正月太りを防ぐには?考え方を変えてみよう!

スポンサーリンク

このシーズンになると正月太りを防ぐにはどうしたらいいのかと、ダイエットに真剣に取り組んでいる方は思っています。筆者もその一人でした。本気でダイエットに取り組めば取り組むほど、少しでも食べて太ってしまうのを避けたいものです。しかし、ここで考え方を変えなければどのくらい少量にしたとしても正月太りは間逃れないので、今回はそういった考え方を一旦変えてみるようにしましょう。冒頭でダラダラと書いていても仕方ないので、今回は正月太りを防ぐにはどうしたらいいか具体的な手順を教えます。

正月太りを防ぐには?

正月太りを防ぐには?

正月太りを防ぐには1日だけ好きなものを食べる

正月といえば、食卓にとてもおいしいものが並んでアレコレと目移りしてしまいます。もちろん食べたいと思うのですが、その日限り好きなものを食べるようにしてみましょう。それでは正月太りを起してしまうのではないかとお考えの方もご安心下さい。1日食べまくっただけでは太り辛いです。翌日体重が増えたりむくみなどが生じてしまうこともありますが、これは水分を蓄えているからです。これをまず行う理由としては、正月太りを気にして少量しか食べないでいると代謝が下がってしまう原因になります。また、太ると思って食べていると確実に正月太りは起します。一旦ポジティブになりきって、好きなだけ1日食べてみましょう。そうすることで、基礎代謝というのはダイエット中であるならば爆発的に上がります。翌日から摂生した食事をすることで、食べる前より体重が落ちていることもあります。これは、ダイエッターの間でチートデイと呼ばれているので、覚えておきましょう。さて、正月は3日もありますが、この数日は何かを食べなければならず、正月太りを防ぐにはどうしたら良いかと思ってしまいますが、ここもご安心下さい。1日だけ好きなものを食べた後、残り2日は肉類だけをメインに食べてしまいます。この時は甘いものを食べないようにしたり、ご飯類は控えるようにしてください。後は肉や魚などの類をしっかりとお腹いっぱい食べるようにしましょう。そして、数日後体重系に乗ってみてください。恐らく体重は減っているか、正月太りを起す前の体重になっています。ダイエットに対してあまり知識がない方は、これについてジョークか何かかと思っているかもしれませんが、これらの食事方法を守るだけで、正月なのにお腹いっぱい食べた上で防ぐことが可能です。

正月太りを防ぐには?知っておいてほしい知識

さて、正月太りを起すのは毎年、万人が体験していることですがこれを防ぐにはどうすればいいかという根本を知っておかなければなりません。これを防ぐには、まずは栄養素の勉強が必要です。余り難しく考える必要もなく、人間の三大栄養素には炭水化物、たんぱく質、脂質があります。この中で炭水化物と脂質の組み合わせが太るというだけの話であり、脂質とたんぱく質メインのステーキを食べまくっても太ることはありません。ご飯ものやうどんや、パスタなどの炭水化物にあまり興味がない方ならば、今回はこの方法を試してみましょう。ただ、皮肉なことに現在の食事も含めて、炭水化物が含まれるものは意外に多いです。どのようなものに炭水化物が含まれているのか、自分は普段どのくらいのものを食べているのかと今のうちに計算をしておくと、正月太りを防ぐ方法が簡単に見つかります。このときの摂取量で今の体が成り立っているので、正月にむけて把握しておくようにしましょう。

正月太りを防ぐもう1つの方法

筆者がこれまで試してきたもので確実に太りにくかったことを紹介してきましたが、正月太りを防ぐにはもう1つあります。それは地道にカロリー計算を行うことです。炭水化物はやはり食べたいという方も多いと思います。筆者はこれは過去に行っていましたが、ダイエットはカロリーだけでは語りつくせない部分もあるので、現在はあまりカロリーは見ないようにして食事をしています。

正月太りを防ぐには置き換えダイエットを取り入れる?

正月に好きなものを食べつつ防ぐにはと夢のようなことを考えている方も居ると思いますが、実はそれも難しいことではありません。本格的な正月の食事に入る前に糸こんにゃくを200~400gかキャベツを山盛り食べるようにしてください。これで知らない間に摂取カロリーは減っているので、正月太りを防ぎ、好きなものを食べることに適しています。運動をされない方にもとてもおすすめの正月太りの対策方法なので、正月を機会にお試し下さい。また、これらを試していて正月太りを起したとしても、ダイエットの導入期と割り切って考えるようにして、普段の食事に応用するだけでこれらはすぐ体重が戻せるのでご安心下さい。


スポンサーリンク

シェアする

フォローする

関連コンテンツ+広告
関連コンテンツ+広告