正月太りで体重が戻らないのを速攻で解消する方法

カテゴリー

正月太りを起した方が日に日に増えてきていますが、体重が戻らないという悩みを抱えている方が日に日に増えて生きています。体重計に乗って、3キロ太ったとか5キロ太ったとか、色々あるようです。さて、そんな正月太りを起して体重が戻らないと思っている方には今回原因なども含めて解消方法を紹介していってみたいと思います。ちょっとした知識を入れておくことで、ダイエットは簡単に成功するのでその点も含めて体重が戻らない方は参考にするようにしてみてください。

正月太りの体重が戻らない方必見

正月太りの体重が戻らない方必見

正月太りで体重が戻らないのは水分が原因

さて、正月太りといっても色々なタイプの方が居ると思いますが、今回体重が戻らないと悩んでいるケースでは水分を蓄えてしまったケースがほとんどです。正月の料理といえば寿司や黒豆、煮物、栗きんとんなどおいしいものがありますが、これらはすべて炭水化物にあたります。これがまさに正月太りの原因とも言える食材の数々で1g食べると、3~4gの水分を蓄えるようになっています。1kg食べると、3キロくらいの増加は当たり前です。そんなに食べれないよと思っている方でも、正月の3日を日で割ってみると、333gを食べると余裕でそのくらいは増えてしまいます。たったお茶碗2杯でそのくらいの計算になってしまいます。また、運動もしなく、日常的な消費カロリーも落ちているので水分を蓄えて正月太りを起しているようです。要するに体重が戻らない方はここを断ち切る必要があります。

正月太りで体重が戻らない方が即効で解消する方法

先ほど紹介した正月太りの体重戻らない原因ですが、これをしっかりと解消する方法があります。今回はどのような食材をメインに選べば良いかというかこれを食べておけば100%正月太りは解消できるというものを紹介します。今回戻らない体重を戻すために食べて頂くのは、鶏肉ときゅうりです。これらはお腹いっぱい食べてしまっても今回は問題ありません。食べすぎてしまう方は、鶏肉は皮を剥いで食べることでカロリーが半分程度に落ちます。これらは蒸し鶏や煮物などにして食べることをお勧めします。しかし、これだけでは正月太りで体重が戻らないと悩んでいる方にはまだまだ納得の行かない部分も多いので、どのようにして解消されていくか紹介します。まず、主食を鶏肉ときゅうりにすることで、米などを食べないことになります。これは、体に水分を蓄える炭水化物を一切摂らなくなるので、体重が増えることはまずはこれでなくなります。きゅうりは水分を体外に排出するカリウムが含まれているので、これらをうまく活用します。また、鶏肉を食べる理由としては正月太りの戻らない体重を戻すために頑張って水分や脂肪を消費してくれているのは筋肉です。これらはいずれ何かの栄養を与えないとガス欠を起してしまって、さらに体脂肪が増える原因となってしまうことがあるのでここでたんぱく質を補給してあげるわけです。また、豆腐や牛、豚、魚などたんぱく質であればどのようなものを今回摂取しても問題ありません。また、炭水化物にあたる栄養素は摂らないようにすることが正月太りの体重が戻らない時に戻す今回の重要な考え方です。

正月太りの体重が戻らないのはいつまでに戻る?

これまで色々とえらそうに解説してきた筆者ですが、実際に筆者は皆さんが悩んでいる以上に体重の増減を炭水化物によって行わせているので自分の体感からも言えます。ずばり、運動をする方であれば数日もあればこれらの食事法を加えるだけで体重はそのときの体重かそれ以下にすぐに戻すことが出来ます。運動をしない方であっても1週間もあれば体重が戻ります。恐らく今回の方法で、正月太りを起す前以上に痩せたりする方も居ます。この期間はちょっと辛いかもしれませんが、最大でも1週間と割り切っていると気は楽なものです。戻らないと悩んでいる大半の方は、恐らく正月からまだ日が浅い傾向にあります。このサイトでも去年正月太りについて書いてみたら、正月からまだ日が浅いうちによく参考にされていた訪問者がかなり多かったです。

正月太りの体重が戻らない方は平均でどのくらい増えている?

正月太りで体重が戻らない方は平均的な数字でどのくらいと気になっちゃう方に向けて最後に紹介しておきます。平均的な数値は今年は2.5kgと数年前のデータよりやや大きめです。おいしい食べ物が増えたのも平均値の増加に貢献しているのかもしれません。先ほどの計算から行くと625gの炭水化物を摂取した方が平均になっているようで、ご飯4杯分のものを多く摂ってしまっただけの話になります。これを解消するのは先ほどの紹介したことを確実に守るだけでほぼ100%戻らない正月部鳥の体重が激減するので、実は正月太りはあまり怖くはないというのが筆者個人の感想です。


シェアする

フォローする

関連コンテンツ+広告
関連コンテンツ+広告