南海トラフに関係ある警戒宣言は知っておいたほうがいい

カテゴリー
南海トラフ警戒宣言

南海トラフ地震について調べていると警戒宣言という言葉を耳にしたことがある方も居ると思います。実は南海トラフ沿いにある東海地震の域は100%とは言えないものの、予知可能です。これらを判定する方法としては、定例会や異常な地殻変動があった場合、南海トラフの前兆現象が見られた場合などに発表されます。これが発表されるとどうなるのといったことや、実際にどのように発信されるかなどを詳しく解説してみたいと思います。また、近年では東海地震が単独で起こることはなく、南海トラフとして今回は扱うものとし、実際に警戒宣言発表までの流れも同じです。

南海トラフ警戒宣言

南海トラフ警戒宣言

南海トラフの警戒宣言が発表されるとどうなる?

まず、南海トラフ警戒宣言が発表されると、学校や仕事などはほとんどの確率で中止になります。その後、救助に関わる方や消防車、医療関係の方がもしもの時に備えて準備をし始めます。これらの場合、警戒宣言に合わせて該当地域の方は自治体がこうした方がいいよという指示がある場合もあるのでなるべくそれに従うようにします。また、交通規制や津波が発生する地域に居る方、山や崖が崩れるような地域に居る方はすぐに避難するように指示されます。これが南海トラフの警戒宣言における私達が体験する流れになるようです。また国は緊急で防災に関わる職員を招集したり、南海トラフ地震対策室のようなものが設置されます。

南海トラフ警戒宣言の発表基準はあるか

まずは一般的に警戒宣言を出す前に、ひずみなどを計測した結果やその周辺でのデータに異常があれば防災関連の機関が動きます。その現象がありながら、ちょっとした地震が発生して前兆と思われる場合には発表基準となることもあります。もちろん、この間起こっている現象は異常か検証が進められます。これは基本的に1ヶ月に1回程度行われます。それでは南海トラフの警戒宣言の発令に間に合わないではないかと思ってしまう方も多いのですが、そのような場合もしっかりと準備されております。急激に前兆現象やひずみなどの変化が異常事態であるとなった場合ですぐにでも南海トラフが発生しそうだという場合にはすぐに発表する体制は整っております。これらには今のところ東京大学地震研究助教授5人と愛知工業大学教授の1人が関わっており、この方達が判定する流れになっているようです。情報は3段階に分けられ、地震予知情報、地震注意情報、地震に関連する調査情報で、緊急度の高い順番に書いております。ただ、警戒宣言も反映会だけではなく、気象庁の長官が内閣総理大臣に発表します。そこで、国民胃に通知する必要性があるかどうかを再度会議して警戒宣言の発表となります。場合によっては国民のパニックを避けるために警戒レベルをわざと下げて発表ということもありえそうです。実際のところは分からないので何とも言えません。また、これらの結果は気象庁ホームページなどに報告書が1ヵ月ごとに貼り付けられております。

警戒宣言はどうやって伝えられる?

これらは気象庁のホームページや、テレビ、ラジオ、地域の防災情報、パトカーなどあらゆる手段で警戒宣言が発令されます。パトカーを例にとってみるとサイレンが45秒なり、15秒の休止を繰り返します。テレビやラジオなどでは内閣総理大臣がこれらに関する情報を発表することがあります。この際、南海トラフが確実に起こるという情報ではない可能性があります。あくまでも地殻変動など異常事態が発生しているよと国民に伝えるだけです。

南海トラフに対して警戒宣言をすることでどうなる?

一般の方などが気にされているのは経済的な損失や被害ですが、これをすべて半分に減らすという目標を立てたのが平成17年です。結果的に実現できているかどうかは日本の経済的に怪しいのですが、南海トラフに対しての制度も徐々に整いつつあり、一般の方にも分かりやすいような制度が出てきていたり、支所レベルでも告知しているので少しは安心かなと思います。

ただし、これらの情報は何度も書きますが、常に正しい情報ではなく警戒レベルが下げられたり上げられたりというのはあります。自然の現象なのでプログラムどおりに動くとは限りません。基本的にどのような南海トラフにおける警戒宣言が出されたとしても個人でもすぐにでも動けるように対策しておくのが重要です。例えば備蓄をしっかりしたり、南海トラフが起こった時はどうやって逃げるか、電話回線などの混雑や中継する機械の停電などによる困難に備えて予め家族などと打ち合わせをしておくといったことは個人レベルでも始めることが可能です。警戒宣言が出されても取り乱さないように普段から訓練などをしておきましょう。


シェアする

フォローする

関連コンテンツ+広告
関連コンテンツ+広告