TwitterにQRコードが!作り方や色の設定、できない場合

カテゴリー
色の指定方法や作り方を紹介!

TwitterにQRコードなるものが実装され、話題を呼んでおります。トレンドワードに浮上してやり方や色の設定方法など疑問に思っている方は多いのではないでしょうか。そんな方のために今回は読み込み方や、自分のQRコードの作り方、色の設定方法など色々書いてみたいと思います。まず、TwitterのQRコードについてですが、どのようなものかという質問もあるかと思います。LINEを使っている方はQRコードを読み込ませてIDを追加みたいな機能みたいなものです。

色の指定方法や作り方を紹介!

色の指定方法や作り方を紹介!

TwitterのQRコードのやり方と読み込み方

まず、これはスマホ限定の機能で、パソコンで実装されるかどうかは現段階では不明です。まず、作り方ですが自分のアカウントページにスマホやiphoneなどで公式クライアントで開きます。アカウント設定などの歯車マークがあるのでそれをタップし、QRコードを押すことで自分のQRコードを作成することは可能です。

こういう画面が出てきます

こういう画面が出てきます

そのまま、画像を保存したり画像をツイートすることが可能です。ちょっと他の人に自分のアカウントを追加してもらいたいというときに、自分の画面を開いて読み込んでもらったりする方法もあります。QRコードの画像をツイートする機能に意味があるのかどうかは筆者としてはちょっと疑問ですが、例えば他人に紹介して、その方がアカウントが面白いと思ってくれたら追加したり、アイコンに設定することでパソコンから見たときにIDを簡単に追加しやすいということがあると思います。

でも、自分はあまり人に教える機会が無いとおっしゃる方も多いかもしれません。事実としてそれはそうなのですが、企業サイドや絵を描く方などのビジネスを展開している方にとっては顧客に対して、すぐにアクセスしやすいようにという計らいをすることも可能です。読み込み方ですが、同じくTwitterの歯車マークを押してもらって、自分のQRコードがあると思いますが、その真下にQRスキャナーとあるのでそれをタップしていただければ、すぐに読み込みを行うことが可能です。

このボタンで読み込み

このボタンで読み込み

TwitteにおけるQRコードの色の指定方法はある?

QRコードのの指定方法ですが、実はランダムに出るようです。自分の好きな色が出るまで歯車のマークを押してタップという面倒な作業を繰り返さなければ現在は色を指定してTwitterのQRコードを作るのは難しいです。オレンジ、ピンク、紫、青、黒などが現在のバリエーションです。しかし、これを行うのはかなり面倒ではないでしょうか。自分の好きな色を設定するという目的であれば、QRコードを制作するサイトはたくさんあるので、そこから自分の好きな色を指定してTwitterのQRコードを作る方法もあります。色だけの目的であればTwitterを経由してやる作り方は場合によっては恐ろしく時間がかかり、賢い方法だとは言えません。ただ、アイコンが他のサイトを使うと中央に乗せることが出来ないというデメリットはあります。自分の好きなTwitterQRコードを作成する場合は、ブラウザなどで一旦自分のアカウントページを開いてもらって、それをQRコードとして作成します。さて、本当にそれでTwitter公式クライアントに戻ってみてQRコードを作成できるのかという疑問すら浮かんでくると思いますが、筆者が検証してみたところ無事読み込むことが出来ました。どちらかというとお読みの方でビジネスとしてTwitterアカウントを使うのでなければあまりメリットは無い機能です。しかしながら、手軽にQRコードを読み込むことが可能であるため、パソコンなどの端末を使っているときにちょっとIDの入力が手間だなというときには使えます。しかし、前述のように企業などのビジネスサイドの計らいがあってこそ成り立つものです。

QRコードをLINEで送信するには?

これまたあまり使う機会は無いかと思いますが、LINEで送信する方法もあります。自分のQRコードの画面を表示したら、一番下にある共有するをタップしていただき、LINEを選択して送る相手を設定します。そのままでは送る相手が指定されていないので、しっかりとアカウントを指定してからTwitterのQRコードを送信するようにしてください。表示されて無い場合は、その他を押してLINEを許可することですぐに送信する準備は完了します。

共有するからLINEに

共有するからLINEに

TwitterのQRコードが作成できない場合

TwitterのQRコードについてですが、作成できなかったりそもそものボタンが配置されて無い場合は一旦公式クライアントを閉じて、アプリを起動しなおすことでQRコードのボタンが追加されていることもあります。それでも作成できない場合は、一旦ログアウトさせて再度ログインをしてみたり、端末の再起動を行うことでボタンが現れることもあります。色々な関係で端末にアップデートが走っていなかったり、使用権限がまだ配布されていないという可能性もあるのでこれらを行ってもできない場合はしばらく待ってみるというのも1つの手です。

ビジネスサイドがうまくTwitterQRコードを活用するしかない

前述のように、ビジネスサイドがうまくTwitterQRコードを活用するしか今のところ周囲のユーザーにしかメリットはありません。アイコンに設定する方法はあまり現実的ではありませんが、パソコン用サイトに設定しておくなどの方法が必要です。これによってTwitterアカウントがユーザーに有益だと見なされたらフォローは増加傾向に増える可能性があります。ただし、面白くない情報ばかり発信しているといつの間にかリムーブやブロックをされる可能性があるのでそのあたりは使い方次第です。そういうのもパソコンやタブレットを使用しながら、テレビを見ながらなどスマホやiphoneと何かを使用しながらの「ながら操作」は近年爆発的に増加しております。タブレットなどの端末から読み込む可能性もあるので、可能性の1つとしてユーザーに邪魔にならない程度にTwitterのQRコードを配置しておくと良さそうです。