買って幸せになりましょう。予算も1500円程度とかなりお手軽です。

・オーロラアーモンドチョコレート

アーモンド好きに

アーモンド好きに

アーモンドチョコレートの中では比較的おいしく、特に女性を中心に人気です。ホワイトチョコレートとアーモンドがしっかりとマッチしており、バレンタインに自分用に買ってよかったと思うものの1つになります。また、素材そのものも1週間以内にローストしたものを使っているという徹底っぷりです。これがチョコレートのおいしさを引き立てるキッカケになっているのかもしれません。

・ゴディバ

食べたことない方は食べてみよう

食べたことない方は食べてみよう

言わずと知れたゴディバチョコレートですが、まだ食べたことがない方も多いのではないでしょうか。ちょっと高いというイメージがあるかもしれませんが、少量ならば意外と普通の価格で買えたりもします。まだバレンタインは奮発できるよとおっしゃる方は、ゴディバでも引き出しがついているタイプのチョコレートがおすすめです。箱がとても上品で、その他にも使えそうなところが良いです。買ってよかったなと思う自分用のバレンタインチョコになることは確実です。

・Galler

王室のチョコレート

王室のチョコレート

食べる宝石とも言われているほどがあり、味も多種多様です。味そのものについても文句のつけようもなく、バレンタインの自分用の予算の平均価格くらいで購入できます。おいしいと言われているにはしっかりと理由があって、本場のベルギーの王室が愛用しているといわれているものです。包みもこれはなんだろうと気になってしまってついつい食べ過ぎてしまいます。バレンタインなのでそれくらいは良しとして、自分用にはかなりおすすめです。

・PeopleTreeのフェアトレードチョコレート

本物のチョコはこれだ!

本物のチョコはこれだ!

見た目は普通の板チョコかなと侮ってはいけません。72時間しっかりと混ぜ込んだチョコレートで、乳化剤はなんと不使用です。自分の体を労われるのは自分なので、バレンタインにはこういった意味でも自分用に買ってみても良いです。しかも本物のチョコレートです。他のチョコレートと比べてみると違いはかなり分かります。それでいてバレンタインの予算にしてはお手ごろです。

・惑星の輝き

食べるのが勿体無い

食べるのが勿体無い

写真以上のもののチョコレートがパッケージを開けたときにすぐに確認できます。マーブル模様がとても綺麗です。風味は1つ1つ違ったものであり、その場その場でしか味わえないところも良いです。自分用のバレンタインのプレゼントとして見た目も味もどちらも楽しみたい方はおすすめのものです。パッケージや箱もおしゃれです。


シェアする

フォローする

関連コンテンツ+広告
関連コンテンツ+広告