クリスマスが嫌いなのはなぜ?理由を調べてみた!

カテゴリー
クリスマスが嫌いな理由を調べてみた!

クリスマスというと一般的には物凄く楽しいイベントです。ケーキにおいしいご馳走に、プレゼントにと毎年もらえてかなり嬉しいとなりそうなのですが、一定の方はちょっと状況が違うようです。クリスマスが嫌いな人はちょっと寂しいのかなと思ったりもしてしまいますが、実はそうでもない納得できるような事情がありましたのでそれも一緒に紹介したいと思います。季節的にそうなりやすい思考になるということも覚えておいてください。

クリスマスが嫌いな理由を調べてみた!

クリスマスが嫌いな理由を調べてみた!

クリスマスが嫌いなのは恋人が居ないから

クリスマスが嫌いな理由としては恋人が居ないからが、大まかな答えになります。街に繰り出してみればカップルや子連れの親子、一方で自分は独り身だと実感してしまってクリスマスは嫌いだという人が居ます。特にカップルを意識しだす高校生などはこのような雰囲気でクリスマスなんて嫌いだと思ってしまっている方は多いのではないでしょうか。若い方でまだお付き合いの経験が薄い方がこのような関係でクリスマスが嫌いという思考になってしまうようです。ノンビリとかまえてピッタリの相手を来年には見つけてみましょう。

クリスマス嫌いは実家への帰省が理由か

日本という基準で実家への帰省になるのはクリスマスではなく正月ですが、これは海外の文化であるため、そのような思想を取り入れているご家庭は家族みんな出揃ってクリスマスパーティをしようということもあります。海外では特にこれが当たり前で、日本で言うと正月に実家の帰省で親戚が集まってというのと何ら変わらない状況です。そのような状況が嫌いな方も居るので、こればかりは仕方ない出来事なのかなと思います。日本レベルに戻って考えてもこのような風習を取り入れているご家庭も少なからずあるのではないでしょうか。

経済関連がクリスマス嫌いの理由

クリスマスになると、色々な業界がにぎわったりもします。子供や恋人に甘えられる方に向けての販売合戦が繰り広げられたり、お財布がちょっと痛いということからクリスマスは嫌いとおっしゃる方も多いです。これがまた、バブルのような時代だとこのような考え方の人は減ると思います。時代の流れなのでこのようなことが理由でクリスマスが嫌いと思ってしまうのも仕方ないのかもしれません。

単純に騒々しいのがクリスマス嫌いの理由

クリスマスになると、日本では皆さんは羽目を外すようです。そもそもの意味を考えてみると、イエスを祝う為にあります。こういう考えに沿った行為をされるなら別の話ですが、意外と違っていることをしているので本当のキリスト教の方はこのようなことが理由でクリスマスが嫌いになってしまうかもしれません。また、一般レベルに戻って考えてみても、街はイルミネーションばかりだったり、それによって騒がしくなるのが嫌いだとおっしゃる方も居るようです。実は筆者もそうで、単純に騒々しいというのはあまり好みではありません。

そもそも楽しい思い出がなかったのが嫌いな理由

クリスマスというと、プレゼントにご馳走にと色々あります。しかしそうではないご家庭もあります。子供時代にこれを経験すると、同じ世代の子供と話が合わなくなったり何で自分のところだけと悲観的になったりもします。そのような期間を経て一定の年齢になるとクリスマスで騒いでるのはという思考になってくるようです。ただ、これは本人のせいではないのでクリスマスを素直に楽しませてあげることが一番だと思います。

気圧的に考えてクリスマスは嫌いになりやすい

まず、クリスマスをイベント的な視線から一旦はずしてみて、自然レベルから見てみると気圧の低下が見られます。冬は結構憂鬱になりやすく、寒さと気圧の関係でクリスマスにあまり良いイメージを持たない方も多いです。何かしら支えてくれる存在が居る一方で、それがなしに等しい方も居ます。そうなってしまうとクリスマスシーズンにも関わらず嫌いというような思考になったり、寂しい思いをクリスマスのたびに感じるからという理由で、嫌いな方も多いようです。時期的なものと周りの現象が重なってしまうと、寂しい人ではなく単純に、仕方のない出来事と割り切ることができるのではないでしょうか。筆者もクリスマスが嫌いだと述べる人の意味があまり分かりませんでしたが、1つ1つ考えてみると実はこれは仕方のない出来事なのかと納得しています。ただ、楽しむ努力も必要だと思うので、嫌いというまでの考えになっているならば何かしら解決策を見つけてみましょう。クリスマスを楽しめるようになると良いですね。


シェアする

フォローする

関連コンテンツ+広告
関連コンテンツ+広告