クリスマスプレゼントの返品は出来る?

カテゴリー

クリスマスプレゼントを貰って返品したいとおっしゃる方は毎年かならずどこかで出てくるものです。理由としては様々ですが、既に持っていたり、相手にいらないと言われたなどあると思います。そこで、どうせならと返品を考える人も多いのですが、実際に出来るのかどうかということを解説してみたいと思います。ただし、今回の方法については常識から少しはずれている部分もあります。あまりお店には好まれない方法ですが、クリスマスプレゼントを返品する方法について紹介してみたいと思います。

クリスマスプレゼントの返品方法

クリスマスプレゼントの返品方法

クリスマスプレゼントを返品できるかはお店によって違う

せっかく貰ったクリスマスプレゼントですが、諸事情で返品しないといけない方も居ます。そこで、お店に持っていくと快く引き受けてくれた場合は感謝しましょう。特にプレゼントされた側の方です。なぜかというとお店は通常その店舗で買ったのかということを調べる為にレシートなどの領収書をまずは顧客に求めます。もし、他のお店で買ったのに返品となるとお店は赤字になってしまいます。プレゼントする側の方については返品の可能性が生じる場合はしっかりと領収書を持っておくことが大切です。また、クリスマスのシーズンならば一定数の返品はお店もある程度は許容しています。海外ならば返品専用の窓口がクリスマスプレゼントのシーズンを越えると設置されるくらいです。

メーカーに直接返品する方法もある

どこのお店で買ったか分からない、だけどこのメーカーということは確実だという場合のクリスマスプレゼントです。そのメーカーに事情や返品は出来るかなどの質問をして可能ならば返品をしましょう。これだとお店で返品できなくとも、そのメーカーが作ったということは確実です。入手経路などをしっかりと説明すると返品に応じてくれる場合もあるようです。しかしながら、購入した瞬間すでに取引は成立しており所有物は保持している方のものになります。責任はもちろんこちらにあるということを前提の上、丁寧にお願いしましょう。仮に自分がお店だとして、販売した相手があまりにも当然のような対応をするとちょっとむっとくることがあると思います。このことも承知の上でクリスマスプレゼントの返品は特に丁寧に交渉しましょう。

クリスマスプレゼントが汚れていたり壊れていると返品は可能

もちろん領収書の類をしっかりと持った上でのことですが、クリスマスプレゼントで明らかに壊れていたり、汚れいたりすることがあります。販売までの過程でお客さんが触った結果汚れてしまったり、落としてしまったりなどのことがあります。これについては仕方ないので、クリスマスプレゼントの返品をすることが可能です。しかし衣類などの場合は最初からついているタグなどを外していないことが条件になります。

これらに当てはまらない場合でも返品する方法

クリスマスプレゼントをそれでも何とか返品したいという方は居るようです。そんなこんなで、しっかりと返品するにはレシートなどを入手しなければなりません。彼氏や彼女、夫や妻などの関係の場合はこっそりとレシートを入手するようにしてみましょう。特に日本においてはこのあたりの管理は良くも悪くも徹底されているので、海外とは違って返品が難しい状況になります。ただし、これまでの説明のとおり自分が持っている間の責任はもちろん自分にあります。ビジネスライクに説明してみると、契約があり、それが成立して取引完了となります。一旦つかんだお金は誰も返したくないというのが通常の思考です。しかし、それをワガママとして返品するわけなので、明らかに立場としては自分の方が下だということを忘れずにクリスマスプレゼントを返品してください。このあたりが出来ているかどうかで返品可能かどうかの分かれ道になってしまうこともあります。そして、クリスマスプレゼントの返品に応じてくれた企業があるならば、そのことに感謝してなるべく同じ値段の商品を買ってあげるようにしてください。

クリスマスプレゼントを返品出来なかった?それでは思考を変えればいい

クリスマスプレゼントをやはり返品できなかった、正当な理由があっても不可能だったとおっしゃる方も居ます。もし、それなりの値段が発生している場合はオークションなどで売るようにしましょう。返品できなくとも多少のお金は手元に戻ってくるはずです。なぜかクリスマスプレゼントを返品するような時期になるとこの手のものが賑わったりするのです。また、返品ではなくとも御社のこの商品と交換はいかがでしょうかと提案をしてみるのも良いです。最終手段とはなってしまいますが、返品できないよりはましです。

【番外編】クリスマスプレゼントの返品とアメリカ

毎年のようにクリスマスシーズンになると、アメリカの各種企業は返品窓口を設けます。意外とアメリカは他人からもらったプレゼントも返品したりしてしまうので、プレゼントにはなんとレシートがついていたりするというようなこともあります。しかし、返品ありきでプレゼントするというのもYESとNOがはっきりしている文化なのでお互い割り切ったお付き合いもできそうです。使って見せるというような文化も一部の情報によると、無いようです。日本では到底考えられないことですが、クリスマスプレゼントの返品とアメリカの関係も他所で書いていましたので、簡単にまとめてみました。


シェアする

フォローする

関連コンテンツ+広告
関連コンテンツ+広告