クリスマスプレゼントを早く渡す意味

カテゴリー
クリスマスプレゼントを早く渡すことの意味について

クリスマスプレゼントを早く渡すかどうかで迷っている方も多いこの世の中、先に渡した方がいいよという意見が多いのですが、筆者としては反対したい理由があります。仕事で忙しかったり、渡すのがどうしても遅れてしまうというのは当たり前の世の中です。このタイミングで早く渡すのは、実は恋愛面から見ても、日本の風習から見てもよろしくない面が多々あるのでそれを判断した上でクリスマスプレゼントを早く渡すかどうかを決めてみましょう。また、タイミングそのものを探している方も多いと思いますので、それについても最後に解説しております。

クリスマスプレゼントを早く渡すことの意味について

クリスマスプレゼントを早く渡すことの意味について

クリスマスの意味をまず知ってみる

クリスマスというのはクリスマスプレゼントを真っ先に思いつくものですが、そもそもの意味を考えるとキリストのお祝い事です。そして、クリスマスプレゼントそのものの意味は、過去にはキリストに対してのお祝いの意味をこめたプレゼントという意味でクリスマスプレゼントを贈る風習が出来ています。また、大切な方に上げるという意味合いも含まれております。さて、私たちの早く渡すかどうかの問題に戻って考えてみるともちろん大切な相手に早く渡すとう意味になります。これを日本風のとらえ方にするとどうなるかを後述します。

クリスマスプレゼントを早く渡す日本での意味

これは日本式で考えてみると、前祝いに該当します。非常に縁起の悪い行為で、無事に迎えることが出来たという意味でプレゼントを贈ります。言い伝えのレベルの話ですが、大切な人にあげる日本でのクリスマスプレゼントだと縁起の良い状態で渡したいものです。海外レベルで考えてもやはりこの行為はあまり縁起が良くない行為とされているのでなるべく早く渡すのはやめるようにした方が良さそうです。昔の天皇もこのような理由から前祝は行いませんでした。それを国が定めていたくらいなので日本らしい行為でもあると思います。マナー的に見てもこれが正しいので、クリスマスプレゼントを早く渡すということは不適切かもしれません。もしかすると、それらの考えを受けて育った考えの方ならば常識を少し疑われます。日本と海外事情を混ぜるのはどうかと思いますが、やはり日本式の暮らしをしていることからこれは守るべきなのではないかというのが筆者の見解です。また、日本の悲しみごとなどの行事は実は前倒しで行われます。クリスマスプレゼントは悲しいことではなく、むしろ嬉しいことなので早く渡すのはやめた方がいい理由の1つになるかもしれません。

クリスマスプレゼントを早く渡す人は多い

そのような事情がありながらも、クリスマスプレゼントを早く渡す人は多いです。総合的に判断して筆者はどうかなと思うくらいで、早く渡すことについては若い方ほどあまり考えられていない傾向にあります。筆者は旧式の考えを引き継いでいるためですが、常に世の中の常識というものは変わっているのでこれに無理に従う必要もないかなと思います。ただ、筆者個人としては早く渡すのはやめておこうと思っているのです。このことから、早く渡すことが出来る状況下であっても、あえて遅れて渡すというような方法を選択しております。

クリスマスプレゼントを渡すタイミングについて

クリスマス当日に渡すのであれば、これは早く渡すのは問題ないどころかいいことだと思います。渡される方によってはクリスマスプレゼントを渡されるまでソワソワする方も居るようです。ただ、日を考えて前にずれたら縁起が悪いよということです。タイミングそのものを考えているのであれば、食事のタイミングや、帰り際、景色のいいところでと色々なタイミングがあります。毎年違ったタイミングでサプライズという意味でそれが好きな方にはそうしてみましょう。逆のタイプの方には早く渡すのがいいようです。本題に戻りまして、大切な方に渡すならば是非とも色々なことを考えてクリスマスプレゼントを贈ってみましょう。